スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母は強し

2010年04月02日(金)

自転車がないので、自転車ネタがない・・・。

米治郎、雨が降っていない限り、高田馬場駅まで歩いて通勤している。
毎朝、すれ違う自転車の親子がいる。
母親が、後ろの荷台に取り付けたチャイルドシートに子供を乗せている。
どこにでもある風景だ。母親は20代後半から30代前半、子供は男の子で3~4歳。
米治郎の家の裏に区立の保育園がある。そこへ我が子を送り届ける途中、毎朝すれ違う。
毎朝、駅への道を駅方面からやってくる。息子は、ほぼ毎朝、荷台で寝ている。
きっと、無理やり起こして連れてくるのだろう。
米治郎が家を出るのが少し遅れると、マンションを出てすぐにすれ違う。
そして、少し歩いていると、今度は、荷台は空で追い越していく。
それで、保育園へ送っていくことがわかった。
さらに驚いたのは、追い越して、見えなくなったと思い、
しばらく駅への道を歩いていると、どこからともなく彼女が現れ、
米治郎の前を歩き、高田馬場駅への雑踏の中へ消えていった。
その後姿は、どこにでもいる若いOLだ。
とても、子供がいるようには見えない。

母は強し。

親はなくとも子は育つ。
世の中、男性に育てられたり、一人で育った奴はいるが、
世界広しといえども、男から生まれてきた奴はいない。
母がいなけりゃ、子は生まれない。

世界の全女性が、子供を産むことを拒否してしまったら、
人類は絶滅してしまう。

いくら、男が力があって、何でもできる奴がいても、
子供を生める奴はいない。

女性に対してたいへん失礼だが、
例えとして、よく、種と畑の例えがある。
種は男性、畑は女性。
しかし、種をいくら放出しても、畑がちゃんとしていなければ、
子は生まれない。
女性に生む意思がなければ、子は生まれない。

だから、女性は偉大である。
どんなにがんばって、逆立ちしようが、医学が進もうが、
男性は女性にはなれない。
子供は生めない。

「女性は運命を紡ぎながら生きていくのです。
世界中の女性がこの世界を創り出していく。
私たち女性はそのことに誇りと自信を持たなくてはなりません。」
今、読んでいる白石一文氏の小説にそんなことが書いてある。

やはり、”母は強し”。
スポンサーサイト

神田川の桜

2010年03月27日(土)

今日は、整形外科と歯科へ行く。
途中の神田川沿いの桜、5分咲きだった。
桜5分咲き


事故の少し前の3月14日、まだつぼみだった。
314つぼみアップ2

3月14日、神田川高戸橋付近
314神田川魚路
3月27日、上と同じ場所
327神田川魚路

これから満開になると、すごい人出になる。満開は来週以降あたりか。
桜アップ
神田川の桜は、枝が神田川の川面へ向けて下の伸びているのが特徴
神田川桜下流

神田川桜上流
早稲田桜祭りも始まった
早稲田桜祭り



続きを読む

MXテレビの”暗峠”終わっちゃった・・・

2010年03月26日(金)

昨日、気がついた。
K情報のゴロウさんから送ってもらったDVD、
”探偵ナイトスクープ”の”暗峠”編。

”探偵ナイトスクープ”という番組、東京ではMXテレビで
大阪から1週間から2週間遅れで遣っているようで、
前にMXテレビのサイトで調べたら、25日の放送は、
違う内容だったのに、昨日見たら、25日に放送していた。

そこで、こんなのをどうぞ。


ああ、目が回る。

皆さん、ありがとう

2010年03月24日(水)

この度は皆さんにご心配をおかけして申し訳ありませんでした。

そして、皆さんからたくさんのメッセージ、ありがとうございます。

今回の事故で、いろいろと考えました。

今後、どうするかは、身体の調子を整えながら、
ゆっくりと考えていきたいと思っています。

身体の具合、心境の変化など、気が向いたら
ここで、お話していきたいと思います。
また、自分で結論を出すことができたら、ここでお話します。

暗峠DVD入手

2010年03月23日(火)

K情報さんのゴロウさんから”暗峠”のDVDが届いた。

ゴロウさんからメールが届き、関西で超メジャーな番組、
探偵ナイトスクープ”、そこで、3月12日の放送で、
暗峠を高校生が自転車でというのを、DVDに取ったので、
送ってくれるとのこと。
(東京ではMXテレビで木曜22時にこの番組をやっているが、
常に関西から2週間くらい遅れてやっているようで、
まだ、この3/12の放送は、今後の放送予定にない)

「3.『暗峠を制覇したい!』探偵/田村裕
三重県の男子高校生(18)から。4月に新大学生になるが、
高校時代は自転車部に所属し、全国大会にも何度か出場して、
上り坂には自信がある。この正月に父と叔父が
「大阪に、ものすごい坂道が3キロ以上続く暗峠がある。
もしお前が自転車で一度も足を着かずに頂上まで登ったら、2万円やる」
と吹っかけてきた。その言葉に1度チャレンジしたが、
3分の1も行かないところで挫折した。その後必死でトレーニングを積み、
肉体的にも精神的にも鍛えたつもりだ。
『ナイトスクープ』でお茶の間の皆に見られているというプレッシャーがあれば、
男のプライドにかけて走破できると思うので、背中を押して欲しいというもの。 」
という放送内容だ。

米治郎、ゴロウさんに、この高校生が上れたのか聞いてみたが、
「まずは、DVD見てください、結果は教えません」
とのことだった。

ところが、送っていただいたDVD、
米治郎の家で、あまりテレビ番組を録画して見るという習慣が
最近はあまりないので、最新型のDVDの機械がない。
我が家のDVD機では、見られない”CPRM”方式DVDメディアであった。

トホホである。


さて、ノールさん、放映会、いつやる?

傷だらけの・・・

2010年03月22日(月)

今日は、9時にクルマで家を出て、奥さんと松戸へ向かった。
そう、松戸に置いてきてしまったGIANT君を探しに・・・。

国道6号線から松戸隧道手前で、国道464号線へと右に折れていく。
実は、あっという間の出来事だったので、
事故の場所を正確に覚えていない。
左側にコンビニのミニストップがあり、そこからしばらく行った
左から出てくるのが、”止まれ”の交差点である。

しばらく行くと、ミニストップがあった。
そこへ車を止めて、奥さんと二人で464号線を歩いていく。
最初の交差点のような気もしたが、GIANT君の姿はない。

米治郎「ここかもしれない」
奥さん「でも、自転車ないよ」

もう少し行ってみようと、思いながら歩いていく。

すると、断片的な記憶がつがってきた。
何のお店かわからないが、左側に赤い看板が見える。

米治郎「あっ、あそこの赤い看板だと思う」
奥さん「そう」
だんだん近づいていくと、その店の壁に緑の自転車が・・・。
米治郎「あった、あった」
奥さん「あった?」
米治郎「うん、あれそうだ」

近づいてみて確認する。
傷だらけのGIANT君

とりあえず、ついているサイコンやライト類、輪行袋など
なくなっているものはない。
しかし、画像で見てもわかるとおり、フロントフォークが
曲がっている。これは、フレームまでもいっているだろう。

この赤い看板のお店の人に断って、鍵をはずして
押しながら、ミニストップまで戻り、回収した。

帰りに松戸警察へ寄って、診断書を提出した。

米治郎「もう、これ乗れないなぁ」
奥さん「まだ、自転車乗るつもりだったの」
米治郎「・・・・・、(少し強気に)乗るに決まっているじゃん」
奥さん「まさか、新しいの買おうなんて思っているの?」
米治郎「・・・・・」

やってもうた・・・乗ってもうた・・・

2010年03月22日(月)

”自転車を休む”・・・。
皆さんにご心配をおかけして申し訳ありませんでした。

それは、一昨日、3月20日(土)。
朝6時15分に家をスタートして、江戸川橋、後楽園、湯島、
浅草から、国道6号線に入り、千住大橋で荒川を渡って、
江戸川を渡り、千葉県松戸市に入った。快調である。
松戸警察の先、松戸隋道の手前で右折して、国道464号線へ
右折する。そのまま、464号線を進む。
「この道はいつか来た道~」なんて歌でも出てきそう、
そう、この道は、バトルロワイヤル犬吠崎の下見に来た道、
そして、本番では走れなかった道。
しばらく行って、左にミニストップを見て、すぐだと思う。
信号のない交差点、左側から黒いワンボックスの頭が
出てきている、横を走っている車の後についていく、
その瞬間、黒いワンボックスが出てきた、間に合わない・・・。

「あっ」と思う間に、黒いワンボックスの横っ面に当たった。
そこから記憶がない。
「警察呼べ」
「救急車呼べ」
と声が聞こえたような気がした。

次に覚えているのは救急車の車内だった。
寝かされているわけではなく、座らされていた。
受け入れてくれる病院を無線で探している。
救急隊の人から「自転車鍵かけておくから」と、
言って、鍵を渡し、「鍵かけて置いていくよ」と
言われ、何か答えた。受け入れてくれる病院が決まり、
救急車はサイレンを鳴らしながらスタートした。
人の付き添いで乗ったことはあるが、自分が乗るのは52歳にして初めてだ。
松戸駅前の新東京病院というところへ搬送されるらしい。
救急隊の人に許可を得て、携帯で奥さんに電話をした。

米治郎「ごめん、クルマと当たった。サイレン音の通り、救急車の中、
    松戸駅前の新東京病院に運ばれる、西口だって」
奥さん「(以外に冷静)わかった、行くから、そこに居てよ」

病院に着くと、救急救命室に運ばれる。”コードブルー”とは
全く違う世界、重症そうな人は居ない。
しかし、すぐにその後からも違う救急車が到着する。
ひざに傷があったので、そこを消毒して絆創膏を貼られ、
二階へ車椅子に乗せられ連れて行かれる。
そこで、CTスキャンを取られる。これも初体験。
次に、足のレントゲンを撮られる。
救急救命室に戻され、ベッドで横になっていると、
”山P”とは、どこも似ていない不健康そうな30代の医者から、
「頭も足も問題ないですね、でも、専門医の検診を受けてください」
と、言われ、会計で会計をするように指示され、会計へ行く。
会計を待っていると、二人の警官が米治郎のほうへ近づいてきた。
さらに、その後ろから若い男女がついてくる。
若い男女は、米治郎が当たった黒いワンボックスの持ち主、
男性は、とび職風、でも悪そうな感じではない、
女性の方もジャージ姿、元ヤンキー風、やばい相手と事故ったかも・・・。
警官の方は、松戸警察書交通課の方たち、事故の調書を取りたいとのこと。
そこで、会計から呼ばれる。金額を聞くと、
4万何がし・・・、そりゃそうだな、CTにレントゲン、
しかし、1万円しか持っておらず、「1万円で勘弁してください」で
済むわけもなく、”念書”にサインして後日、持ってくることにする。

そこへ今度は、奥さん登場、手には着替えを持ってきてくれている。
米治郎「ありがとう」
奥さん「・・・・・」
目には涙・・・な訳がない。ニコニコしている、この方が怖い。
その後、若い男性と外の警察車両でそれぞれ事情徴収。
事故証明を書くのに診断書が必要なので、もらうように指示される。
そして、相手の男性と、連絡先の交換。保険会社の確認。
保険会社への連絡はすでにしてあるとのこと。
奥さんは、その時待合室で、相手の女性と二人で話したようで、
二人は夫婦者で、これから仕事場へ向かうところだったらしい。
一生懸命二人で働いているらしい。

その後、別棟の整形外科へ、そこで、レントゲンの結果を見ながら
骨には異常がないとだけ言われ、診断書を書いてもらう。
でも、なんか適当な感じ。
脳外科は午後からしかやっていないので、午後まで奥さんと二人で
松戸で時間をつぶす。骨は折れていないらしいが、
足を打撲しているので、まともに歩けない。特に太ももの前部が両方痛い。
その間、保険会社から連絡が入り、すべて、保険で出るとのこと。
前歯が折れているので、それは近所の歯医者へ行くことにする。

午後待つこと2時間半、やっと呼ばれて、CTの結果を見ながら、
「異常ありませんね」診断書を書いてもらい、診察は2分で終了。
これもまた、なんか適当な感じ。
また、会計へ行くと、保険会社から連絡が行っていて、
さっき払った1万円が戻ってきた。

なんか、この病院、全体的に適当な感じで、対応も感じ悪い。
総合受付のねぇちゃん、
人前に座っているのにガム噛んでいるし・・・。

でも、何でもなかったから、とりあえず、めでたし、めでたし。

何ともないとは言え、足と腕は打撲のようで、すごく痛い、
特に、太もも前部が痛くて足が上がらず、ちゃんとまともに歩けない。
これは、電車では立っていたので気がつかなかったが、
帰宅後、座ると、何か体を手で支えないと立てないことがわかった。

奥さんと病院を出て、帰路につく。
何も言わずに、松戸まで駆けつけてきた奥さんに感謝である。
まあ、後で言われると思うが・・・。

今日これからGIANT君を取りに行く。一体どうなっているか・・・。

と、いうことで、米治郎もGIANT君も休養リハビリが必要です。

然るに、しばらく、自転車をお休みします。

続きを読む

お休みします

2010年03月20日(土)

自転車、しばらくの間、お休みします。

明日は・・・

2010年03月19日(金)

明日は、いくつかしなければいけない”リベンジ”、
そして、今後していく”チャレンジ”。

明日は、その”リベンジ”。

準備はできた。

よし、いくぞ!!

続きを読む

池袋の夜はふけて


2010年03月18日(木)

今日は、前の会社で部下だった奴と飲んだ。
「マンション、買いました」
引っ越したことは聞いていたが、
マンションを買ったまでは知らなかった。

何か、嬉しかった。




米治郎がそいつの為に営業からシステムに戻させた。
去年会った時より、さらに出世していた。



うれしい酒だった。
プロフィール

高田米治郎

Author:高田米治郎
米治郎の道草日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。