スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早く着きすぎた・・・

2009年09月27日(日)

本日の走行距離 190.38km
本日の走行時間 8時間34分22秒 
本日の平均速度 22.2km/h
本日の最高速度 45.2km/h
総走行距離   5845.7km

昨日、予告してしまった。
寄居の蕎麦屋、上総屋へ行くと・・・。
そして、赤羽根岩淵水門、6:15通過。

4時半起床、5時15分、GIANT君と階段を下りる。
王子駅前、三重衝突、何でこんなところで追突・・・。

王子駅


5時半、スタート、6時、赤羽岩淵水門着。
15分待つが、やはり、誰も来ない。
そのまま、荒川CRを行く。
秋ヶ瀬橋、江北橋、入間大橋で、入間CRに入って、
落合橋で、国道254号線へ、すぐのマクドナルドで、小休止。
そして、そのまま、254を行く。東松山を経て・・・。
白石峠、ちょっと、左へ曲がることへ心が揺らぐ。
だが、今日の目標地点は、寄居の上総屋だ。

この前、和田峠上ったばかりだし、そのまま254を行く。
そして、嵐山を過ぎ、いよいよ、寄居へ入る。
そして、寄居駅前、上総屋へ到着。
あははははは、9時55分。早すぎた・・・。
上総屋

上の画像、右隅に自転車に乗って写っている人が、ここのご主人。

ご主人「あれー、まだ開けないよ」
米治郎「ちょっと早く来すぎちゃいました」
ご主人「今、畑から野菜取ってきて、これから蕎麦打つからね、
    あと、1時間くらいはかかるよ、もうちょっと、その辺走ってきてよ」
米治郎「あー、わかりました(心の中で・・「また、来ます」)

こんなに早くは、開けてもらえない。
1時間、中途半端なので、そのまま、引き返す。
また、今度来れば良いや、と、切り替えの早い米治郎である。
そう、蕎麦が目的じゃなく、寄居が目的地だっただけである。
寄居駅


254を引き返していく、寄居のコンビニで、小休止。
おにぎりと肉まんで腹ごなし。蕎麦がおにぎりと肉まんに早変わり。
そして、再スタート。

行きに見た、ホンダの工場造成地で記念撮影。
ホンダ寄居
そう、ご存知の方も居ると思うが、ここは、ホンダが自動車工場を
作ろうとしたが、この世界不況で、中止にした場所だ。
造成は、ほぼ終わって、254を挟んで、両側が造成地なので、
254の上に橋まで2本かかっている。
ここまで準備して、ホンダは寄居工場を断念した。
ホンダ寄居2

もうとっくに、できている予定だった。
ホンダ寄居3

そして、254を進む。トンネルを越え、山を一つ越えると、小川町に入る。
こちらも行きに見ていた。
ホンダの小川町エンジン工場だ。こちらは、そのまま工事の継続が決定して、
建物もできていた。
ホンダ小川町
折角なので、坂を上がって、正門から入っていく。立派な工場だ。
”埼玉製作所 小川工場”の看板、よしここで記念撮影と思いきや、
ホンダのつなぎを着た警備員さんに呼び止められた。
正面での撮影は断念。

これだけの規模の工場だと、それぞれの町へ落ちるお金も半端ではない。
山を挟んで、寄居町と小川町、明暗が分かれてしまった。

そんなことを考えながら、254を走る。
途中、東松山の先、行きも気になっていた比企自転車道へ思い切って入ってみる。
予定だと、このまま、荒川CRに入れるはずである。
しかし、そうは問屋がおろさなかった。
なんと、橋の手前で、CR終了、地図が出ているが、わかりにくい地図。
そのまま、東方面を目指して、一般道を走る。しかし、行けども行けども
荒川CRはない。”道の駅よしみ”があった。ここでそこにある地図を確認。
あらら、随分行き過ぎた。サクラ堤公園はずっと手前で、方角が違った。
実は、この辺から、方向感覚がおかしくなっていた。

やっと、サクラ堤公園へ出て、荒川CRに入る。少し走ると、サクラ堤公園が
終わってしまい、土手になる。ここですぐに気がつけばよいもののそのまま、
3kmくらい走ってしまう。
さいたま側のサクラ堤の終わりは、すぐ道路にぶつかっていた。
ところが、森林公園寄りは道路がなく、土手になる。この前来たのに、
思い出せていない。なんかおかしいと思いながら、逆に走っていた。
東京から離れるばかり。地図があって、やっと気がつく。
引き返して、6kmほど余計に走る。サクラ堤をもう一度走って、
そうそう、終わったら、道路があって、ここを渡って、土手になる。

そのまま走って、ホンダ航空で小休止、持参のバナナを食べる。
再スタート、入間大橋、江北橋と順調に進む。
田んぼ、竹やぶと過ぎて、秋ヶ瀬サーキット、今日は、カートではなく、
バイクのレースをしている。養老爺さん、インフルにかかりそうだと言って
いたから居ないだろうと思い、そのまま進む。秋ヶ瀬公園ではなく鴨川土手を行く。
秋ヶ瀬橋を渡って、朝霞水門、いつもの板橋の公園で、小休止、水を浴びて、
持参のジャムパンを食べる。今日は、いつものジャムパンが売り切れで、
高級ジャムパン、しかし、安いほうがうまい、こっちは高級すぎて・・・。
(って、15円高いだけ)
そして、岩淵水門、新田アイランド、王子、池袋を過ぎて、鬼子母神を越えて、
マンション下到着。階段上って、自宅到着、15時40分。

今日は、いつもの100kmくらいで止めるはずだったが、
昨晩思いついて、予告して、寄居まで行ってしまった。
しかも、蕎麦、食えなかった、まあ、でも良いか・・・。
190km走ったから・・・。
スポンサーサイト

明日の目的地、寄居の上総屋

2009年09月26日(土)

明日の目的地、埼玉県寄居駅前、蕎麦屋、上総屋

荒川CRを行って、国道254号線から、寄居を目指す。

赤羽岩淵水門、6:15通過予定。(寝坊しなければ・・・)

チューブ交換

2009年09月25日(金)

今日は鬼の居ぬ間、最終日。
営業先から直帰して、明るいうちに家に帰れた。
そこで、夕飯前に、一仕事。

そう、先日の前輪空気抜けのチューブ交換。
前輪を外して、タイヤを外し、チューブを取り出す。
エアーを入れてみるが、入っていくし、見たところどこからも抜けていない。
やはり、バルブが曲がっている気がするので、ここから漏れているのか、
と、ペンチを持ってきて、真っ直ぐにする。
そして、バケツに水を汲んできて、チューブを漬けてみる。
すると、泡が出ている。水の中から取り出し、
その泡が出ている付近を一生懸命見るが、穴など見えないし、
空気の漏れている音も聞こえない。もう一度、水に漬けてみる。
やはり、同じところから泡が出てくる。これで、決まり。
サドルバックから新しいチューブを取り出し、
少し、空気を入れて、フラップにはめて、タイヤをかぶせていく。
最後、弛んだ部分をひき付けて、そこをはめ込んで出来上がり。
前輪を取り付けて、家においてあるポンプで、空気を入れて完成。
この間、15分、こんな短時間でできてしまうなんて、自分でびっくりである。

半年前、自分でやろうとして、1時間かかっても全くできなくて、
近所の自転車屋に持っていったこと、
ナオコバといった白石の帰り、ナオコバの前輪がパンクしたのを
二人で、やはり1時間かけてもチューブ交換できずに、
結局、偶然近くにあったホームセンターでチューブ交換してもらったこと、
それらの出来事が、夢のようである。

これもひとえに養老爺さんの講習会のお陰である。
養老爺さん、感謝、感謝、である。

鬼の居ぬ間のジテツウ

2009年09月24日(木)

本日の走行距離 13.30km(行き6.61km、帰り6.69km)
本日の走行時間 43分24秒 
本日の平均速度 18.4km/h
本日の最高速度 44.3km/h
総走行距離   5655.2km

今週いっぱい、社長夫婦がいない、だから、
鬼の居ぬ間の、久しぶりのジテツウ。

昨晩は、和田から帰って、晩酌。
久しぶりに爆睡、20時前に寝てしまい、熟睡、
12時に目が覚めたが、すぐに寝て、5時過ぎまで、
また、熟睡、計9時間の熟睡、こんなに寝れたの久しぶり。

昨日から決めていた、ジテツウ、
だが、昨日、前輪の空気抜け、気になっていた。
家のポンプで思いっきり、入れておいた。
今朝、抜けていたら、今日のジテツウは諦めようと思って寝た。
ところが、今朝、起きて確かめたら全く抜けていなかった。

そのまま、起きて、準備、
6時半に、GIANT君と階段へ。
6時55分、ストレッチしてスタート。
汗をかかないように、ゆっくり行った。
30分かからないところを50分かけて走った。
7時45分、会社に着いて、奥さんに電話。

米治郎「会社着いた」
奥さん「いつもより遅くない、どこか寄ったの?」
米治郎「どこも寄らない、汗かかないようにゆっくり行った」
奥さん「納得、わかった、じゃあね」

昼、前輪を確かめる、やっぱり抜けている。
しかし、前の晩から、12時間くらい抜けなかったのに、
朝、会社に着いてから、5時間で、プアプアに抜けている。
これって、どういうことだろう???
とりあえず、18時以降、定時が終わったら、
空気入れてみなければ・・・。

18時半、仕事終わって、空気入れてみる。
入っていく、しばらくは、抜けない。
しかも、自転車を置いているところは、
真っ暗で、ほとんど何も見えない。
ここで、チューブ交換できるほど、まだ、経験は積んでいない。
でも、騙し騙し、帰って、家で、週末にチューブ交換しよ。
そして、19時、会社を出る。
帰りは、汗をいくらかいても構わないので、
足のあるったけ、飛ばしていく、
しかし、あちこち、筋肉痛。

今朝、乗ったときにわかった、というか、実感したが、
ノールさんの凄さ、まさやんさんの凄さ、良ーくわかった。
二人とも、連日で、峠三昧・・・。

米治郎、昨日、和田峠上って、
また、今日もどこかの峠、
無理です、無理です。
やはり、レベルが違いすぎる。

実感しながら、マンション下到着。
空気、抜けている、やっぱりダメだ。

階段へ、距離乗っていないから、一気に9階までを目指したのに、
7階で小休止、余裕なかった。

和田峠、制覇!

2009年09月23日(水)

本日の走行距離 153.39km
本日の走行時間 7時間32分47秒 
本日の平均速度 20.3km/h
本日の最高速度 55.6km/h
総走行距離   5641.9km

今日は、米治郎、誕生日である。
今日で、52歳になった。
あと30年くらい生きられれば、誕生日も目出度いのだろうが、
このくらいの歳だと、目出度くもなんともない。

今日は、まさやんさんからお誘いをいただき、
ノールさんと峰男の4人で、和田峠。
4時半に、まさやんさんと、新目白通りと山手通りの
交差点、中落合2丁目交差点で待ち合わせ、
そして、6時45分に多摩サイの府中四谷セブンイレブンで、
ノールさんと峰男と待ち合わせだ。

ところが、深夜2時、ノールさんからメール、
やはり、風邪が治らないらしい、体調不良で欠席。
久しぶりだったので、残念だが、早く治って、
また、ご一緒したい。

3時15分起床で、4時にGIANT君と階段へ。
ところが、GIANT君の前輪の調子がおかしい。
空気が抜けている。パンクか???
昨日帰ってきたときは平気だったのに・・・。
皆が寝ているので、ベランダに置いてある
空気入れを取りにいけないので、
そのまま、GIANT君を担いで、階段を下まで下りる。
携帯用空気入れで、入れてもダメなら、チューブ交換、
と、思ったが、空気が入った。よし、約束の時間に間に合う。
4時15分、待ち合わせ場所へ、25分、まさやんさんらしき
ミニベロに乗った人、到着。

米治郎「まさやんさんですか?」
まさやんさん「米治郎さんですか?」
米治郎「はいそうです、初めまして、今日はよろしくお願いします」
まさやんさん「こちらこそよろしくお願いします」

と、初対面の挨拶を済ませて、スタート、
まさやんさんの知り合いで、オッキーさんという人も
同行するらしい。
山手通りから中野坂上で青梅街道へ入り、高円寺で、
オッキーさん合流、LOOKのローディーさんだった。
3人で、高円寺から荒玉道路へ入り、多摩サイを目指す。
順調に進み、狛江付近から多摩サイへ入る。
まさやんさんの先導、サインの出し方、速度と申し分ない、
すごく走りやすい、流石である。

府中四谷セブンイレブンに、6時半到着。
峰男はまだ来ていない。45分、時間ぴったり峰男到着。
米治郎の前輪も、まだ、大丈夫だ。
まさやんさん、米治郎、オッキーさん、峰男の順でスタート。
まさやんさんの先導で、少し戻って、四谷橋を渡って、浅川沿いを進む。
多摩サイと違い、人が少なく、ものすごく走りやすい。
しかし、対岸へ渡ったり、戻ったりと、すごく難しい。
大和田橋南詰交差点へぶち当たった、こりゃばっちりだ。
しかし、前輪の空気が怪しい、抜けてきた。
しかし、騙し騙し行く。20号線から陣場街道へ入る。
そして、コンビニ休憩、前輪にエアー補給。
入った、まあ、大丈夫だろう。

そして、陣場高原下バス停到着。
バス停

小休止後、いざ、和田峠へスタート。
最初は緩やかで段々と斜度が増していく。
そして、前回足を着いたところを越える。
まさやんさんが、米治郎のペースにあわせてくれて付いてくれる。
すごく心強い。そして、最後の左カーブを回って、直線、あともう少し。
そう、インナー使っていない。前回玉砕したときより、足は付いていた。
そして、ゴール。
「やったー!和田峠制覇だ!」
先の上っていたオッキーさんが出迎えてくれた。

和田峠

そして、峰男も遅れて上ってきた。

みんなで、ひとしきり、和田談義、この後、峰男はここで離脱、
和田峠を降りて、家族のもとへ帰る。

まさやんさん、オッキーさん、米治郎は、裏和田を降りて、
”ラピュタ”を目指す。
米治郎、怖い物見たさ、というか、とりあえず、見るだけ。
裏和田を大分降りて、ラピュタ入り口。
分かり辛い場所だ、そして、すぐ上り、
しかし、まさやんさん曰く、まだ、入り口、
鋭角カーブからがラピュタ。

鋭角カーブにたどり着く。
まさやんさん上っていく。
オッキーさん、様子見。
米治郎、怖い物見たさで上る。
米治郎の人生で例えようが斜度、これが700m続くらしい。
米治郎、100mで降参、手を挙げて、もうお腹一杯でした。

下で待つ。
ラピュタ1


この画像だとわからないが、実は凄い角度、
さらに、100m行くと、斜度は増す。
ラピュタ2

米治郎、下で待つ。
しばらく経つと、まさやんさん、満面の笑みで下りてくる。
まさやんさん、ラピュタ制覇、素晴らしい。
オッキーさんも制覇。
お二人とも素晴らしい。

ラピュタの下で、まさやんさんとオッキーさんは、裏和田を上っていく。
ここで、お二人とはお別れ、米治郎はそのまま下って、
20号線から、相模湖、津久井湖、橋本へ出て、多摩ニュータウン通りで、
関戸橋、東八道路を目指す。ここは、RYUさんに教えていただいた道。
トンネルも、全て車道を行く。関戸橋を渡って、東八道路、
人見街道から井の頭通り、方南通りで、新宿、小滝橋から
早稲田通りで、明治通りを越えて、マンション下到着、14時50分。
さあ、階段、7階で小休止して、9階、自宅到着。

やったー、和田峠、制覇。

これもまさやんさんのお陰です。
ありがとうございます。

朝練50km at荒川&いつものコース

2009年09月22日(火)

本日の走行距離 57.85km
本日の走行時間 2時間37分09秒 
本日の平均速度 22.1km/h
本日の最高速度 45.0km/h
総走行距離   5488.3km

今朝は4時に起きて、4時50分朝練スタート、
少し、雨が降っているが、スタートしたら止んだ。
明治通りへ出て、池袋、王子、新田アイランドを経て、荒川CRを目指す。
明日があるので、そんなに距離は走らないつもりで荒川CRに入る。
マラソン大会の立て看板が出ている。

※ 注意
  10月18日(日)に”タートルマラソン大会”があるそうです。
  15,000人のランナーで荒川CRが溢れるそうです。
  この日は、たぶん、全く自転車は走れないのではないでしょうか・・・。

実は、100km走れたら走ろうと思っていたが、やはり空模様が怪しい。
岩淵水門を過ぎたあたりから、雨が降ってくる。
霧雨のようだったが、朝霞水門の手前で、結構降ってきて、
雨が顔に当たる。一気にモチベーションが下がる。
朝霞水門を過ぎると、さらに強くなってきたので、戻る。
岩淵水門まで戻ると、止んできた。新田アイランドから、
王子、池袋で、護国寺をまわって、夜練のコースへ。
音羽通りを飛ばしていく。江戸川橋を右折して、新目白通りへ。
明治通りを越え、山手線をくぐり、”なんちゃって尾根幹”坂、
今日は、1回上るのみ、明日、まさやんさんとの待ち合わせ場所、
”中落合2丁目交差点”で山手通りを渡り、西落合1丁目交差点で、
右折して、目白通りを走る。目白駅、雑司ヶ谷駅を過ぎ、
目白台2丁目で、不忍通りへは左折せず、そのまま、目白通りを行く。
カテドラル教会、椿山荘を過ぎ、目白新坂を下り、右手にある

関口フランスパン”へ入る。そう、いつものコースまで帰ってきたとき、
急にここの”バケット”が食べたくなっていた。ここは、カオルが小学生のとき、
カオルの出た小学校で給食にここのパンを使っていたので、その頃から
知っていて、時々買ってきていたが、最近、全く、食べていなかった。
今朝、なぜか、思い立って買いに行った。最近は、”バケット”なんて
洒落た名で呼ばれているが、昔は、”フランスパン”だった。
”関口フランスパン”は、店名にフランスパンとあるが、
日本のフランスパン発祥の店らしい。

マンション下に到着。GIANT君を1階に繋いで、パンだけ持って、
エレベーターで9階へ、パンを届ける。この時点でまだ、8時前。

米治郎「ただいま、関口フランスパン買ってきた!」
奥さん「おかえり、あっ、バケット、久しぶりだね」
米治郎「じゃ、自転車取ってくる」
奥さん「はーい、いただきまーす」

そして、再びエレベーターで1階へ降りて、
GIANT君を担いで、階段へ、
今日は一気に休憩なしで、9階まで上る。

さあ、明日は、和田峠だ。

尾根幹トレーニングwith大学校坂&連光寺坂

2009年09月20日(日)

本日の走行距離 106.03km
本日の走行時間 5時間14分40秒 
本日の平均速度 20.2km/h
本日の最高速度 52.1km/h
総走行距離   5430.4km

今日は、昨日の予告通り、尾根幹へ行ってきた。
5時、家を出る。少し早めだが、ゆっくり行った。
西方面へ向かうときのお約束、都庁前で。
都庁2
なんか後ろが流れているいい感じで撮れた
都庁1
誰も来ないかもしれないが、一応、狛江のミニストップを目指す。
甲州街道を渡って、東松原から梅が丘、経堂、千歳船橋、
祖師ヶ谷大蔵を抜けて、成城へ出る。
途中、成城の明正小学校横坂をいただく。久しぶりの坂。
明正1
坂の全体像はこんな感じ
明正2

ここで、5時50分、峰男からメール、
「これから行きます」
「はいはい、待っているよ」
6時10分、狛江(和泉多摩川)ミニストップ到着。
7時、峰男到着、今日はカル号だ。多摩サイへ出る。久しぶりだ。
人が多い。その前に、峰男が米治郎のリアの
ディレイラーを調整してくれた。
リアのギアがおかしかったのが直った。
多摩サイをゆっくり走る。多摩川原橋を渡って、
府中街道へ右折して、大丸の交差点から連光寺坂へ。
峰男はカル号なので、どんどん行ってしまう。
しかし、途中で追いつき追い越す。
バス停でゴールして小休止の後、峰男が養老爺さんから教えられた
”大学校横坂”へ行こうと提案、断る理由もないので、ついていく。
下っていく、どんどん下る、結構斜度がある、すごく長い下り、
やっと、スタート地点へ到着。折り返して上っていく。
これは良いトレーニングになる。連光寺坂より良いかもしれない。
ゴール間際、斜度がきつくなりゴール、米治郎は、折り返して、
再挑戦、もう一度いただく、最後の急斜面、たぶん、和田の途中は、
こんな息切れ方になるだろう、3回目は止めといたが、3回やると、
和田峠って感じに近くなれるかも・・・。
農業大学校

さて、尾根幹へ入る、今日は自転車そんなに多くない。
峰男も好調に走っていく、好調だと、米治郎追いつけないで離される。
しかし、久しぶりだからこんなものだろう、町田街道のセブンイレブン到着。

さあ、もう一本と小休止の後、戻っていく、JOMOまで戻って、
2本目スタート、峰男は疲れている。今度は米治郎が先行した。
そして、町田街道セブンイレブン到着、小休止して戻る。
今日はこのくらいにする、途中、稲毛のファミレスで昼食食べて、
多摩川の手前で峰男と別れる。多摩川原橋を渡って、調布から
旧甲州街道を行き、調布警察の手前から甲州街道へ出る。
甲州街道はめちゃくちゃ混んで大渋滞、見ると、遠くからのナンバーが多い。
たぶん、中央高速のどこからわからないが、1,000円で走るために、
東京の手前で降りた奴らで混んでいるのだろう。
環八を越えると渋滞は収まっている。水道道路へ出て、
浜田山から、井の頭通り、方南通りを通って、新宿へ出る。
途中、西新宿の病院で記念撮影。ここはあの”の○ピー”が入院している。
ノリピー

小滝橋通りから小滝橋で右折して、早稲田通りへ入って、高田馬場駅を越え、
左折して、新目白通りから、明治通りを越えて、久しぶりに、”のぞき坂”、
うんうん、まあまあ、上れる。マンション到着、階段へ、6階で休憩して
9階到着、13時30分。

なんとか、23日の和田峠の練習になっただろう。

久しぶりに走るノールさん、そして、初めて走るまさやんさん、
二人とも、正真正銘の自他とも認める”sakabaka”さん、
何とか迷惑をかけないようにがんばろう!
なっ、峰男!

明日、尾根幹行きます。

2009年09月19日(土)

明日、連光寺坂から尾根幹へ行きます。

この連休、峰男と和田峠へリベンジへ行く予定にしていた。
それを見てくれたまさやんさんからお誘いをいただいた。
23日にノールさんと暗峠対策で和田峠からラピュタヘ行くので、
ご一緒しませんかとのお誘いだった。
久しぶりにノールさんと走る。まさやんさんとは初めてだ。
遅れすぎて、迷惑をかけるわけにはいかない。

その練習に、明日、連光寺坂から尾根幹に行く。
ここのところ、夜練もできなかったし、週末走るのも、
平地の荒川CRのみ、”のぞき”も上っていない。
その対策にとりあえず、連光寺坂から尾根幹だ。

いつもの世田谷通り、狛江ミニストップに6時半。
寝坊しなければ・・・。

人間ドックと飲み会

2009年09月18日(金)

今日は人間ドックだった。
去年の10月から自転車始めて、11ヶ月、
去年の人間ドックから1年、実は結果が楽しみだった。
米治郎の会社は、所謂ソフトウェア会社である。
健康保険組合は、関東ITソフトウェア健康保険組合という
健保組合に加入している。この健保組合の健診センターが
都内に山王と大久保の2箇所ある。米治郎は、自宅から
近いので、大久保へ行く。朝、8時半から8時50分の受付、
この人間ドック、1万円、会社で負担してくれる。健診センターには
それぞれ、レストランが付随している。山王は和食、大久保は中華だ。
人間ドックをやると、昼食がついてくる。人間ドック当日は朝食は
ご法度だ。だから、昼食がつく。

さて、前から、人間ドックの予約を取るのはたいへんだが、
今年も、会社で去年の人間ドックが終わって今年の予約を
入れてくれていた。受付を済ませて、健診ウェアに着替えて、
待合室になっているホールへ行くと、3,40人待っている。
待つ時間のほうが長かったが、レントゲン、血液検査、
心電図、聴力、視力、血圧、眼底眼圧、尿検査、身長体重と、
待たされながらも、順調にすすんだ。そして、内科医による診察、
米治郎、バリウムが苦手だ。それを事前の問診表に書いておいた。
すごく感じのよい笑顔がチャーミングな白髪の女医さんだった。
看護士(女性)によるメタボ健診の胴回りの測定、83cmだった。
そりゃ、最近、スーツのズボンを始め、すべて、ゆるくなった。
その女医さん、たぶん、米治郎より5歳は上だろう、ニコニコしながら、

「落としてきましたね」

最高の褒め言葉だった。

そして、人間ドックが終わり、中華の定食をいただいた。
たぶん、普通で食べたら、1,500円から2,000円はする。
美味しくいただいた。



夜、今日はナオコバさんとkozoさんとの飲み会。
二人に米治郎に会社がある御徒町まで来ていただいた。
場所は、天正にした。ここのアナゴは絶品である。
だが、あまりきれいな店ではない。しかし、ここのご主人、
ホームページにあるように、本当に、朝の5時前から仕込みをしている。
米治郎、ある日、6時の新幹線の出張、会社に忘れ物をしたのに気がついた。
当時は、この店のそばに会社があった。山手線始発に乗って、
5時前に、この店の前を通ると、明かりがついていて、
ご主人がせっせと仕込みをしている。そういう真面目な店だ。
その一番の売りが、アナゴ、タレで食べても、塩で食べてもうまい。
そして、新鮮だからこそのアナゴの肝、酒のつまみにうまかった。
3人で楽しい話に花が咲いた。たらふく食べて、たらふく飲んだ。
楽しい酒だった。また、やりましょう。

東京センチュリーライド

2009年09月17日(木)

東京センチュリーライド
またまた、思わせぶりなタイトルですんません。
これに出るわけじゃあ、ござんせんです。
先週、先々週の荒川100km越えで、気になっていた看板の話を
書くのを忘れていました。

9月19日(土)荒川CRで、東京センチュリーライドが開催されます。
葛西臨海公園から秋ヶ瀬公園まで、
参加者だけで2,500台の自転車であふれます。
見たことありませんが、それはそれは、大混雑でしょう。

まあ、この日は、荒川CR、避けたほうが良さそうですね。

明日は、人間ドッグだ。
自転車、乗っていない。
自転車の成果は・・・???
プロフィール

高田米治郎

Author:高田米治郎
米治郎の道草日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。