スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WPW-1

2009年06月30日(火)

今日で、丸8日、自転車に乗っていない。今日も名古屋に日帰り出張で乗れそうにない。
ノールさんのブログで、心拍数に関して、書かれていたので、機と思った。

今日は少しカミングアウトする。

米治郎にとって心拍数の話は結構切実な問題だ。
標題の”WPW”、正式には”WPW症候群”という。
米治郎が子供の頃から付き合っている心臓の疾患だ。
何かのショックで、心臓の動悸で心拍数が早くなってしまう。
さらに言うと、普段の心拍数も人より多い(早い)。

アイスホッケーをやっていたと言っていたが、大学3年から4年に上がる時、
ドクターストップがかかった。
その後も仲間の好意でスケート部に所属はさせてもらったが、
仲間が練習をしている横で下級生を相手にコーチのようなことをしていたのは、
今でも苦い思い出だ。

続く
スポンサーサイト

また、たぶん今週も今日だけの夜練

2009年06月23日(火)

本日の走行距離 12.58km
本日の走行時間 33分55秒 
本日の平均速度 22.3km/h
本日の最高速度 41.2km/h
総走行距離   4098.4km

今日は、21時20分帰宅、
急いで夕飯を食べて、21時50分、GIANT君と階段へ。
22時ジャスト、スタート、明治通りを越えて、
学習院下から山手線をくぐり、下落合で新目白通りへ、
”なんちゃって尾根幹”、今日は3往復、新目白通りから
目白通りへ、目白駅、雑司ヶ谷駅を越えて、不忍通りへ左折。
護国寺で、いつもどおり護国寺の山門前の交番で赤信号。
青になったら、タクシーと競争しながら、音羽通り。
相変わらず、講談社、光文社前はタクシーの客待ち、
大塚警察、何とかせんか、コラ。
江戸川橋で新目白通りへ戻り、早稲田を越えて、面影橋で、
神田川を渡って、”のぞき坂”、いつもどおりインナー封印、
リアーも24T、でも、これより重いと上れない。

奥さんに頼まれたコーラを買って、階段へ。
最近、階段がきつい、2回休むのが当たり前になってきた。
やはり、夜練、毎日していないからだ・・・。
しかし、今の時期、繁忙期だから、今日は無理やり早く帰ってきたが、
週一で乗れるだけでも、感謝感謝。

他人事ではない

2009年06月22日(月)

昨日も今日も天気が不安定で乗らなかった。
今晩のニュース、埼玉の和光市で、自転車に乗った
高校生が、トレーラーに轢かれて亡くなった。
しかもトレーラーの運転者は、
「助手席の飲み物を取ろうとして脇見してしまった」。
それだけで、高校生を殺してしまったのだ。

これ、法律上は、”自動車運転過失傷害”だか、”業務上過失致死”だが、
自転車に乗っている方たちは、同意してもらえると思うが、
ある意味、”殺人罪”だ。

ここを読んでいる自転車に乗っている方たち、
車道を走っていて、本当にすぐ脇を大型トラックや
トレーラーが通り過ぎて、ゾッーとした思いは、
1回や2回ではないだろう。

先日、峰男と大井埠頭へ行ったとき、コンテナターミナルへがあるので、
大型トレーラーが縦横無尽に走っていたが、峰男が
「気をつけてね、奴ら、マンガ読みながら運転しているから、
 前見てないからね」
この時、これを聞いて、もちろん気をつけたが、
その反面、まさか、そこまでしている奴は、10人のうち
多くて、2人か3人くらいだろうと思ったが、
このニュースで、10人ともこういうことを平気でしていると思った。
こんな大きなものを運転しているのが普通だから、
慣れてしまって、注意をしなくなっているのだ。

自転車は、車道を走る権利はあるが、車と乱闘して、
勝てないのだから、死んでしまったら、元も子もない。

だが、自転車としての走る権利を主張するのも大切だ。
だから、相手に如何に認識させるか、これが大事だと思う。
そういう走り方、意識して走りたい。

今日はクラス会

2009年06月20日(土)

本日の走行距離 52.53km
本日の走行時間 2時間20分08秒 
本日の平均速度 20.7km/h
本日の最高速度 45.2km/h
総走行距離   4085.8km

今日は、高校のクラス会だ。
毎年、6月の第3土曜日にやる。
毎年やっていることに驚かれる方もいるかも
しれないが、何年か前から、毎年やることになった。
クラスは、男女50人くらいいた。だが、毎年顔ぶれは
決まっていて、20人くらいが集まる。その中に、
毎年、1人か2人、久しぶりに顔を出す奴がいる。
毎年、担任だった先生もいらっしゃる。

17日(水)、ノールさんから奥武蔵へのお誘いがあった。
白石峠から、子の権現などをまわってくるコース、
米治郎のところからだと全行程250kmくらいか、
凄く行きたかった。ノールさんとは、ここのところ、
ご一緒していなかったので、是非、行きたかった。
だが、クラス会へ行くと、返事をしてしまったので、
奥武蔵まで行ってしまうと、クラス会には間に合わないので、
申し訳ないがお断りした。

昨日の夜練、いつもより少し遅かったので、
寝るのが遅くなった。
今日は、出社しなくても良いようにしてきた。
朝、次女と一緒に起きた。
養老爺さんと峰男が、尾根幹へ行くらしい。
ブログにコメントが今朝早く来ていたので、
メールしてみたが、集合には全く間に合わない。
次女が寝たので、もう一度寝た。しかし、すぐに起きた。
天気も良いし、仕方ないので、次女を散歩に連れて行った。

そして、9時半、やっと少し自転車に乗れそうだ。
10時にスタート、まず、荒川CRを目指した。
池袋、王子を越えて、いつもどおり新田アイランドへ、
上流へ行くか、下流へ行くか、風向きで決めようと思った。
下流から上流へ風が吹いている。上流へ行くと、帰りが
向かい風になるので、下流へ行くことにした。
結構、向かい風、途中、荒川名物がいた。
パンチパーマで、でかいケツに丸太のような太もも、
競輪選手のタイヤ引きだ。今日の人は結構若い。
コーチのような人が併走している。
葛西まで行って、清砂大橋で荒川を渡って、再度、荒川河口橋で
荒川を渡って、夢の島ヨットハーバーで休憩。

新木場から、永代通りへ出て、日本橋、皇居から九段下、
飯田橋、江戸川橋で帰ってきた。
のぞき坂へ行く前に、明治通りを千登世橋まで駆け上がって、
足を使いきり、最後は、もちろん、”のぞき坂”と、階段。
今日は、これまで。

さあ、クラス会へ行ってこよう。

なんちゃって尾根幹ー5往復

2009年06月19日(金)

本日の走行距離 13.71km
本日の走行時間 37分57秒 
本日の平均速度 21.7km/h
本日の最高速度 40.5km/h
総走行距離   4033.2km

今日は、しばらくぶりに1日会社にいた。
昼休み、昼食は、会社にいる連中で、食べに行くが、
意外に早く食べ終えた。そういう時は、御徒町の自転車屋へ行く。
今日は、”OD BOX”へ行った。
米治郎、仕事となると、営業だから、誰とでも何でも話せるが、
プライベートだと、別人のように、途端に気が弱くなる。
今まで、自転車屋で、店員さんと話したのは、
GIANT君を買ったときくらいだ。しかも、ほとんど話していない。
それも、あの店、いつも行くたびに同じ人に出会った例がない。
今日、初めて、"OD BOX"で、勇気を出して、店員さんに話しかけた。
ここは、いつも”コルナゴ”が何台か置いてあるので見に行く。
米治郎「このシマノの”105”と”Tiagra”は何が違うんですか?」
すると、凄く丁寧に教えてくれた。そして、EscapeR3に乗っていて、
白石や和田などに行って、10月から4,000km走ったことを告げると、
驚かれて、「もう”EscapeR3”はそろそろガタが来ています、そもそも
そういう乗り方をするためのバイクではありません、絶対に
ロードバイクをオススメします」と、言われた。
”Tさん”という飛んでしまいそうな名前の店員さん、とても親切だった。
とりあえず、ロードバイクを買うときの第1候補は、このTさん。
まず、何回か行って、話しかけて、覚えてもらおう。
しかし、まだ、先立つものがない・・・、目処も立たない。

と、いうことで、夜練、今日は昨日より少し遅かった。
夕飯を食べて、21時50分にGIANT君と階段を下りる。
22時にスタート、”なんちゃって尾根幹”を目指す。
昨日より少し、体が軽い、いや、足が軽すぎ・・・、
息子のアキラのフットサル用の靴をもらった。
そこが薄くて、サドルを少し、下げた。
靴底も今までの靴より薄いので、少し違和感。
まあ、慣れの問題だろう。
さあ、”なんちゃって尾根幹”、昨日と同じ3往復目、
あー、もう一回行けそう、行っちゃった、あっと、
古い考えだが、”4”はいけない、と、いう事で、5往復。
上り坂ダッシュを5回だ、これは、きつかった。
しかも、この”なんちゃって尾根幹”、いつものコースの
前半部分で、まだ、中間地点の手前、この後がつらかった。
しかし、スピードは緩めるわけにはいかない、赤信号は
止まらなければいけない、護国寺から音羽通りは、
江戸川橋まで全速で走り抜けなければいけない、気持ち良かった。
そして、新目白通りから”のぞき坂”へ、
もちろん、いつものインナー封印、リアーも24T、
そして、階段へ、今日も5往復の後だからきつい、きつい。

しかし、ロードバイク、いつか買えるのかなぁ・・・。
そのうち、ブログのタイトル、変えるかなぁ・・・、
”ロードバイクへの道”・・・。

夜練-やっぱりBOSS見なくちゃ

2009年06月18日(木)

本日の走行距離 12.92km
本日の走行時間 36分20秒 
本日の平均速度 21.3km/h
本日の最高速度 43.5km/h
総走行距離   4019.5km

今日は、20時40分に家に着いた。
夕飯を奥さんと食べて、21時10分、
「やばっ、今日はBOSSの日、今から
乗ったんじゃ、間に合わない」
でも、BOSSより、GIANT君が勝った。

21時20分、GIANT君と階段を下りた。
最近は、GIANT君を担いで階段を下りるだけで、
汗がじんわり出てくる。
いつもどおり、軽くストレッチをして、21時半スタート。
明治通りを渡って、学習院沿いに行き、新目白通りへ出る。
そして、”なんちゃって尾根幹”、今日も3往復、なかなか5往復へ
ステップアップできない。新目白通りを行き、目白通りへ、
再度山手通りを渡って、目白駅を過ぎ、雑司ヶ谷駅を過ぎて、
不忍通りへ左折、護国寺を右折して、音羽通り。
音羽通り、護国寺の信号が青になって、全力で漕ぐ、
車と同じスピード、江戸川橋まで、初めて信号に引っかからずに、
行けた、凄く気持ち良かった。新目白通りへ右折して、
早稲田を過ぎて、面影橋で、新目白通りから別れて、神田川を渡って、
”のぞき坂”へ、今日も、インナー封印で、リアーも24Tで上る。
ここのところ、このギアで、楽に上れたが、今日は少しきつい。
そして、マンションに戻り、階段へ、5階と7階で休憩。
今日は、のぞき坂といい、階段といい、凄くきつい。
やはり、夜練は毎日やらないとダメだ。

さあ、BOSS見なくちゃ、あら、もう、22時半・・・。
えー、野立が、黒い月とつるんで警視総監を誘拐???

関東周辺スポーツサイクリング・コースガイド

2009年06月16日(火)

先日、「関東周辺スポーツサイクリング・コースガイド 山と渓谷社=編
を買った。
池袋のジュンク堂書店、自転車関連のコーナーで、手にとって
迷わず買ってしまった。
東京、神奈川、埼玉、千葉の27コースが出ている。
白石峠、和田峠、風張峠、大垂水峠、ヤビツ峠、梅野木峠、
道志道、三浦半島、養老渓谷、東京オリンピックのコース、等々、
何しろ、米治郎の知っている自転車で行くべきところはすべて網羅されている。
地図ももちろん出ていて、この地図がわかりやすい。

27コース、この中で、このコースそのものを制覇したのは、
”三浦半島一周コース”、完全にこのまんまだった。
すべて、制覇したい。

自転車の乗るということ

2009年06月15日(月)

昨日は乗らなかった、今日も雨で乗らなかった。
”乗れなかった”ではなく、”乗らなかった”。

子供の頃、自転車によく乗った。ほとんど毎日乗った。
小学生の高学年の頃、”セミドロップハンドル”が流行った。
なぜか、そういう自転車は、リアー、そして、フロントに
方向指示器がついていた。そして、トップチューブに、
自動車のオートマチックシフトのようなギアチェンジがついていた。
映画の”20世紀少年”にそういう自転車が出てくる。

当時の米治郎、自転車に乗ることは、自分の持っていることを
突破できる唯一の手段だった。何でもできると思った。
どこへでもいけると思った。その延長線に自動車があった。
自然に、その興味は、自動車へ移っていった。
中学生の頃、興味はさらに奥深く自動車レースへ行った。
自動車、自分の持っているものを自転車よりさらに突破できると思った。
その頃、友達は皆、憧れは、野球のスター選手だったり、
オリンピック選手だったり、スター歌手だったりしたが、
米治郎の憧れは、当時のドライバー、ジャッキー・スチュワート、
エマーソン・フィティパルディ、カルロス・ロイテマン、
ブルース・マクラーレン、デニス・フルム、ジャン・ピエール・ジャリエ、
ハンヌ・ミッコラ、ティモ・マキネンだった。

18歳になるのが待ち遠しかった。
オートバイへの興味は全くなかった。
オートバイは、自転車の延長だと思った。
誤解のないように言っておくが、その頃はそう思ったが、
後年、そういう思いは消え、オートバイに乗りたいと思ったときは、
すでに遅かった。
免許を取って、自動車に乗り始めた。
”ヒール・アンド・トウ”、”左足ブレーキ”、”アウト・イン・アウト”、
”逆ハンドル”、”カウンター”、中学生から、学習した運転方法をすべて試した。
まさに、自動車は、”モビルスーツ”だった。

事故も起こした。幸いにして小さな事故だったが、必ず、相手がいた。
自動車の怖さを知った。まさに、走る凶器だと思った。
段々と、自動車への興味は薄れ、単なる移動手段になった。
そして、自動車は、自分の力で走っているのではないことを
実感してきた。”モビルスーツ”ではなかった。

自転車への再会。
自転車、まさに”モビルスーツ”だ。
自分の力を増幅させる。
坂や峠を上ること、距離を走ることが、自分の本能、闘争心を駆りたてる。
忘れていたことを思い出させてくれた。

自転車、最高!

東京ポタリング

2009年06月13日(土)

本日の走行距離 133.18km
本日の走行時間 8時間40分10秒 
本日の平均速度 20.2km/h
本日の最高速度 44.9km/h
総走行距離   4006.5km

木曜日、峰男からメールが来た。

峰男「今週はどうするの?和田リベンジ?」
米治郎「無理、無理、もう少し鍛錬してから」
峰男「じゃ、箱根は?」
米治郎「もっと無理、往復で250kmくらいだから
    帰るの夜中になっちゃうよ、江ノ島あたりでいいんじゃない」
峰男「そうだね、その辺だね」
米治郎「日曜より土曜の方が天気が良さそうだから
    土曜に行ったほうが良いけど、休めるかわからないから
    金曜の夜に連絡する」

と、言って、金曜の夕方、
峰男「どう、決まった?」
米治郎「行けるよ、でも、江ノ島どうかね?」
峰男「じゃ、大井埠頭とかは」

と、少し激坂をやって、大井埠頭から葛西あたりを走ることにした。
朝7時に五反田集合。
まず、五反田と目黒の間のノールさんに教わって、
ノールさん、ナオコバと行った”名無し坂”、
峰男は、クランクを変えたので難なくクリア、
次は、”行人坂”、ここもクリア、そして、”ドレメ坂”を
クリアして、大井埠頭へ向かった。

大井埠頭の新幹線基地。ここは、車で湾岸へ向かう時に
通ることがあるが、車で通り過ぎていたら、見つけられないものを
車庫から少し出ていて発見した。
米治郎、何年も、年に何十回、新幹線に乗っているが、
今まで、一度も見たことがなかった車両だ。
”ドクターイエロー”、”鉄”の人たちは知らない人はいないほど、
有名な車両だが、実際に見た人はそんなにいないはずだ。
これは、”700系”と同じ外観だが、色がその名のとおり、黄色で
黄色い新幹線、点検用車両だ。白い普通の新幹線と同じスピードで
走り、架線の電気の具合や、いろいろな事を点検する世界に誇る
日本の新幹線の縁の下の力持ちだ。

それが、車庫の隙間からチラッと見えた。
ドクターイエロー車庫1

もう、ホームで新幹線を見て喜んでいる子供状態だ。
新幹線揃い踏み
こんなのも撮っちゃいました。
giantと新幹線


新幹線基地を後にして、大井埠頭のツアー・オブ・ジャパンの東京のコースを走る。
しかし、ダンプとコンテナを積んだトレーラーが凄まじい。
やがて、つばさ公園、ここは羽田空港の対岸にあり、
離陸していく飛行機がすぐ上、手が届きそうなところを通過していく。
それにしても、峰男はこの付近、詳しい。
彼は、”釣り”の趣味もあり、この付近にポイントが多く、
よく来るそうだ。
同じ兄弟で、峰男は多趣味だが、米治郎は、自転車が初めての趣味らしい
趣味である。
さて、つばさ公園を後にして、葛西方面へ向かうことにする。

そこで、また、新幹線基地の上を渡る。今度は、ドクターイエロー、
場所を変えて車庫から出てきていた。全景が見渡せた。
ドクターイエロー

ドクターイエローとN700系
N700とドクターイエロー

GIANT君とドクターイエロー
Giantとドクターイエロー
新幹線基地を満喫した。これは自転車で来ないとできないことだ。

海岸通りで品川の裏側を抜けて、新橋へ出て、中央通りへ出る。
新橋から日本橋まで中央通りを走る。もちろん、銀座4丁目も。
ここの交差点、信号で止まるのは恥ずかしいと思ったが、
止まってしまった。恥ずかしいついでに、和光の前で
記念撮影と思ったが、峰男から恥ずかしいから止めてくれと
懇願されて通り過ぎる。GIANT君の和光前の画像はなし。
日本橋の交差点で、中央通りから永代通りへ右折。
門前仲町、富岡八幡を抜けて、荒川へ出る。
荒川を渡って、葛西方面へサイクリングロードを走る。
kozoさんと走った場所だ。そのうち、戻ってきてほしい。

葛西で休憩する。ここで、峰男からSPDの靴を借りて、
ビンディングとロードバイクの試乗。
なかなか、カチッと入らないがコツをつかんだら
カチッと入った。米治郎、初のロードバイク、
初のビンディングである。
ドロップハンドルの自転車に乗るのも初めてである。
ロードバイクのポジションは、峰男に合っているので
いまひとつだったが、ビンディングの良さを実感した。
あー、これは良い、真剣に検討しようと思う。

葛西から荒川CRへ戻る途中で、米治郎が前にいた会社の
上司のSさんにすれ違った。彼は、米治郎より、5、6歳くらい
上のはずだが、10年位前、ロードレーサーでバリバリだった。
その頃は、「自転車なんて・・・」と思っていた。
その彼が、同じ”EscapeR3”に乗っていた。
思わず、声をかけた。
米治郎「Sさーん」
Sさん「ああ」
そして、少しに自転車談義。
当時、乗っていたロードレーサーは、駅の自転車置き場で
盗まれたそうだ。たぶん50万くらいじゃないか・・・。
また、どこかで会えることを期待して別れた。

養老爺さんから峰男にメールが入る。
養老爺さん、今日は、娘さんの音楽会で自転車は欠席。
しかし、終わったので、峰男のバイクの調整をして
いただけるとのことで、世田谷へ行くことにする。
世田谷へ行くついでに、最近、少しご無沙汰なので、
母のところへも寄ることにした。

葛西から荒川CRを上流方向へ上り、千住新橋で、日光街道へ出て、
日光街道を上の方面へ進む。途中、白人のローディーさんに
抜かれる。凄くでかい尻と凄く太い太もも、乗っている
コルナゴが小さく見える。
上野の京ラーメン、”店の名前忘れる(台東区上野6-6-6)”で昼食。
ここは、前は”ますたに”ラーメンだったが、店の名前が変わっていた。
前にある”麺屋武蔵”は混んでいたのでこちらにした。
店の名前は変わっていたが、なぜか同じ味だった。
少し辛めのとんこつ系のスープに細麺、これが意外と京都風なのか
なぜかあっさりしている。お向かいに”麺屋武蔵”はいつも行列だが、
こちらは行列ができているところを見たことがない。

ラーメンを食べてから、御徒町の自転車屋巡り、ODボックスは
エレベーターに乗るのでパス、場所だけ峰男に教える。
そして、Y'sの上野アサゾー店へ、ロードで、部品大好きの
峰男にぴったりのお店と思いきや、店の前で拒否反応。
峰男「いいよ、いいよ、また今度自分で来るよ」
やはりその格好と、”元なんちゃってロードバイク”が
急な恥ずかしさを呼び起こしたか・・・。

御徒町から秋葉原を抜けて、神田へ出て、祝田橋から
皇居へ出て、平川門の目を右折して、竹橋を渡って、
代官町から、千鳥が淵で左折して、英国大使館を右手に見て、
半蔵門を右折して、甲州街道へ入る。四谷、新宿を抜けていく。
新宿駅南口の信号でまた止まる。ここも人が多いので結構、恥ずかしい。
山手通りを渡って、環七を左折、井の頭通りを渡って、次を右折。
井の頭線の東松原、小田急線の梅が丘を抜けて、
世田谷区役所下を抜けて、母の家へ。
世田谷は、タクシーの運転手さん泣かせの道が多いが、
自動車のセールスをやっていた頃、世田谷営業所だったので、
昔取った何とかで、米治郎、世田谷の抜け道には詳しい方だ。

母は、世田谷に独りで住んでいる。
兄弟が二人ともこの歳になって、自転車を始めたことを知らない。
しかも、二人だけで、訪れるのも初めてだ。
実は、昨日、奥さんから言われていた。
奥さん「峰男さんと二人だけで行くなら、
    母の日も行かなかったんだから、どうせならお母さんのところ
    行ってきたら」
米治郎「おお、そうだね」
母は、突然の二人の息子の訪問に喜んでくれた。
しかし、その姿にはびっくりしたようだ。
特に、峰男は、レーパンにジャージのバリバリの格好だったので・・・。

母のところを後にして、養老爺さんの家を目指す。
途中、なかなか行けなかった”岡本3丁目坂”を当然通っていく。
この坂は、我が母校にも近いので、昔から知っていた。
車で下りるのもたいへんな坂だった(下る一方通行)。
もちろん、フロントはインナー封印で、”38”、
後ろは、3速、”24”で登坂成功。
峰男も難なくクリアー。
この坂、上りきったところが、すぐに交差点になっていて、
しかも、交通量が結構多いので、危険である。
上りきったところで、車が来た、後ろから上ってきた
峰男は、車とご対面、しかし、彼は上りきることを優先。
車に待ってもらった。

”岡本3丁目坂”クリア
岡本3丁目



峰男、養老爺さんに、電話する。
すると、10分で行くからとのこと。
彼のところからいくらなんでも10分は無理だった。
しかし、なんと、15分で到着、速い。
坂の上で待っていると、養老爺さん、シッティングで上ってくる。
難なくクリア。そして、次は、養老爺さんお勧めの
成城の明正小学校横の坂を目指す。成城と喜多見の間は、
谷になっているので、結構、激坂が多い。
不動坂やビール坂などがあるが、米治郎はすでにクリアしている。
しかし、この”明正小学校横坂”は知らなかった。
不動坂やビール坂は車も通り、途中で、曲がっていて、
勾配を稼いでいるが、この”明正小学校横坂”は、
車も通れず、真っ直ぐで距離もないので、斜度がある。
しかも、最後の5mくらいがさらに急になっている。
米治郎、インナー封印でクリア、峰男もクリア。
養老爺さんもシッティングでクリア、しかも、お替りで
再度、クリア。今日、ほとんど乗っていないので、
乗り足りないようだ。

そして、峰男と二人で、養老爺さんのガレージへお邪魔する。
養老爺さんのガレージは、レース用のミニバイクの
修理、メンテナンスもすべて自分でやってしまうので、
自転車、バイク用の工具が何でも揃っている。
もちろん、それを使いこなす腕も知識も相当なものだ。
すぐにでも、バイク、自転車のお店を開ける。
峰男の自転車のギアの調整をしてもらった。
おまけにチェーンの清掃も、ついでに米治郎のGIANT君も。
コンプレッサーまであるのにはびっくりした。
チェーンをチェーンクリーナーをはめて洗浄して、
水をかけて、洗浄液を落とし、コンプレッサーのエアーで、
水分を飛ばして、チェーンオイルを塗ってもらう。
チェーンもギアもきれいになった。
近くのコンビニへ行って、しばし、雑談。
その後、解散。

世田谷から甲州街道へ出て、環八を渡り、水道道路へ入って、
井の頭通りから方南通りで新宿を抜けて、小滝橋通り、
早稲田通りで高田馬場を抜けて、新目白通りを渡って、
”のぞき坂”へ、久しぶりののぞき坂。
インナー封印の後ろを”21”でチャレンジしたが、
やはりまだ無理、坂の途中で、”24”へチェンジ、
危うく足をつきそうになる。やはり、”21”じゃ無理なのか?
下って、マンションの階段へ、今日は結構来ていた。
帰ってきてからのこの階段、脚がどのくらい残っているかの
バロメーターだ。今日は、峠も行ってないし、坂も
そんなに上っていないのに、すごくきつくて3回休んだ。
何か、疲れがたまっているような感じだ。
しかし、この自転車に乗った後の疲労感。
たまらない・・・。

しかし、東京都心を良く走った。

週一になってきた夜練

2009年06月11日(木)

本日の走行距離 22.18km
本日の走行時間 55分10秒 
本日の平均速度 24.1km/h
本日の最高速度 42.4km/h
総走行距離   3878.1km

今日は、午後から晴れてきた。
月曜は、火曜の早朝出張のために乗らず、
火曜は、出張で帰宅が遅かった。
昨日の水曜は、飲みに行ってしまった。
そして、今日、夜練のために早く帰ってきた。
奇跡的に19時半に帰宅、すぐに夕食を食べて、
20時30分にGIANT君と階段へ。
ストレッチをして、20時40分スタート。

学習院下から新目白へ出て、まず、”なんちゃって尾根幹”を
3往復、こりゃ、効いた。特に3本目は、ヘロヘロ。
だが、4本目できそうだったが、米治郎、”4”という数字は
ダメなので、5本やらないといけない、5本はできそうになかったので、
3本でやめた。目白通りから不忍通り、護国寺から音羽通り、
江戸川橋から新目白通り、2周目に突入。
”なんちゃって尾根幹”、2周目は、上って終わり、
目白通りから不忍通り、音羽通りから新目白通りで早稲田から
入ってきて、今日はおしまい。2周、きっちりと走った。

さあ、”BOSS”、見なくちゃ・・・。
プロフィール

高田米治郎

Author:高田米治郎
米治郎の道草日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。