スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左踵痛なので、散歩

2012年01月15日(日)

左踵痛が治らない。
今週は走れないと思っていた。
昨日の土曜日は、家から1歩も出なかった。
これって、自転車を始める前の状態、
そう、米治郎、基本は出不精なので、
用がなければ、家から出たくないタイプである。
だから、休日の過ごし方というのは、
自転車を始める前は、家でゴロゴロしていて、
よく奥さんから怒られた。
アキラとカオルが小さかった頃は、それでも
いろいろと出かけたが、大きくなってからは、
用がなければ、家から出なかった。
考えてみれば、学生時代から、用がなければ
家から出なかった。
用もないのに外へ出るなんてことは
考えられなかった。
しかし、自転車を始めて、そして走るようになって、
それも少しあらためられた。二日間、家から
1歩も出ないことに罪悪感が感じられる。

そこで、今日も走れそうもなかったので、
散歩に出かけた。
都電沿いに大塚駅まで歩いて、踵が若干痛くなったので
都電に乗って帰ってきた。走る時、歩く時、
スイカは必需品である。

本日の歩数:5,230歩
移動距離 :3.1km
携帯の万歩計による

今月目標の80km、早々にあきらめた。
この踵痛、ちゃんと治さなくては・・・。
スポンサーサイト

自転車並みの速度

2011年09月04日(日)

先日の飲み会へ行くところで見かけたママチャリの彼女
日本橋の彼女
白いブーツの足がやけにがっしりしているが・・・。
うっすらと髭が生えていた・・・。

さて、大型の台風12号は、自転車並みのスピードで
とても遅い台風で、大暴れしている。

朝、5:53の地震の少し前に目が覚めて、
新聞を取りに行ったら、地震発生。
これで、目が覚めてしまった。

しかし、曇り空だと思っていたら、
突然の大雨、昨日に引き続き、
無理かなと思っていたら、
すぐに止んだ。
でもまた、来るんじゃなかろうかと思っていたら、
雨は来ない。

とりあえず、納豆ご飯を茶碗に2杯。

東京は、とりあえず、降って来そうにないので
ランニング&ウォーキングへ出てみた。

まず、神田川へ出て、神田川沿いへ走っていく。
でも、食べたばかりで、腹がきつい・・・。
江戸川橋へ出て、音羽通りを護国寺へ向かう。
腹がいっぱいで、膝はそうでもないのに、
苦しくなってきた。結局、護国寺でダウン。
こんなんでは、全く走行距離を更新できない。
10km走れるのは、いつになるのだろう・・・。

護国寺正門
護国寺正門

皇族の方たちの豊島岡墓地
豊島岡

大塚坂下町
大塚坂下町

バラ泥棒を見たら
バラ泥棒を見たら

おばあさんの原宿
巣鴨地蔵通り2

本当におばあさんが多い
巣鴨地蔵通り1

ここにも母がいる
巣鴨の母

昭和な感じ
昭和な感じ

東池袋3

東池袋4

東池袋5

踏切脇の洗濯物

空蝉(ウツセミ)からのスカイツリー
大塚空蝉橋からのスカイツリー

ここを下って
宿坂

もちろん最後はここを参拝
目白不動

宇ち多”ツアー

2011年06月04日(土)

今日は、presented by kozoさん、TAKEさんの
”宇ち多”ツアー”。

宇ち多””京成立石にある知る人ぞ知るモツ焼屋。
日曜は休みだが、平日は、14時からやっていて、
酒を飲ませる店だが、開店前から行列ができている。
土曜は、10時半オープン、土曜は、開店前に
普通で40人くらいの行列、そんな店だ。

kozoさんからずっと誘われていて、
今日は”宇ち多””ツアー”。
家のそばから、ウォーキングで、京成立石を目指し、
”宇ち多””で飲んでくる。

神田川沿いの芭蕉庵に7:20集合。
米治郎、家から芭蕉庵まで走っていったが、
なんと、kozoさんとTAKEさんは、
芭蕉庵まで日本橋から走ってきた。

そして、合流後、ウォーキングスタート。
まず、神田川沿いに下って、江戸川橋に出て、
音羽通りを護国寺方面へ行って、鳩山御殿を過ぎて、
ノールさんテレビ出演の鼠坂を上る。
小日向の高級住宅地から、茗荷谷の丸ノ内線車庫の
トンネルを潜って、春日通りを渡って、小石川植物園から
白山通りに出て、本郷通りから、不忍通りを渡って、
田端を抜けて、明治通りを下って、隅田川へ。
松尾芭蕉が奥の細道のスタート地点と言われている千住大橋。

芭蕉庵をスタートして芭蕉繋がりで千住大橋
芭蕉2

ここが奥の細道のスタート地点
芭蕉3

京成線に沿っていき、荒川を渡って、堀切菖蒲園で菖蒲を見る。
堀切菖蒲園1

しばらく歩いて、立石着。16.1KMのウォーキングだった。

さあ、いよいよ、”宇ち多””入り。
ツウの間では、”宇ち多””に入店することを
”討ち入り”にかけて、”宇ち多””入りというらしい。
11時半到着、20人くらい並んでいる。
宇ち多”
ここで、kozoさん、TAKEさんのランニング仲間の
ちくわさんが、なんと転勤の赴任地、名古屋から駆けつけた。
ちくわさんは、最近、名古屋へ転勤になって、
ちょうど、実家へ帰ってくる日と重なったので、
”宇ち多””のみの参加。25歳とまだお若い。

ここって、モツ焼きの居酒屋、
昼日向から行列のできる居酒屋。
並んでいるが、少しずつ進んでいく。
15分くらいで、やっと入店。
まさに”宇ち多””入り。
前もって、一人で入らなければいけない
状態も予行演習して、「ビール大瓶」と「レバー、塩、若焼き」を
先ず頼めと、言われていた。
でも、運良く、TAKEさんと入れた。
メニューには、”モツ焼き”しかないが、
”部位、タレか塩か、焼き方”、これが頼み方らしい。
米治郎が頼んだ、「レバー、塩、若焼き」は
他の奴に取られた。そう、「レバー、塩、若焼き、誰?」と、
店の人から聞かれたときに、すぐに反応しなけりゃいけない。
案の定、米治郎の頼んだ「レバー、塩、若焼き」は
反対側に座っているアベックできている男性が「俺」と言って、
持っていかれた。その後、女性が「あれ、これ頼んだ?」
とか言っている。今更、「それは私のです」なんて言えない。
TAKEさんの頼んだ「ガツ、塩、若焼き」が来たので、それを
一緒に食べた。ビールを飲み終わった頃に、別の席に案内されていた
kozoさんとちくわさんが、米治郎の隣があいたので合流。
ここで、飲みモノは焼酎へ。「梅」と「ぶどう」がある。
下に皿が引いてあり、グラスに目の前で宝焼酎を並々と注いでくれて、
そこに、香り付けで、「梅」か「ぶどう」のジュース(?)を少し
継ぎ足す。グラスからこぼれて下の皿も並々状態。
さらに飲み進んで、モツ焼きや煮込みもたらふく食べて、
1時間くらい。だいたい1時間くらいで出なけりゃいけないらしい。

その後、同じ商店街の立ち食いの寿司屋へ。
真っ昼間に、飲み屋の梯子って、最高だった。
適当にすしをつまんで、ビールを飲んだ。

その後、スーパーでそれぞれ好みの酒を買って、
お花茶屋の公園でまた飲む。
14時半に解散。お花茶屋から町屋に出て都電で帰った。
都電は、混んでいたが、途中で座れて、そのまま、夢の中。
大塚あたりで、隣に人にしなだれかかってしまったのか、
起こされたが、また、すぐに夢の中。次に気がついたときは、
米治郎が降りる次の電停の面影橋、あっと、思ったところで、
発車して、終点の早稲田まで乗り過ごした。
早稲田から歩いて帰宅。

ウォーキングも良かったが、”宇ち多””最高だった。
まさに大人の遊園地だった。

アラフィフ3人組の遠足【ルート】

こんな便利なものがあった。

ので、先日のアラフィフの遠足のルート。

アラフィフ3人組の遠足【感想】

【アラフィフ3人組の遠足】

102kmの予定だったが、結局のところ、
二度上峠を制覇して61km、
29日の14時過ぎに群馬県高崎市、新町駅を出発して、
30日の午前8時、群馬県北軽井沢、軽井沢高原ゴルフ倶楽部の
入口の先で玉砕した。
61kmのうち、19.2kmが二度上峠、
二度上峠頂上-2
結局、群馬県から長野県へは入れなかった。

その感想というか総括をする。

1.ウォーキングで、峠を含めての100kmは、現代のアラフィフには無理。
  交通網がこれだけ完備されている中で、歩くという行為は、
  どんなに歩いている人でも、普通は、せいぜい、20~30km。
  もっと歩いていても、50kmくらい。
 ※東京~直江津までのママチャリ経験者(ノールさん)、マラソン経験者(kozoさん)を含む。
2.マメ対策として、五本足ソックスは必須。
3.さらに、マメ対策で、体重のかかる足裏とかかと部分に
  テーピングも必須。
4.リュックは軽めに、5月初旬でも寒いが、着替えをせずに済むように
  自転車用などの化繊のジャージ、下着が有効。寒くても汗はかく。
  綿素材は禁物。
5.コンビニなどの店があれば、補給は可能だが、
  人里離れる場所を通過する場合、それが深夜に及ぶ場合は特に、
  補給食と水分は大事。ただ、重くならないように。
6.靴は履きなれた靴で、なるべく足先が広めのモノを。
7.夜間に及ぶ場合は、照度のある懐中電灯は必須。また、
  クルマ対策として、背中にもライトを。
8.5月でも寒い場所では、休憩は8分が限度。
  それ以上取ると、身体が冷え切ってしまう。

以上、このウォーキングで学んだこと。

ウォーキング、面白かった。
ハマるかもしれない。
また、おバカな企画、やってみたい。

例:京浜東北線ウォーキング(大宮~大船)
  東京23区全制覇ウォーキング
  西武池袋秩父線ウォーキング
  荒川CRウォーキング
  江ノ島までウォーキング
  などなど
プロフィール

高田米治郎

Author:高田米治郎
米治郎の道草日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。