スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早稲田は黄金色

2009年11月29日(日)

今朝は峰男が来てくれて、出張修理。
峰男が帰った後、奥さんとお昼を食べに行くのと、
散歩を兼ねて、早稲田界隈へ。
お昼は、札幌ラーメンの”えぞ菊”で味噌ラーメン。
久しぶりの味噌ラーメン、おいしかった。

その後、早稲田通りを通って、穴八幡から
早稲田大学の正門前へ出る。
先日、奥さんが通ったときは、大隈講堂のイチョウが黄金色だったらしい。

しかし、今日は、少し葉が落ちていた。
大隈講堂

正門前は黄金色
イチョウ正門

イチョウ正門2

早稲田正門前のカフェでコーヒータイム
早稲田カフェ

そんな自転車に乗らない日曜でした。
スポンサーサイト

登攀仕様に戻すー峰男の出張修理

2009年11月29日(日)

昨日のギア抜けや、坂を上ったり、平坦路を走ってみて、
やはり、11-32にリアカセットを戻したほうが良いのではと思っていた。
と、いうのも、平坦路を走っても、トップギアの方へに入れる気がしない。
米治郎の脚力なら、十分、軽い方のギアで間に合うのである。
しかし、ホイールもそれに着いているカセットも峰男の家においてきたまま。
そもそも、それが我が家にあっても、米治郎にそれをする術はない。
そう思っていると、峰男から朝、電話がかかってきた。
やはり、元に戻したほうが良いとのこと。
しかし、わざわざ、横浜から来てもらうのも気が引ける。
そう言うと、もうその気になっているからというので、
来てもらうことにした。

車で、リアタイヤに付いたリアカセットを持ってきて、
元のGIANTのホイールから11-32をはずして、
シルバーのホイールから12-23をはずして、
それぞれを入れ替えてものの15分で交換、
試走してみると、やはり、こちらの11-32の方が良い感じ。
当然、ギア抜けも起こらない。

感謝、感謝である。
家に上がってもらって、感謝のコーヒーを奥さんが入れてくれた。
しかし、すぐに、峰男は帰宅。

よかった、よかった。

新横浜菊名まったり激坂ツアー

2009年11月28日(土)

本日の走行距離 108,38km
本日の走行時間 6時間10分53秒 
本日の平均速度 17.5km/h
本日の最高速度 49.4km/h
総走行距離   7,001.2km

今日は、ノールさんと峰男と3人で、新横浜、菊名付近の
坂をめぐるツアー。
ノールさんが、13時から14時まで川崎付近で仕事、
その前に、峰男が、余っているホイールとタイヤを
GIANT君に着けてくれるというので、峰男の家へ行った。

9時頃、行くという約束だったで、7時には、家を出るつもりが、
前日の出張の疲れか、起きられず、結局、GIANT君と家を出たのは、
7時50分、家から菊名まで、1時間10分じゃあ、行けないでしょ。
一応、遅れる旨のメールを峰男に入れる。

しかし、あまり遅れるわけには行かないので、自分なりにすっ飛ばしていく。
新宿を抜け、いつもの都庁前撮影もやらずに、甲州街道の一本北側通り(この通り、
なんという名前かどなたか知りませんか?)から環七へ出て、甲州街道、
井の頭通りを越えたところで、右折、井の頭線の松原駅、小田急線の梅が丘駅を
越えて、国士館大学、世田谷区役所下を抜け、世田谷通り、246を越えて、
駒沢を抜け、深沢を抜け、目黒通りを渡って、自由が丘へ出て、田園調布駅の
記念撮影もパスして、東横線沿いに、多摩川から、中原街道へ出て、
丸子橋で多摩川を渡る、ここまで、ほぼ1時間、良いペースだ。
そのまま綱島街道を驀進、武蔵小杉、日吉、綱島を過ぎ、鶴見川を渡って、
菊名到着、峰男に電話を入れる。
米治郎「菊名着いたよ」
峰男「速いね、じゃあ、途中まで出て行く」

峰男と合流して、峰男宅へ。
早速、作業開始、と、言っても米治郎は見ているだけ。
フロントタイヤとリアータイヤをはずして、付け替えた。
タイヤサイズは28Cを25Cに、スプロケは、11-32から12-23に変更。
チェーンは、また、11-32に戻すことも考えて、
切らずにそのままのコマ数にした。
ついでに、リアーのディレイラーの調整もしてもらった。
やはり、夏の養老渓谷での転倒以来、ディレイラーの根元が
曲がっていたようである。
タイヤホイール交換1

タイヤホイール交換2

タイヤホイール交換3

この後、試運転を兼ねて、白楽方面へ昼食を食べに行く。
なんか、少し、感じが変わったようだ。
峰男推薦の”御藩亭”へ行く。
ごはん邸

ごはん邸2

ここで、峰男おススメの”絹かけ丼”をいただく。
絹かけ丼
湯葉がのっているという峰男の説明だったので、どういうものか
案じていたが、出てくると、ごはんの上に湯葉がのっていて、そこに
あんがかかっている。かき混ぜて食べるというので、かき混ぜると、
湯葉の中に、大量のウニが入っている。
一口食べてみる。こりゃ、うまいの何の・・・、そりゃ、ウニですもの。

大満足で、店を出ると、御藩邸の隣に面白い店発見。
爪きり
足の爪を切ってくれる店らしい。耳かき屋は知っていたが、
爪きり屋は初めて見た。いろんな商売があるものだ。

白楽付近の商店街をひやかして、少し早めだが、ノールさんとの
待ち合わせ場所である川崎方面へ向かう。
新横浜を越えて、横浜マリンスタジアムから鶴見川沿いへ出て、
峰男必殺裏道、ここが、すごい良い道だった。
ここが横浜かと思うような日本の原風景の田舎道。
第3京浜の都筑インターの横を掠めて、中原街道へ出る。
そして、待ち合わせ場所到着。
ノールさん、仕事のスーツから自転車着に着替え済みで、
臨戦態勢完了だ。今日は、R2ではなく、久しぶりにメリー号。

ノールさん「おっ、峰男さん、これが新車ね、いいねー」
峰男「まだ、お金払っていないんです」
米治郎「タイヤとホイールとスプロケ、変えてもらっちゃった」
ノールさん「あらら、ロードみたいなスプロケ、激坂仕様じゃなくなちゃった」

と、いうことで、菊名方面へ戻る。
途中、二山くらい越えたところで、いつものノールさんの急停車。
ノールさん「おーい、見つけちゃったよ」
峰男「何ですか???」
ノールさん「この坂、すごいよ、上らなきゃ」
3人で、突然発見した激坂を上っていく。斜度20くらいの結構なお手前だった。
実は、私有地の可能性も無きにしも非ず・・・。
その後、菊名につくまでの突然の急停車は2、3回あり、みんなで坂をいただいた。
新横浜から、菊名に入り、さあ、菊名激坂巡りの始まり。
まず、階段坂、地元のギャラリーが見つめる中、ノールさんのみ挑戦、
峰男は、以前にチャレンジしたらしいが、無理だったようである。
ノールさん、まず、メリーさんで挑戦、しかし、まったく歯が立たず、
米治郎のGIANT君で再挑戦したが、スプロケを換えたので、やはり無理。
いきなり、ノールさんの敗退、菊名恐るべし。
何しろ、地形自体が大きな山の中にある住宅地なので、坂ばかり。
しかし、急なところは階段だけのところも多い。
結局、10個くらいの坂を上り、夕闇が近づいてくる。
篠原東坂

篠原東坂2

富士塚坂

篠塚

住宅街で、面白いものがあると、峰男が言うのでついていくと・・・。
らんちゅう

らんちゅう2

家の前に、大きな水槽、そこには大きな金魚。
米治郎「これ、高い金魚だよね」
峰男「らんちゅうだよ」
ノールさん「この家の方が、皆さんに喜んでもらおうとやっているんだよね」
と、家の中の人に聞こえるような大きな声で言う。
この辺の気遣いはノールさんらしい。

戦い済んで、菊名池公園で、小休止。
三台揃い踏み

峰男に、綱島街道まで送ってもらい、峰男と別れて、
ノールさんと綱島街道を東京へ向かって進む。
ギア抜けが気になる。上り坂や、ノールさんのスピードに追いつくために、
立ち漕ぎをすると、ガチャガチャと外れる。
途中、ミニストップで、ノールさんいつものミニストップ休憩。
そして、丸子橋で、ノールさんと別れる。
そのまま、行きに来た道で、帰りは、三軒茶屋、下北沢経由で、
笹塚から新宿へ出て、帰宅。
マンション下に到着。もちろん階段へ。
GIANT君の総走行距離が、7,000kmを越えた。

祝 7,000km超
7,000km



今日は、距離はそんなでもないが、激坂巡り、結構、疲れた。

霧に浮かぶイージス艦

今朝の舞鶴は、気温の急激な低下で霧に包まれた。

1259281566d.jpg

京都府舞鶴市にて

京都府が日本海にまで面していることは、
関東以北の人の中には、知らない人も多い。

ライトアップされた舞鶴赤レンガ倉庫群
12592240927.jpg

今日の伊吹山

今日は頂上付近、雲に覆われている。

(※朝、投稿したつもりでしたが、投稿されていませんでしたので、
あらためての投稿となりました。)

12592200123.jpg

一夜城跡制覇【小田原輪行】

2009年11月23日(月)

本日の走行距離 50,11km
本日の走行時間 3時間21分18秒 
本日の平均速度 9.6km/h
本日の最高速度 37.0km/h
総走行距離   6,892.7km

今日は、ノールさんと、新幹線輪行で、小田原へ行ってきた。
五反田駅に、8時集合、輪行だから、遅い集合。

7時に、家を出るつもりだったが、気が付くと、7時、
あわてて、家を出て、GIANT君と階段へ。
結局、スタートは、7時15分。
「45分で、五反田まで行けるかな?」
すっ飛んで、すっ飛んで、行けました。

その前に、ノールさんのブログの絨毯屋のチェック、
反対車線からだったので、”また”が良く見えなかった。
さて困りました

7時45分、五反田駅到着、30分で来ちゃった。
すぐに、ノールさんも到着。
すぐに、品川駅へ向かう。
品川で、自転車をばらして、輪行。
品川発8:34こだま539号で、小田原へ、小田原に9:01着。

まずは、小田原城へ向かう。
小田原城
そして、一路、太閤一夜城跡へ向かう。

まず、バスルートで登攀。
ちょっと、甘く見ていた。結構な、坂で峠だった。
途中で、みかん娘に声をかけられたが、
後で寄る事を約束して、足を付かずに上っていく。
しかし、このルート、ノールさんが事前に調べたルートと違うようだ。
2kmの上り坂、とりあえず、頂上まで上った。
そして、頂上の売店みたいなところにいるおばさんに聞くと、
この少し、降りたところに、そのルートがあるようだ。
降りてみると、あった、あったと二人で降りていく。
やはり、こちらのルートの方が斜度がある。

そして、新幹線をくぐって、スタート地点まで降りる。
スタート地点の看板は、なぜか、ゴミ置き場。
一夜城入り口

こちらは、新幹線をくぐって、まず、結構な斜度の坂、
そこから、みかん畑の中を上っていく。
日陰は、昨日の雨が残っているのと、堆積物で滑る。
もうすでに、1本上っているので、結構来ている。
しかし、ノールさんは、相変わらずの、片手にカメラで上っている。
いつも思うが、一体この人は、なぜ片手でこんなところを上っていけるのだろう。
米治郎は、やっとこ、さっとこで上る。そして、ゴール地点。
ここで、前のルートに合流して、少し下ったところがお約束のみかん娘とお父さん。
みかん親子

何しろ、少し酸味があって、ほんのり甘く、おいしいみかんだ。
今、主流は、甘いだけのみかんだが、みかんは、
程よい酸味がないとおいしくない。
10個くらい入って、なんと、100円。
しかも、小さくて売り物にならないサイズは、食べ放題。
遠慮なくいただいた。渇いたのどにありがたい。

さあ、みかん娘を後にして、その周辺の激坂チェック。
ノールさんが激坂のにおいを感じていた。
みかん畑の間を探してゆく。
みかん畑とGIANT君
いくつかの激坂に挑戦する。
しかし、米治郎には上れないところもいくつかあった。
後で、ノールさんのブログで、動画がアップされるだろう。
ひとまず、一夜城はほぼ制覇したので、下界へ降りる。
その手前で、とんでもない激坂を発見。もちろん、米治郎は歯が立たないクラス。
日陰の坂なので、堆積物もたまっているので、まず、二人で、
堆積物を取り除く。そして、ノールさん、チャレンジしたが、玉砕。
何しろすごい斜度で、湿っていてスリップする。
再チャレンジしたが、やはり無理。路面が乾いていれば、何とかなりそうだが、
ちょっとあれは危険すぎる。さすがのノールさんも断念する。

昼食後に、今度は、一夜城の反対側の住宅街の山へ向かう。
こちらも、結構な坂があった。
小田原住宅街激坂
反対側の一夜城が良く見える。なんとターンパイクの上を走っている。
住宅街から一夜城
そして、いくつか制覇して、今日はおしまいにする。
小田原駅へ向かい、自転車をばらして、新幹線。
ノールさんは、品川下車、米治郎は東京下車。
東京からもそのまま、輪行で行こうと思っていたが、
混んでいそうなので、自転車組み立てて、乗って帰る。

しかし、今日は、おじさん二人の自転車遊び、楽しい一日だった。

小田原一夜城跡-プロローグ

2009月11月23日(月)

今日はノールさんと新幹線で輪行して、小田原一夜城跡の山を上ってきた。
途中のみかん農家でみかんを買って食べた。みかん、うまかった。

みかん親子

背景を替えてみました

2009年11月22日(日)

今日は、朝から雨で、家でダラダラ。
ちょっと、気分を変えようと、このブログ、
背景を替えてみました。

チェーン交換

2009年11月21日(土)

本日の走行距離 65.32km
本日の走行時間 3時間19分04秒 
本日の平均速度 19.6km/h
本日の最高速度 44.2km/h
総走行距離   6,843.8km

先日の尾根幹まったり、あらため、尾根幹激走の昼食時、
米治郎は参加できなかったが、峰男によると、
米治郎、噂の男になっていたらしい。
7,000km近くも走っているのに、チェーンを換えていない、
それが噂の真相らしい。

持つべきものは、弟である。峰男が横浜からわざわざ、
取替えに来てくれることになった。

まあ、それだけじゃあ、かわいそうなので、荒川CRを走ることにした。
8時、峰男到着、我が家で、コーヒーブレイクの後、
スタート、米治郎のいつものコースで、新田アイランドから荒川CRへ入った。

米治郎「先に行って、どこかで待っていてくれれば良いよ」
峰男「この前、激走してきたから、今日は、まったりにしようよ」

と、いうことでまったりモードで、荒川CRを上流方面へ向かう。
途中、板橋区にあたる区間、戸田橋から笹目橋までが、
全面工事中で、荒川から外れたり、また、荒川へ戻ったりして、
サーキット秋が瀬まで行き、戻ってきた。
荒川CRを新田アイランドから出て、昼食は、”中華そば 伊藤”へ。
中華そば伊藤

ここは、マイミクのおやびんさんに教わった店。今回で二度目。
上の画像のとおり、”そば”550円は、具が何ものっていない。
薬味のねぎがのっているだけで、スープも少なめ、
スープを増量する場合は、プラス150円。
角煮風のチャーシューが乗っている”肉そば”は700円、
メニューは、”そば”と”肉そば”の2種類のみ。大盛りが150円増し。
米治郎が、”そば”、峰男は”肉そば大盛り”を食べた。
まさに、シンプル・イズ・ベスト、魚系のスープであっさりラーメンの極地、
コシのある細くもなく太くもない固めの麺で、米治郎は好きなラーメンだ。
わかりにくい場所、やっているかやっていないのかわからない店、
看板も暖簾も出ていない。しかし、それが、ポリシーらしい。
二人で満足して、池袋を目指す。

池袋のY'sで、チェーンを購入。併せて、メンテナンス用のスタンドも買った。
マンションについて、マンションの駐車場で、峰男が作業開始。
結構、あっという間、ものの20分くらいで、完了。
米治郎も少し、手伝った。リアリレイラーを押さえていただけだが・・・。
少し、試しに走ってみると、変な音がしなくなり、良い感じ。

さあ、これで、また、5,000kmは走れるぞ!

ありがとう、峰男!
プロフィール

高田米治郎

Author:高田米治郎
米治郎の道草日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。