スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予定変更で本田航空

2009年3月29日(日)

本日の走行距離 100.94km
本日の走行時間 4時間20分07秒 
本日の平均速度 20.7km/h
本日の最高速度 47.8km/h
総走行距離   2435.7km

今朝は、次女に3時に起こされた。
それから、2時間、”飯くれくれ攻撃”が続いた。
5時、やっと寝始めたが、まだ、わからない。
そして、5時半、そろそろ大丈夫だろう。
もう一度寝ようかと思ったが、全く眠くない。
よし、チャリ行こう!
昼までに戻ってくるつもりで、そそくさと、準備をして、
奥さんに声をかけたが、よく眠っている。
5時50分、GIANT君と家を出た。
今朝は、早いので、階段でガタガタ音を立てて、降りると迷惑と思い、
早朝は勘弁してもらって、エレベーターで下りた。
いつもどおり軽くストレッチをして、6時ジャストにスタート。

明治通りへ出て、池袋から王子へ出て、北本通りへ、
今日は、王子消防署を右折して、新田アイランドから荒川CRへ出た。
良い天気、気持ちよいが、結構な向かい風、”天気晴朗なれど波高し”だ。
前回通れなかった、赤羽岩淵水門へ、やはり、ここは外せない。
米治郎のチャリの原点でもある。また、同じ写真を撮る。

ここで撮った写真が縁で、ノールさんと出会えた。
赤羽旧水門

赤羽岩淵新水門、ここで荒川から隅田川へ分かれる、この先から隅田川
赤羽新水門

赤羽岩淵旧水門をさらに近くから
赤羽旧水門2


さらに、荒川CRを進む、そして、埼玉県に入り、朝霞水門
朝霞水門

前々回、ここを走ったときは、膝が痛くてここで帰ってきた
朝霞水門2

朝霞水門、まわりはこんな感じ
朝霞水門3

朝霞水門脇から荒川上流を望む
朝霞水門4


そして、鬼門の秋ヶ瀬橋を渡り、荒川CRを進み、
JR川越線の踏切を渡り、国道16号線へ出る。
新江北橋を渡り、入間川との分岐を過ぎる。
ここは、土手の上を行き、左に入間川、右に荒川、土手の下は
両側がゴルフ場、大宮国際CC、そして、土手は見事な菜の花畑。
菜の花1

先々週に来たときもこんな感じだった
菜の花2

入間大橋へ出る、今日は、入間大橋を渡らず、そのまま、むさしのCRへ。
そして、そろそろ、8時30分、45km走った。この辺で帰らないと
お昼までに帰れない。そして、本田航空でエアポートがあった。
本田航空1

これって、管制塔?
本田航空2

向こうに見えるのは、軽飛行機群
本田航空3

GIANT君の向こうの丸いのは飛行船のお尻
飛行船1


奥さんに電話を入れる。
米治郎「起きた?川越の先の本田エアポートまで来た」
奥さん「うん、6時半にプーに起こされた。」
米治郎「なんだ、出てすぐに起こされたったんだ、
    お母さん、よく寝ていたから、出るとき、起こさなかった」
奥さん「何か、後ろが騒がしいね」
米治郎「うん、スカイダイビングのスクールがあって、順番に名前が呼ばれている」
奥さん「あー、高田さーんだって、お父さん呼ばれたんじゃない」
米治郎「えー、飛ぶの?チャリもう少しやってからにしてくれない」
奥さん「お金もかかりそうだしね」
米治郎「12時までに帰るから、昼はラーメン食べに行こう」
奥さん「わかった」

さあ、帰ろう、行きは向かい風がきつかったが、帰りは追い風で楽チン、
スピードも上がる、そうそう、この感覚が気持ちよいのである。
行きは、向かい風で進まなかったが、帰りは、どんどん進む。
反対からローディーがたくさん来る。トレインで走ってくるのもいる。
その中で、2列で来るやつらもいる。秋ヶ瀬橋より上流は、道幅が狭いのに
2列並列走行、対向車が来ていても全く譲るつもりはない、
これじゃ、最近いなくなったが、暴走族と同じである。
ローディーの人って、マナーがすごく良いか、すごく悪いかのどちらかだ。

そして、10時40分、新田アイランドまで戻ってきた。
北本通りへ出て、王子から明治通りへ。
王子駅から飛鳥山への上り、シングルスピードの人に抜かれる。
シングルスピード、こんなに近くで始めてみた。
若い兄ちゃんだが、力強く漕いでいく。
飛鳥山交差点の赤信号で止まっていたが、足をつかない。
バランスをとって止まっている。そして、青、軽い上り坂、
どんどん離される。追うことは最初から諦めた。
池袋に抜けて、雑司が谷霊園の脇を抜けて、都電に沿って鬼子母神。
目白通りを渡って、宿坂を下って、自宅付近。
もちろん、”のぞき坂”へ。
11時40分、やはり”のぞき坂”のシメだけははずせない。

46秒51

結構疲れていたが、そこそこのタイム。
自宅前に着くが、サイコンの距離計は、99.50km。
あらら、100km超えていない。
近所をぐるぐる回って、100kmにする。

さあ、これくらいで今日はお仕舞い。
マンションの階段へ向かう。
昨日のように一気に行きたかったが、
結構きていてヘロヘロ、7階で小休止。
そして、9階到着、タイムは

2分03秒88

あー、2分切れなかった。

米治郎「ただいま」
奥さん「おかえり、プッちゃんが待っているよ」

シャワーで汗を流して、奥さんとプーとで散歩。
神田川沿いの桜が5分咲きくらい。
桜

帰って、プーを風呂に入れて、飯くれ攻撃を済ませて寝かしつけた。

米治郎「さあ、ラーメン食べに行こう」
奥さん「どこのラーメンにしようか」
米治郎「渡なべ?」
奥さん「あっ、いいね」
でも、並んでいたので、2代目けいすけで”えびそば”を食べた。
スポンサーサイト

久しぶりのジテツウー土曜出勤

2009年3月28日(土)

本日の走行距離 14.83km
本日の走行時間 49分01秒 
本日の平均速度 18.1km/h
本日の最高速度 45.3km/h
総走行距離   2334.7km

米治郎が今いる会社、役所関係のパッケージソフトの開発販売をしている。
毎年、3月の下旬から、10月の中旬くらいまで、毎年度毎に変更になる
新年度のデータの作成と更新作業があり、繁忙期に入る。
小さな会社なくせに、全国を相手にして、メーカー系のソフトとも
ライバル関係にあるので、気が抜けないし、人数が少ないので、
たくさんの仕事量をカバーするためには、必然的に、休日出勤で
乗り切るしかなくなる。

さて、今週は、24日(火)に夜チャリして以来、25日(水)は、
折角早く帰ってきたのに、夕食後、だらだらテレビを見ていたら、
行くタイミングを逸してしまいパス、25日(木)、26日(金)は
雨で、特に26日は、昼は晴れていて、今日は乗ろうと思っていて、
会社を出たら雨が降っていたのでがっかりだった。

それで、今日28日(土)、出勤することにしたので、絶対に
ジテツウするつもりでいた。

会社へ行く前に、次女を散歩へ連れて行くつもりで、
彼女が朝睡から起きるのを待っていた。
早朝、2時くらいから断続的に始まる”飯くれくれ攻撃”、
飯食っちゃ、寝て、飯食っちゃ、寝てがずっと続く。
老犬だから、よく寝るが、老人が長い時間寝られないのと同じで、
2~3時間で、起きる。毎朝7時~9時くらいは寝ている時間で、
今日も、起きるのを待っていた。
しかし、奥さんがベランダへ出て、その寒さに震えながら入ってきた。

奥さん「お父さん、今朝は寒いし、陽も出てこないから、
    プッちゃんの散歩、行かなくて良いよ。」
米治郎「でも、毎週の恒例行事だしなあ」
奥さん「あとで、陽が出てきたら、私が連れて行くよ」
米治郎「わかった、では、頼むよ」

そして、着替えて、9時40分、GIANT君と階段を下りる。
土曜日は、勝手に出勤するというスタンスなので、出社時間は
9時までに出社するということはない。
9時45分、スタート、裏通りを行き、神田川へ出て、
胸突き坂で、芭蕉庵を左に見て、神田川を渡り、新目白通りへ出て、
江戸川橋の交差点を渡り、再び、裏通りへ入り、安藤坂の交差点から
小石川後楽園を右手に見て、東京ドームを超え、新壱岐坂から
左折して、壱岐坂を上る。ジテツウで行きの唯一の上りだ。
そして、湯島へ入り、霊雲寺の前を通って、三組坂を下る。
中央通りを横ぎり、昭和通りへ出て、10時05分、会社到着。

土曜日の仕事は、普段の日に比べて、すごくはかどる。
電話がほとんどかかってこないからだ。普段の日は、
仕事に集中しようとすると、顧客から電話がかかってくる。
特に、年度末は、新年度の契約の話やら、年度内に
仕上げないといけない仕事の相談とか厄介な電話が多い。
それが、土曜日はほとんどないに等しい。

仕事はすごくはかどって、16時半にはほぼ終わった。
17時に、帰路に着く。奥さんに電話を入れる。

米治郎「終わったけど、明日の下見に日暮里の方まわって帰る」
奥さん「そう、勝手にしたら」
米治郎「・・・・・」

この”勝手にしたら”、怖い兆候である。
言葉通りに”勝手にして”、何回もたいへんな目にあった。
日暮里回りを中止して、そそくさと来た道を帰る。
三組坂を上がる。ここは湯島のラブホテル街。
若い”アベック”(古い言い方だと言われたが今はなんと言うのか?)が
どのラブホに入るか悩んでいる会話が聞こえる。

男「どこに入ろうか?」
女「きれいなところが良い」
男「きれいなところね」

男の顔が、完全にニヤついている。
女の方も恥ずかしそうにしている感じはない。
若いというのはこういうことである。

さて、この三組坂、帰りの唯一の上りである。
行きの壱岐坂より斜度があって、長い坂だ。
米治郎、好きな坂のひとつである。
ん、ん、ん、”坂が好き”、何と言うことである。
こんなセリフが出るとは思わなかった。
自転車を始めた頃、坂は大嫌いだった。
ジテツウにしても、嫌いな坂を最低限に避けて、このルートにした。
三組坂は大嫌いだった、難所だった。
その米治郎が、”好きな坂のひとつ”などと言っちゃった・・・。
恐るべし、”ノー教”。

さて、新目白通りから、早稲田の首都高入り口で、神田川沿いに入る。
米治郎の家の神田川付近の桜は、4分咲きくらいだが、この椿山荘付近は、
そんなに離れていないのに、満開までは行かないが、8分咲きくらい
咲いている。人も多い。芭蕉庵と胸突き坂を右手に見て、自宅付近へ。
もちろん、”のぞき坂”へ。
”勝手にしたら”の言葉が引っかかるが、”のぞき坂”のシメだけははずせない。

42秒82

あらら、記録をまた更新。

そのまま、マンションへ帰り、階段。
今日は、7階まで一気に上るが、火曜日のように休まずとはいかなかった。
7階で一休み、といっても、10秒くらい。

1分50秒20

1回の休みなら、2分を切れる。

米治郎「ただいま」
奥さん「お帰り、あら、早いね」
米治郎「いや、今日は、チャリパンツはいていなかったから
    日暮里回りはやめた」
奥さん「あら、そう」

と、にこやかである。良かった、勝手にしなくて・・・。

のぞき坂も階段も新記録

2009年3月24日(火)

本日の走行距離 11.29km
本日の走行時間 32分50秒 
本日の平均速度 20.6km/h
本日の最高速度 44.2km/h
総走行距離   2319.8km

昨日は、会社を出たのが21時20分頃、家に着いたのが、
すでに、22時過ぎ、夕食食べたら、23時になってしまったので
チャリンコは止めにした。

今日も、昨日のパターンになりそうだったが、思い切って、
20時半に会社を出た。21時過ぎに帰って、奥さんも
今日は用があって、帰ってきたばかりで、さらにアキラも
帰ってきたので、3人で夕食、一休みして、22時10分、
GIANT君と階段を下りた。いつものように軽く
ストレッチをして、22時20分スタート、
今日は風はないが、少し肌寒い。
明治通りを渡って、学習院沿いに進む。
いつもは、この辺で、最初のだるさが来るのだが、
今日はまったく来ない。
これって、一昨日、ナオコバさんとkozoさんとのポタで、
米治郎はナオコバさんについて、いつもより遅いスピードなので、
重いギアーでずっーと走っていた成果か。

いやー、肌寒かったのが、少し暖かくなってくる。
山手通りへの坂も、ダンシングでどんどん上れた。
新目白通りから目白通りの交差点への直線も快調である。
目白通りを進み、目白駅を過ぎても、体は軽く快調。
不忍通りへ左折して、気持ちよく走る。
護国寺の交差点、音羽通りへ入ったところに車が止まって、
一車線塞いでいる。信号で、車を先に行かせて、すぐに後を追う。
スピードが乗って、車と同じスピードで40kmくらい。
気持ちよい、赤信号で止まって、肩で息をするも、心地よい。
江戸川橋で右折して、新目白通りへ戻り、最近のいつもどおり、
面影橋まで行き、神田川を渡る。
暗くてよくわからないが、神田川沿いの桜もずいぶん綻び始めている。
今週末は、だいぶ咲くだろう。そのまま、のぞき坂へ。

44秒56

なんと、記録が更新できて、新記録の44秒56.
今日も1回のみ、坂を下って、今日も階段を上る。
階段のタイムも計った。
今日は何なんだ、階段をどんどん上れる、
9階まで休みなしで上ってしまった。
タイムは、なんと、2分を切った。

1分47秒32

のぞき坂も階段も新記録、今日はどうしてしまったのだろう???
我が家へたどり着いて、ヘロヘロだが心地よい疲れかただ。
何より、楽しく夜チャリができた。

フーテンの寅さんー葛飾柴又ポタ


2009年3月21日(土)

本日の走行距離 106.51km
本日の走行時間 5時間34分39秒 
本日の平均速度 17.4km/h
本日の最高速度 37.7km/h
総走行距離   2308.1km

今日は、kozoさんとナオコバさんとチャリをした。
kozoさんと、荒川、江戸川方面のお誘いを受けていて、
雨天中止にしていた。
さらに、ナオコバさんとも、多摩川CRを走る約束をしていたが、
こちらも雨天中止にしていた。

まず、ナオコバさんから誘いがあった。
そして、その後、kozoさんからもお誘いをいただいた。
二人に訳を話して、3人で行くことにした。
kozoさんとナオコバさんは初対面。

雷門に9時集合とした。
kozoさんの先導で、浅草をスタートした。
まず、隅田川沿いに上流方面へ、そして、しばらく行って
荒川CRへ出て、河口方面へ下っていく。
清砂大橋を渡って、対岸へ、少し下って、荒川河口橋を渡って、
夢の島マリーナで、小休止。
東京でも、こんなマリーナがあった。前に、オーストラリアへ
行ったときに見たシドニーのマリーナのようだ。

さらに河口方面へ行って、東京へリポートを過ぎる。
ヘリポート

若洲橋を渡って、若洲海浜公園へ、サイクリングコースを走る。
海沿いを走る、天気も良いし、潮風が気持ちよい。
そして、若洲橋を再度渡って、荒川河口橋を渡って、
今度は葛西海浜公園へ、ここは水族園もあって、若洲よりも
家族連れが多く、にぎわっている。
葛西から、江戸川CRへ行く。
米治郎、先日、この先で、間違えた。
江戸川を上っているつもりが、気がついたら、中川になっていた。

しかし、今日は、kozoさんの先導で、やっと間違えたわけがわかった。
江戸川を上っていく。途中で工事をしていて、その付近で、
江戸川から離れて、柴又帝釈天へ向かう。
寅さんの帝釈天でお参り。
帝釈天

参道で、寅さんで有名な草団子を食べる。奥さんと菊じいへお土産を買う。
そして、江戸川へ戻り、上流へ少し向かい、今度は、水元公園へ向かう。
水元公園、アキラが大学の頃、大学の近くなのでよくバーベキューを
やっていた話を聞いていたが、まさか、こんなに大きな公園だとは思っていなかった。
水元公園

ナオコバさんは、中学の時の同級生で、それ以来の付き合いだが、
今日初めて聞いたが、子供の頃、ほとんど自転車に乗っていなかったそうだ。
自分の自転車を今回初めて持ったそうだ。
よく、それでこの年になって、始めてなぁと思う。

さて、水元公園を後にして、昼食を食べていないので、
kozoさんお勧めのとんこつラーメン屋を目指す。
ところが、お休み。
結局、西新井のショッピングセンター内の石焼チャーハンの店に行った。
荒川へ戻って、kozoさんとお別れ。

kozoさんには、今日は本当にお世話になった。
ナオコバさんと米治郎、何も考えずに、
金魚の糞よろしく、kozoさんに付いていっただけ。
すべて、コーディネイトしてくれた。
感謝謝々。

ナオコバさんと、浅草を目指す。
彼は、自宅から浅草まで自走してくる自信がなくて、
浅草まで来るまで来たそうだ。初心者の米治郎よりさらに初心者。
まだ、始めて3ヶ月くらいだ。
初の80km超えになった。
雷門で別れて、米治郎は、”のぞき坂”を目指す。
湯島、東京ドームを越えて、新目白通りへ出て、ここからいつものコース。
そして、のぞき坂へ。

ストップウォッチスタート、のぞき坂を駆け上がる。
しばらく、シッティングでは無理だ。ダンシングで上がる。
上り始めて、ゆっくりだったとはいえ、100km声がこたえていた。

49秒25

やはり、このへんが限界だろう。
今日も1回のみ、坂を下って、今日も階段を上る。
階段のタイムも計った。
やはり、今日はヘロヘロ、4階半と6階と7階半で3回休んで、
タイムは、

2分31秒

今日は、ここへ来て、ぶっ倒れそうなくらい疲れた。ヘロヘロ。

桜ももうすぐ

2009年3月20日(金)

今日は、午前中は大雨だったが、
昼前から止み、午後は、一気に天気が回復して
すごく良い天気になった。
しかし、チャリンコはお休み。
次女と神田川沿いへ散歩に出かけた。
神田川沿いの桜のつぼみが膨らみ始めて、
もう2・3日晴天が続けば、咲くだろう。
桜つぼみ

神田川、ここに咲きほこる
神田川

春の風

2009年3月19日(木)

本日の走行距離 11.48km
本日の走行時間 33分54秒 
本日の平均速度 20.3km/h
本日の最高速度 46.4km/h
総走行距離   2201.6km

今日も暖かい、いや、暑いといっても良い気候だった。
電車は、冷房が入っていた。
昨日といい、今日といい、昼間に自転車に乗りたかった。
今日もまた夜チャリ日和だ。
またまた、会社を出るのが遅くなってしまい、
結局、昨日より少し遅くて、22時15分、
GIANT君と玄関を出て、階段を下りる。
今日も9階から3階くらいまで下りて疲れてしまう。
今日こそだめか、流して走ろうと決めた。

いつもどおり軽くストレッチをして、22時20分スタート。
今日は、風が強い、しかし、少し前までの寒い風ではなく、
少し暖かい、幽霊でも出てきそうな生暖かい風だ。
明治通りを渡って、学習院沿いに走るが、もう結構、足に来ている。
今日は兄ちゃんのクロスもハイヒールをはいた姉ちゃんのクロスもいない。
しかし、遠く山手通りへの坂を上っていくクロス発見、昨日の兄ちゃんか、
今日もダンシングで必死に漕いだら、山手通りの赤信号で追いついた。
何やら、昨日とは違う兄ちゃんだった。
青になったが、米治郎についてこない感じである。
そのまま、目白通りの交差点へ、青で入って、すぐに赤になるので、
そのまま右折して、目白通りを行く。

さて、このタイミングは昨日と同じ信号止まらないパターンだ。
おっさん(米治郎もおっさんだった)のマイペースクロスが走っている。
簡単に追い越したが、赤信号で止まると、無視して先にいく。
これが3回続いた。不忍通りへの左折手前で振り切った。
護国寺へ、護国寺を右折で、音羽通りへ、江戸川橋から新目白通りへ戻り、
面影橋で神田川を渡り、のぞき坂へ。
ストップウォッチスタート、のぞき坂を駆け上がる。
しばらく、シッティングでは無理だ。ダンシングで上がる。

45秒00

昨日より少しだけ縮めた、まあ、このへんが限界だろう。
今日も1回のみ、坂を下って、自販機で水分補給して一休み。
今日も階段を上る。階段のタイムも計ってみた。
5階半と7階半で休んで、タイムは、

2分13秒

今日は、ぶっ倒れそうなくらい疲れた。ヘロヘロ。

バトルになっちゃった

2009年3月18日(水)

本日の走行距離 11.56km
本日の走行時間 33分41秒 
本日の平均速度 20.7km/h
本日の最高速度 44.8km/h
総走行距離   2190.1km

今日は、昨日よりさらに暖かくなった。
今日も夜チャリ日和になりそうだ。
またまた、会社を出るのが遅くなってしまい、
結局、昨日と同じで、22時10分、
GIANT君と玄関を出て、階段を下りる。
しかし、今日は9階から3階くらいまで下りて疲れてしまう。
今日はだめか、流して走ろうと決めた。

いつもどおり軽くストレッチをして、22時15分スタート。
明治通りを渡って、学習院沿いに走るが、もう結構、足に来ている。
新目白通りへ出ると、若い兄ちゃんのクロスが走っている。
さらに、その先の信号で、ハイヒールをはいた姉ちゃんのクロスもいる。
兄ちゃんは、赤信号を車が来ないので、そろそろと走り出し、
山手通りへの坂を上っていく。米次郎は、信号が青になったので、
ハイヒールの姉ちゃんを気にしながらも、兄ちゃんを追いかける。
ダンシングで必死に漕いだら追いついた。山手通りの赤信号で、
ストップ、さすがにここは、兄ちゃんも赤信号を守っている。
青になったので、スタート、自然にバトルになった。
こうなったら、米次郎も必死である。スタートダッシュのダンシングで
前に出たら、兄ちゃんは後ろに付いたが仕掛けてはこない。
こういうときにミラーがあると良いなと思う。
RYUさんがミラーをつけていたのは、その為だろうとあらためて思う。
あっという間に、目白通りの交差点へ着く。米次郎は目白通りを右へ
行くので、止まったが、兄ちゃんは、左へ行ってしまった。
結構、楽しかった。
驚いたことに、その後、ハイヒールの姉ちゃんがやってきた。
すげぇな、ハイヒールでクロスに乗って、このスピード、
普通の靴なら・・・。

さて、このタイミングは一昨日の信号止まらないパターンだ。
目白通りを快調に飛ばす、こうなったら、もう自棄くそだ。
不忍通りから護国寺へ、護国寺を右折で、音羽通りへ、ここも
スピードが出た。江戸川橋から新目白通りへ戻り、面影橋で
神田川を渡り、のぞき坂へ、下で、一旦止まって、時計を確認。
ストップウォッチスタート、のぞき坂を駆け上がる。
しばらく、シッティングでは無理だ。ダンシングで上がる。

46秒94

昨日より10秒近く縮めた、実は昨日、ストップウォッチの止め方を
誤って少し手間取った。今日はすぐに押せた。
今日も1回のみ、坂を下って、自販機で水分補給して一休み。
今日も階段を上る。階段のタイムも計ってみた。
5階と7階で休んで、タイムは、

2分08秒

こちらも少し縮めた。

”のぞき坂”のタイムを計ってみた

2009年3月17日(火)

本日の走行距離 11.55km
本日の走行時間 34分42秒 
本日の平均速度 19.9km/h
本日の最高速度 47.9km/h
総走行距離   2178.5km

今日も昼間は良い天気だった。
夜になっても、気温はあまり下がらない。
今朝は、次女の飯くれくれ攻撃に2時半からお付き合いして、
寝不足だったので、会社へ行っても午前中から眠かった。
帰りそびれて、会社を出るのが、昨日とあまり変わらなかった。
21時過ぎに家に着いて、奥さんとアキラと3人で夕食。
食後、少しだらだらしてしまい、結局、GIANT君と
玄関を出たのが22時05分、階段を下りて、
軽いストレッチ、22時10分にスタート。

いつものコースを1周する。
学習院下で明治通りを渡ると、点滅する赤ランプが2台、
そのスピードからママチャリだと思って追いつくと、
2台ともクロスバイクだった、最初のは若い兄ちゃん、
もう1台はヘルメットを被って米治郎と同じくらいの男性、
だが、スピードが遅いので、すぐに抜きさる。
その後も快調、今日は、いつもどおりの赤信号で止まっていく。
明治通りも気持ちよく走り、赤信号で止まり、護国寺から
音羽通りを一気に駆ける。今日は47.9km/h。
暗いので、サイコンがはっきり見えないので、音羽通りで
このスピードが出ているのだと思うが、もしかしたら、
その前の不忍通りで出ているのかもしれない。
新目白から面影橋で神田川を渡って、裏通りへ、のぞき坂へ向かう。

実は、だいぶ前に、池袋のサクラヤで、
980円也のストップウォッチを購入していた。
チャリンコに乗るとき用に買ったが、ストップウォッチが
付いていた。それで、のぞき坂の登坂タイムを計ろうと
ずっと思っていたが、いつも、のぞき坂を目の前にすると、
上ることばかり考えて、時計をはめている事を忘れていた。
しかし、今日は、その手前で思い出し、一回止まって、
計ってみた。
T字路手前の家の前からスタートして、坂の上まで。

57秒82

今日も1回のみ、坂を下って、自販機で水分補給して一休み。
今日も階段を上る。階段のタイムも計ってみた。
5階半と7階半で休んで、タイムは、

2分12秒

さあ、このタイムが今後の基準タイムだ。

赤になってくれ!

2009年3月16日(月)

本日の走行距離 11.54km
本日の走行時間 33分24秒 
本日の平均速度 20.7km/h
本日の最高速度 43.8km/h
総走行距離   2166.9km

今朝、起きて体が痛かった。家を出て、駅までの徒歩、
体がだるかった。
「あー、今日の夜チャリはダメだわ」
と、思いながら会社へ行った。
しかし、昨日も暖かかったが、今日はさらに暖かい。
夕方になるにつれて、段々、チャリンコに乗りたくなってきた。
17時頃、今日は乗ろうと決めた。体のだるさも取れた。
ところが、そんな時に限って、問題発生。
なかなか帰れない、結局、会社を出るのが20時半を過ぎてしまった。
21時過ぎに家に帰って、夕食。

GIANT君と22時に家を出て階段を下りる。
22時10分、いつもどおり軽くストレッチをしてスタート。
今日は、スタート時間が遅いし、だるさが取れたといっても、
なんとなく体が重いので、いつものコースを1周の予定。

いつものコース、1周約10km、信号が大小あわせて35箇所くらいある。
今日は、山手通りへの坂を上って、山手通りで1回目、ここはほぼ、毎回、
引っかかる。次は、新目白通りから目白通りへ右折する時に、
2段階で曲がるので、2回止まるのだが、今日は、ぎりぎりで入ったので、
右折したら、すぐ、右の信号が青になり、ノンストップ、そのまま、
目白通りで、再度、山手通りを渡るところで、2回目、そのまま、
目白通り、いつもは目白駅までに1回止まるが、今日は、なんと、
雑司ヶ谷駅まで引っかからず、ここは、スピードが出るので、
ひっちゃきに漕いでしまうので、きつかった。

何しろ、赤になりそうで、赤にならない、目白駅を過ぎた頃から、
青信号を見ると、「頼む、赤になってくれ」と、祈ってしまった。
そして、やっと、雑司ヶ谷駅を過ぎたところで、3回目の赤信号。
そして、次は、4回目護国寺首都高下、5回目護国寺前、
6回目首都高早稲田ランプ、と、計6回しか止まらなかった。
1周で、ヘロヘロ状態、1周って、決めといてよかった。
そして、”のぞき坂”へ、久しぶりに、途中で、止めときゃよかった、
と、思うが、”電信柱”を過ぎたところで、楽になった。
上りきって、下りる、自販機で水分補給、マンション階段下。
さあ、9階まで、ヘロヘロである、4階で休憩、6階半で休憩、
7階半で休憩、そして、やっとのことで9階。

今日は、青信号で疲れた。

春の気配を感じて・・・追突


2009年3月15日(日)

本日の走行距離 105.00km
本日の走行時間 5時間12分44秒 
本日の平均速度 20.1km/h
本日の最高速度 41.4km/h
総走行距離   2155.2km

今日は、昨日とうって変わって超晴天。
天気予報どおりだ。今日は、乗るつもりだった。
しかし、早々朝の次女との戦いで眠いので、少し起きるのが遅れた。
8時半起床で、準備をして、9時20分に、GIANT君と階段を下りた。

米治郎「行ってきます、荒川の上流方面へ行ってくる、明るいうち、
    16時までに帰るね」
奥さん「わかった、いってらっしゃーい!」

9時半にスタート、まずは、近くの自販機で水を調達。
池袋を通って、明治通りを行く、王子を抜け、左折して、北本通りを行く。
いつもは、王子消防署を右折して、新田アイランドから荒川CRへ入るが、
今日は、北本通りをそのまま行ってみた。この判断が後に正解だったことを
この時はまだわからない。北本通りを行くと、なかなか荒川へ出ない。
環七を越えても、まだ荒川は現れない。
こりゃ、新田アイランドからの方が良かったと思うが、まだ、この時点でも
こちらの選択が良かったことはわからない。赤羽岩淵の駅を過ぎて、
川口方面へ行かず、そのまま直進して、JRの鉄橋をくぐって、
右折して、やっと荒川の土手に出る。ところが、異常な人出である。
警備員もたくさん配備され、交通整理をするほどだ。
荒川CRへ下りようとすると、警備員に行く手を阻まれた。

警備員「すみません、今日はマラソン大会で、CRへは入れません」
米治郎「えー、ダメなの」

土手の上は走れるようだ、仕方がないので土手の上を行く。
帰ってきて調べて知ったが、 第12回 東京・荒川市民マラソン
だったようだ。この付近がスタート地点で、下流へ向かうコースで、
さらにこの付近が、メイン会場だった。
ここで、新田アイランドではないコースを取って、荒川CRに入ったのが
正解だったことがわかる。
土手の上をゆっくりと走る、なんせ、見物の人が多い。
しばらく行くと、CRの通行止めも解除になっているようで、
下に下りた。朝霞水門までもうすぐだ。

朝霞水門、前回、荒川上流を目指して、膝が痛くて痛くて、
仕方がなく、あえなく帰ってきたところだ。
今日は、膝は両足とも全く違和感がなく、快調だ。

朝霞水門を越えて、秋ヶ瀬橋へつく。
ここは、ノールさんとkozoさんと白石を目指して、初の100km越えを
したときに、大型トラックに因縁をつけられた場所だ。
今日も、信号に大型トラックが止まっているので、その前で止まって、
チャリンコを持ち上げて、歩道側へ入った。
青になったので、信号を渡って、秋ヶ瀬橋を渡る方向の赤信号を待つ。
横に2台のローディーさんが来る。1台は青のGIOS、もう1台は、
何か良くわからないメーカーだが、カーボンフレームで、少なくとも
いろいろ、華やかな部品がついていて、米治郎のR/3が10台、
いや15台くらいは買えそうな高そうなローディーだ。
青になった、もちろん、2台とも先に行っていただく。

ところが、青のGIOSは速くて先に行ったが、すごく高価そうな
カーボンづくしのローディーが遅い、米治郎の普通の速度より遅い。
「なんじゃ、コイツ、格好もチャリンコも高そうなのに、貧脚か」
こう思ったのが間違いの元だった。米治郎、秋ヶ瀬橋の上を
高価ローディーにぴったりついていく。スピード的には
追い越せそうだが、道幅が狭いので追い越せない。
しばらく行って、橋が終わって、交差点へののぼり、ここで事件は起こった。

高価ローディーさん、何を考えたか、いきなりブレーキ。
高価な部品づくしだから、ブレーキも良く効く。
米治郎、すぐにブレーキレバーを握って急停車をしたが、
ぴったりついていたので、少し、当たってしまった。

高価ローディー「当たりました?」
20代後半くらいのにきび面の兄ちゃんだ。
米治郎「すこし、触りました、すみません」
全身、これユニクロの米治郎の姿を見て
高価R「初心者の方ですか?」
米治郎「はい」
急に口調が変わる。
高価R「知らない人の後にピッタリついて走るのってあぶないんだよね」
米治郎、クルマでも追突した方が悪いので、ひたすら謝る。
米治郎「申し訳ないです」
高価R「気をつけなよ、事故ったら、しゃれにならないよ」と、
言って秋ヶ瀬橋の下方向へ行く。

なんだ、なんだ、初心者だが、お前がこの世に姿かたちも見えない頃から
スポーツバイクではないが、チャリンコは乗っているんだ、
”初心者ですか”だと、上級者なら、ぴったりついているのが
わかっているだから、止まる時は、合図を出せよ、事故ったら、
”しゃれ”じゃ終わらせないよ、こっちも言い分、言って争うぜ。
まあ、クルマの場合、追突した方が明らかに悪いから、
チャリンコもそうだろう、おとなしく謝って済ませた。
しかし、”秋ヶ瀬橋”、米治郎にとって鬼門である。
ここを通る時は気をつけよう。

荒川CRはいろいろなものが、土手沿いにある。
甲子園によく出る高校のグラウンドや、ゴルフ場もたくさんある。
秋ヶ瀬橋の先の羽根倉橋のそばには、心地よい轟音が響く。
カートのサーキット、サーキット秋ヶ瀬がある。
ゴーカート

カートの音を後にして、ゴルフ場の横のCRをひた走る。
そこへ、横からローディーが抜いていく。
「あっ、さっきの高価ローディーだ」
本能的についていくが、直後を走るのは、”アブナイ”ので、
5mほど距離をおいて、ピッタリとついていく。そう、コイツの
貧脚には米治郎でもついていける。追いつきそうになるが、5mはあける。
やがて、観念したのか(?)、上江橋で、戻っていく。
米治郎は上江橋から入間川沿いへ入っていく、入間川CRだ。

入間川CRに入っていくと、土手が”菜の花畑”だ。一面の菜の花、
春の香りがする。そして、そろそろ、50kmを越える。
今日は100km走ることが目標なので、そろそろ戻る地点だ。
50kmを越えたところで、入間川CRを外れて、ちょっと見えた
コンビニへ、トイレ休憩とトイレだけでは申し訳ないので、
甘い缶コーヒーとおにぎりを買う、ローソン川越小ヶ谷店。
ローソン


買ってから、入間川CRに戻って、あずまやの休憩所で、昨日よしやで買った
ジャムパンとローソンで買ったおにぎりで昼食。
休憩1
休憩2


そこで、このあずまや、送電線の真下だった。どこまで続く送電線。
電線


奥さんに電話を入れる。
米治郎「川越まで来た、今、ジャムパンで昼食中」
奥さん「今、プッちゃんと散歩中」
米治郎「ゴメン、プッちゃん、散歩に連れていけなくて」
奥さん「こげ茶の若いミニピンと会ったよ」
米治郎「そうか、これから帰るよ」
奥さん「はーい」

さあ、うちへ帰ろう。
入間川CRを下流方面へ走る。
休んだので、快調、快調、膝も痛くない。
入間川から、荒川CR、入間川大橋を渡り、羽根倉橋を越えると、
荒川CRの面白いところ、モトクロスのサーキットだ。
モトクロス

そして、秋ヶ瀬橋を渡る、何もないことを祈る。
無事、秋ヶ瀬橋を渡り、荒川CRに戻り、朝霞水門を過ぎ、
しばらく行くと、また、警備員が立っている。

警備員「この先マラソンをやっていて、自転車はいけません」
米治郎「あー、まだやっているんだ」

土手の外へ出て、さらに大通りへ出た。ここはどこだろう。
少し走ると、国道17号へ出た。6台くらいの女性が混じった
トレインと一緒だった。女性とはいえ、皆、ローディーさんだ。
先へ行かせたが、さすがに遅い、すぐに抜かした。
国道17号を行き、巣鴨の手前で、明治通りへ右折する。
池袋へ、もうすぐだ、走行距離は98km。
サンシャインの手前で、前輪付近から、色々と何かが落ちた。
すぐにわかった、前輪の右のブレーキシューがない。
すぐにGIANT君を止めて、落ちた付近を探す。
順番に落ちていた。すべて、見つかった。

簡易的につけて、うちまでもう少し。
都電に沿って、鬼子母神から、宿坂を下って家へ。
しかし、”のぞき坂”へ確認へ。
もちろん、上れた。上る途中で、坂を上っている
人から声がかかった。
「すごいねー」、何かうれしかった。
一本で止めて、マンションの1階へ。
水分補給して、階段へ、結構、元気だ。
7階まで一気に上れた。小休止して、9階。

さあ、家に着いた。
米治郎「ただいま」
奥さん「おかえり」
プロフィール

高田米治郎

Author:高田米治郎
米治郎の道草日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。