スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレイヤーの皆様へ

2010年10月26日(火)

先日の多摩湖自転車行の帰り、こんな張り紙を目にした。



さてどこでしょう?

プレーヤー1

プレイヤーの皆様へ
①スタンスはやや広めに取り、スクエアに立つ。
②左(右)手の親指と人差し指でしっかりグリップを固定し、
 やや前傾姿勢をとる。
③下腹部とグリップの先端に神経を集中し、早くショットする。
④振り回してはいけない。チョロ、ダフリ、シャンクに注意すること。
⑤ホールアウト後は素早くチャックを閉め、水を流し、立ち去ること。
























































































答えは・・・・・、



































あるコンビニの朝顔の前。
プレーヤー2


このコンビニオーナーのユーモアに脱帽。

男性諸氏、もう一度読み返してみよう!

女性各位、下品でごめんなさい。
スポンサーサイト

2010年10月23日(土)

現東京都知事の石原慎太郎氏の数ある著作の中に、
亡くなった実弟で俳優の石原裕次郎氏とのことを
書いた””という本がある。
何年か前に、ドラマにもなったので覚えている方も
いらっしゃるだろう。
その中に、”弟と長男(現自民党幹事長:石原伸晃氏)をよく混同する”
というくだりがある。
この本を読んだときに、この高貴な兄弟、たいへん名誉ある親子とは
似ても似つかぬ兄弟と親子であるが、弟の”峰男”と息子の”アキラ”の
ことを混同してしまう似たような経験があるので、
「石原慎太郎さんのような人でも、やっぱりそういうものなのか」
などと思ったことを思い出した。

弟とは、幼い頃は良く遊び、良く二人で自転車に乗った。
が、喧嘩もよくした。いつの頃からか全く遊ばなくなり、
目が合えば、取っ組み合いの喧嘩になるようなこともあった。
お互い社会に出て、結婚してもほとんど行き来はなく、
正月に会わなければ、1年間全く会わないこともよくあった。
だが、私が50歳を過ぎて、自転車を始めると、なぜか、弟も始め、
時々、一緒に走るようになった。
最近、そうやって弟と居ることが多くなり、米治郎の長男のアキラと
混同してしまうことが多い。
後で、考えて、あれは、弟と一緒だった時のことか、
長男と一緒だった時のことか、わからなくなることがある。
※決して、ボケが始まっているわけではありません・・・。

そんな弟から、金曜の夜、メールが来た。
多摩湖へ一緒に行こうというものだった。
峰男の住んでいる横浜からは、多摩湖までは結構ある。
集合は、多摩湖自転車道の入口に8時にした。

ちょっと早目だが、6時半に、峰男からの借り物である”カル号”を駆って
スタートした。先週は、半袖ジャージに、アームカバーに
レーパンでちょうど良かったが、今日は寒そうなので、
半袖ジャージを2枚にした。レーパンか、タイツにするか
迷ったが、帰りのことを考えて、レーパンにした。
しかし、走り始めて、やはり寒かった。
引き返して、着替えることも考えたが、面倒なので、
そのまま進む。足はもちろんだが、上もジャージ2枚でも
風を通してきて肌寒い。
新目白通り、千川通り、青梅街道と、ゆっくり行くつもりだったが、
寒いので、必死に漕いで、速度も上がる。おかげで温かくなったが、
集合場所に7時半についてしまう。30分以上、外で待っているのは
寒いので、ちょうど、ガストがあったので、そこで待つことにする。
朝食はすでに済ましてきたので、カフェオレで、峰男を待つ。
8時に到着、時間ぴったりである。

コーヒーを飲みながら、近況報告の後、スタート。
多摩湖CRを進む。やはり、ランニングやウォーキング、
また、西武新宿線に沿って走っているので、駅近くは、
駅へ急ぐ人たちで、歩行者も多い。ママチャリも走っている。
しかし、多摩川CRに比べると、少しは秩序があるので
走りやすい。途中、八坂のコンビニでトイレ休憩。
前日の酒の為に、のどが渇いて、水をどんどん飲んでいるので、
トイレが近い。ここのコンビニは、混んでいて、トイレも混んでいる。
トイレを済ませて、再スタート、と言っても、もう多摩湖は目の前。
アプローチ坂を上って、多摩湖に到着。
先週と同じ所、日本一美しい取水塔で、記念撮影。

昨日届いた上下を着て得意げな峰男
弟

久しぶりに兄弟の”スペシャ君”に会って喜ぶ”カル号”
多摩湖取水塔3

遠く屋根だけ見える西武ドーム
西武ドーム

その後、ダム上で、去年の夏、18歳で亡くなった我が家の次女と
そっくりなミニチュアーピンシャーを発見。
ミニピン1

彼は、うちの次女のように耳もピンと立っていて凛々しい。
しかも、全く同じ色。

犬では超高齢、18歳で亡くなった我が家の次女、プティ
Image901.jpg

思わず、その飼い主さんの中高年の女性に声をかける。

米治郎「あー、ミニピンですよね、うちも飼っていたんです」

と、いまだに変えられない携帯の待ち受け画面を見せる。

飼い主さん「あー、そうです」
米治郎「去年、死んじゃったんですけど」
飼い主さん「いくつだったんですか?」
米治郎「18歳でした」
飼い主さん「えー、すごい、人間だと90歳くらいですよね」
米治郎「はい、しっぽ、切っていないんですね」
飼い主さん「ええ、かわいそうだから」

前は、大きな犬を飼っていたらしいが、
しばらく経って、彼が来たそうだ。
まだ、3か月、人間で言うと、5歳くらい。
何しろ、この犬種の特徴で、好奇心旺盛で、
飛び跳ねていて、じっとしていない。
小さい犬は初めてという飼い主さんと
峰男が一緒にいることも忘れてしばし談笑。
何しろ、この飼い主さん、ミニピンのことを知らなさすぎる。
垂れていると耳の先端を切ってしまうことや、
前足の人間でいう親指も本当は切るらしいことも言う。
うちの次女は、うちに来た時に、すでにブリーダーさんによって、
親指を切られていた。それで、前足を持とうとすると
すごい勢いで怒った。たぶん、生まれたばかりで、親指を切られたことが
トラウマになっていたのだろう。
これからの飼っていく注意点を伝授した。
さらに、この犬種独特の”ハクニー歩様
のことも付け加える。

しっぽを切っていないミニピンは珍しい、股下には男の子の証
ミニピン2

何しろ、どこも切っていないので、
「このまま大事に育ててくださいね」と別れて、
先に進む。

ここから、周回コースに戻り、西武ドームの先から
車道へ出て、まったりモードから、少し本気モードで走る。
しばらく走って、ダムの入口で、トイレ休憩。
ここで、酔っ払いのようなおじさんに話しかけられ、
二人で手こずる。話のすきをついて離脱。
さっきのコンビニで再度休憩して、この後のことを相談。
11時少し前なので、少し早いがお昼を食べることにする。

小金井に、峰男が知っているハンバーグの美味い店があるとのことで
そこへ向かう。花小金井まで多摩湖CRを戻り、花小金井から
小金井街道を走り、小金井カントリー倶楽部と小金井公園の間を走り、
五日市街道へ右折、ここは、まさやんと秩父方面の峠の行き帰りに通った道。
峠へ復帰できるのはいつのことやら・・・。
しばらく行くと、目指す店、”ウッドストック”があった。
平日は、行列ができているらしい。今日は、まだお昼には少し早いので、
並ばずに、席へ案内された。平日は、ランチをやっていて、
1,000円以下で食べられるらしいが、今日は土曜でランチはなし。
メニューを見ると、ステーキ屋なので、どれも当然ボリュームがあるものばかり。
最近、昔のように、肉はあまり食べないので、ボリュームがありすぎるとこたえる。
一番小さい、ハンバーグのみ180gを二人ともオーダー。
1,370円で、パンかライス、コーヒーか紅茶までつく。
さらに、ソースが8種類の中から選べる。
米治郎は無難なデミグラス、峰男はおろし醤油を選ぶ。
しばらくすると、牛肉100%の俵型のハンバーグが
熱々の鉄板に乗ってやってきた。
目の前で、それを半分に切り分けてくれて、
それぞれのソースをかけてくれる。
ハンバーグ1

たいへん美味しかった。平日の行列というのがわかる。

その後、小金井公園を散策して、今日、参加できなかった
峰男の親友、養老爺さん宅へ向かう。
レースを控えバイクのエンジン調整中とのことで、
今日は参加できなかった。
小金井街道から連雀通りを行き、右折して、東八道路を渡って、
野川へ出て、野川沿いに進む。しばらく行って、養老爺さん宅に到着。
彼は、ガレージで、バイクのエンジン調整中。
エンジンをバラして何かやっている。
彼は、バイクでも自転車でも、自分で何でもやってしまう
米治郎にはたいへん羨ましい技能の持ち主である。
しばし、談笑後、度付サングラスしか持ってきていないので、
暗くなると、目が見えなくなるので、養老爺さんの家を後にする。
そこで、峰男とも別れて、家へ向かう。
旧甲州街道から、環八を渡って、水道道路へ入り、
方南通りから新宿へ出て、高田馬場を抜けて、1時間で、到着。
4時、今日は、85kmくらい走った。最近では最長距離である。

きっと、アラフィフの兄弟が、示し合わせて自転車に乗っているのは、
傍から見れば変だと思われるだろう。
お互いに、嫁や子供たちからも変だと思われている。
また、弟と長男を混同することが増えた。

75歳のローディーさんに・・・

2010年10月17日(日)

今週も、パトロールに出かけた。
金曜くらいまでの天気予報だと、日曜は雨予報。
ところが、土曜になったら、予報が変わった。
土曜の夕方、そそくさとベランダから玄関に
”カル号”を出しておいた。

6時にスタート。先週の多摩湖CRが殊の外、
今の自分に合っていたのと、先週は、
多摩湖を半周しかしなかったので、
今週もまた行ってみた。

新目白通り、千川通り、青梅街道、
五日市街道で、吉祥寺から、多摩湖CRに入る。
先週は、多摩湖CRの入口を見落として、
先まで行って戻ってきたが、今週は、
間違えずに入った。

先週より少し早いが、すでにランニングの人が
結構、走っている。
20km/h以下のスピードでたらたらと走っていく。
小平付近で、CRの脇にテントが出ていて、
まんじゅうやら和菓子を売っている。
よし、帰りに見てみよう。

先週は、帰りの井草あたりまで、トイレ休憩もなしに
走ったが、今日は、昨日、少し飲み過ぎて、
水をやたらと飲んで、トイレに行きたいわ、
水はなくなってくるわ、で、西武線の八坂駅前で
コンビニ休憩。多摩湖CRは、ほとんど生活道路だから、
コンビニもすぐにあって、便利である。

そして、トイレと水分補給して再スタート。
すぐに、多摩湖前の坂に入り、先週は、
そのまま、CRを行ったが、今日は、
多摩湖の方へ入ってみる。
すると、他の方のブログによく出てくる光景が
目の前に広がった。

日本一美しい取水塔をバックに、はしゃぐ”カル号”
二つの給水塔

多摩湖をバックに照れる”カル号”
給水塔2

日本一美しい取水塔だそうだ
給水塔説明

先に見えるのは、先週の村山上ダム、右には”西武ドーム”が
遠くに西武ドーム

そして、そのまま対岸へ行き、そのまま、対岸の
多摩湖CRを走っていく。ここからは、先週は走っていない部分。
CRと、車道の向こう側に、何やら軌道がある。
あっと、なるほど、ここは、中学生の時に、
”強歩大会”という名のマラソン大会で、
走ったコースのようである。中学1年生から
3年生まで、20kmのコースだった。
あんなに辛かったのに、全く覚えていない・・・。
まあ、40年前くらいのことだから、私のHDDから
自動消去されたのであろう。
やがて、右側に西武ドームが見えてくる。
クライマックスシリーズは負けてしまったので、
閑散としている。
CRが狭くなってきたので、車道へ出る。
快調なペースで走る。
やがて、先週折り返したところへ出たので、
そのまま走って、多摩湖を後にする。
また、八坂駅前で、コンビニ休憩。
今日は、トイレが近い。
米治郎の大好物、チョコもなかアイスと
ホット缶コーヒーで甘もの補給。

再スタートして、しばらく行くと、
小平付近、行きに目をつけていた
和菓子屋さんのテント。
その中で、”小平銘菓こげらまんじゅう”の
5個入りパックを購入。これが美味かった。
こげらまんじゅう1

こげらまんじゅう2

小平銘菓こげらまんじゅう
包装

こしあんに栗まで入っている
中身

後で調べたら、小平銘菓こげらまんじゅうは、
いろいろな店がやっていて、調べたところ
栗が入っているのは、伊勢屋さんだけのよう。

こげらまんじゅう5個入りパックをサイクルジャージの
背中のポケットに入れて走っていくと、信号で、止まる。
多摩湖CRは意外に信号が多い。
見ると、年配のローディーさんが待っている。挨拶をすると、
「今日は、お台場でトライアスロンやっているよ」
と、それがきっかけで、併走させていただき
しばらく話をする。乗っているのは、クロモリで
米治郎の知らないメーカー、でも、コンポはデュラエースで
しかも古そう、だが、手入れが行き届いており、フレームも
コンポもピカピカ光っている。聞くと、何とかというメーカーに
オーダーメードで作らせたフレームだそうで、これの他に、
4台のロードバイクと、MTBを1台所有されているとのこと。
サングラスをかけているので、お顔がわからないが、
肌のつやから、60代前半と見て、お聞きした。
「失礼ですが、おいくつですか?」
「75歳」
「えー、見えませんね」
子供の頃から乗り続けていらっしゃるとのこと。
もうかれこれ、70年近く・・・。
しかし、ライディングの姿勢もしっかりしていて、
とても75歳には見えない。
今日は、近所に買い物へ行くとのことで、
しばらく行って別れた。
米治郎もああいう年寄りになりたいものだ。

多摩湖CRが終わって、行きと同じ道で、帰りついた。
今日も70kmくらい走った。

多摩湖パトロール

2010年10月11日(月)体育の日

今日は、体育の日。土曜、日曜と雨だったが、
本日は晴天なり。

と、いうことで、6:30にスタートして、
パトロールへ出かけた。

新目白通りを行って、千川通りへ入り、環七渡って、1環八渡って
井草4丁目交差点通過。
井草4丁目

千川通りから青梅街道へ出る。
千川通り青梅街道
この付近の青梅街道は、立派なケヤキ並木。
青梅街道ケヤキ並木2
さらに青梅街道から五日市街道へ入り、
吉祥寺付近、確かこの辺だったはず、
と、思いながら、結局行きすぎて、堺橋まで来てしまった。
境橋
おっと、いけねぇ、いけねぇと戻ると、ありました。
多摩湖自転車道路入り口。
多摩湖CR入口
吉祥寺から多摩湖までの都道の自転車道路。
ここから多摩湖CR
さあ、ここから初の多摩湖CR、しかし、
サイクリングロードというより、
ランニング、ウォーキングロードという方があっている。
多摩川CRよりは人は少ないが、自転車も少ない。
趣味用の道というより、生活道路だ。
そのかわり、暴走ロードバイクもいない。
多摩湖CR途中
小平駅付近は、ほんの少しだけ一般道へ合流。
小平駅前

小平駅南口

さらに進んでいく。まあ、スピードも出せないから、
今の米治郎にぴったりのコースである。
西武新宿線、西武多摩湖線に沿っていく。
西武多摩湖線

やがて、坂を上ると、多摩湖の入口へ到着。
しかし、サイクリングロードは、一般道に沿って、
先があるので、そのまま進んでいく。
すると、一般道の方をロードバイクがスーッと追い抜いて行った。
こっちは細いし、車道の方はこの辺はクルマも
ほとんど走っていないから、あちらの方が走りやすそう。
しかし、出口がなかなかない。やっと見つけて、車道へ出る。
やはり、こちらの方が走りやすい。ワインディングロードで、
勾配も少しあって、良い感じ。
しばらく行くと、長い下りがあって、まわりが開けた。
先には、ドームが見える。あれは、西武ドーム球場。
そして、多摩湖のダムの上。村山上ダムというらしい。
ここで、記念撮影して折り返す。細いのに結構、交通量が多い。

村山上ダムより西を見る、こちらは特に何もない。
多摩湖村山上ダム

村山上ダムより東を見る、左の遠くに見えるのは、観覧車は西武園。
多摩湖西武園2

そして、折り返して、来た時と同じ道を帰って、
パトーロール終了。帰りも良いペース。
70kmくらい走った。

帰ってからは、お昼を食べて、奥さんとウォーキング。

荒川パトロールと神田川ラン

2010年09月26日(日)

今朝は、6時15分スタートで、荒川下流方面へ
パトロールへ出かけた。
昨晩、奥さんの目を気にしながら、
自転車をベランダから玄関前に出しておいた。

荒川CRまでは、先週と同じコース。
鬼子母神→池袋→王子→新田アイランド→荒川CR
新田アイランドのセブンで、トイレ休憩と軽く朝食。
パンコーナーに、米治郎お得意のジャムパンを見つける。
当然、購入して食す。
新田アイランドから下流方面へ荒川CRを走りだす。
7時少し前だが、野球少年がちらほらといる。

一台のローディーに追い抜かれた。
つかない、つかない、今日はパトロール。
しかし、しばらく経っても、そんなに
距離が開かない。
「これって、程よいペースかも」
と、いうことで、100mくらい離されていたが、
追いついて、5mくらいの間隔でついていくことに・・・。
よーく観察すると、ハンドルの右側にミラーがついている。
これって、そーっとついて行っていたが、
気がつかれているってこと。
では、白バイよろしく、ミラーの死角、左側につく。
しばらくついて行くが、昨日の午前中までの雨で、
ところどころで、土手から染み出している水たまりがある。
今日は、黄色いジャージなので、背中の泥はねを嫌って、
低速走行。しかし、前のローディーさんは、そのままの
スピードで行くので、そこで離され、水たまりが終わって、
必死で漕いで追いつくことが何回か続いたが、
京成を越えたあたり(久しぶりなので確かそのあたり・・・)の
水門で、そのローディーさんは休憩らしい。
さっきも、水分休憩していたが、休憩間隔、なんか早くないかい。
米治郎は、当然そのまま走り去る。
そして、今日の引き返し地点、荒川河口に到着。

荒川河口で、カル号と来たのは初めてなので、はしゃぐカル号
荒川河口

引き返して、気がついた。
下流方面へ来たのも久しぶりで忘れていたが、
行きの快調さは、追い風気味だったから、帰りは、結構な向かい風。
行きは良い良い、帰りは恐いだった。
日暮里舎人ライナーのところで、荒川CRから出て、一般道へ。
西日暮里までは、日暮里舎人ライナーの下を走ることになる。

荒川から隅田川の橋の途中で、交通安全週間の天気の良い日曜日、
”飛んで火に入る夏の虫”、スピード違反取り締まりのレーダー測定を
していた。そこを通り過ぎてしばらく行ったら、居ました。

「はい、そこのシルバーの日産ティアナ、止まりなさい!」
残念でした
あらら、婦警さんに捕まっちゃった。

さらに、日暮里舎人ライナーの下を行き、西日暮里駅の下を通過。
動坂下を右折して、不忍通りを行く。上富士前、護国寺を通って、
鬼子母神からマンション前に到着。
そのまま、今日は、久しぶり”のぞき坂”へ。
ヘロヘロで上る。しかも、前をインナーにするが、
後ろが一番内側のインナーに入らない。
久しぶりの”のぞき坂”、結構きつかった。
9時10分、マンション前に到着。およそ、56km。
隅ばあさんと教会へ行く奥さんと遭遇。

どうせなら、動画を撮ってもらう。


隅ばあさんも来て、宿坂の上まで、一緒に行く
戻ってきて、当然、マンション階段。
家に入るも、何か物足りない。

自転車ウェアーからウォーキングウェアに着替えて、
ウォーキングへスタート。神田川沿いに出る。
なぜか、ウォーキングではなく、ランニング。
そして、神田川沿いを江戸川橋まで、1.8kmを走る。

江戸川橋
江戸川橋


引き返して、合計3.6km、歩くようなスピードだったが、
一応、ランニング。

今日は、午後から予定があるので、このへんで・・・。
プロフィール

高田米治郎

Author:高田米治郎
米治郎の道草日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。