スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皇居デビューと東京マラソン観戦

2011年02月27日(日)

今日は、kozoさんの企画で、目白ロードレース前の練習。
東京ランナーの聖地、皇居デビューを果たす。

気象庁前で、kozoさんたちと待ち合わせ。
まずは、東京マラソンを観戦。

まずは、車いすの人たちが通過。
車いす

普通の人のマラソンは見たことがあったが、
車いすの人たちは初めて見たが、
先頭集団のあまりの速さにびっくり。
たぶん、30km/hくらいは出ているのではないか。
観戦していた気象庁前は、コースが少し右にカーブしており、
各選手の腕で後輪を回しながらの細かいハンドル使いを
見ることができた。自転車と同じで、集団で走っており、
やはり、前に走る方が不利なのだろう。

その後、しばらく観戦していた。
まず、男子の先頭集団が通過していく。
お台場のテレビ局が完全中継なので、中継車の後に先頭集団。
先頭集団

ここら辺はものすごく速い
先頭集団2

その後は、女子の先頭集団と男子の下位集団。
kozoさんがファンの渋井も走っていく。
さらには、猫ひろしも後ろ姿が見えた。

被り物などのコスプレじゃないが、そんな格好をした人も多い。
kozoさんの知り合いで、河童の被りモノをしている人も走り去る。
カッパ
サンケイスポーツのサイトに河童さんが出ていた。
しかし、たくさんの中で、急に来るので、カメラを構えられず、
気象庁前ではカメラに収められなかった。
そのコスプレの中で、一番受けたのが、キリストだ。
十字架を背負って、苦しそうに喘ぎながら走っている。
しかし、これは、その後、演技であったことがわかった。

さらには、「ニッポン放送です。三宅裕司のほくろは、
右左どっちにあるでしょう?ニッポン放送のサイトで
お答えください」と、言いながら走っている人もいた。

そして、市民ランナーたちが延々に続く。


さらにその後の集団


その後、神田のラフィネランニングスタイルで着替えて、
気象庁前に戻ってきて、皇居ラン開始。
いよいよ、皇居デビューだ。
毎日新聞社を過ぎて竹橋からはゆるい上りが続く。
千鳥ヶ淵から、英国大使館前を右折して、
半蔵門、三宅坂を過ぎて、国会議事堂を右に見て、桜田門へ。
桜田門で皇居内へ入って、そのまま、内堀通りへ出て、
大手門を過ぎて、気象庁前。米治郎はもう少し走れそうだったが、
膝やふくらはぎを痛めそうだったので、1周でお終いにした

ラフィネランニングスタイルに戻って、シャワーを浴びて、着替えて、
日本橋へ昼ご飯を食べに徒歩で向かう。
日本橋の交差点そばの牛タンの店、味太助で食べた。
みんなで、生中で乾杯!結局、生中3杯空けてしまった。

その後、しばらく、日本橋交差点で東京マラソンを観戦。
すると、来たー、そう、キリストが来た。
キリスト前
重い(?)十字架を背負い走り去って行った。
なお、ここ日本橋は30km位の地点、あの8km気象庁前で見たように
苦しそうではなく、普通に走っていった。
キリスト後

しばし、観戦の後、解散。

kozoさん、ちくわさん、kozoさんの会社の方(すみません、お名前失念しました)、
今日はありがとうございます。
スポンサーサイト

【なんで、あんなに・・・】ママチャリに乗って思うこと-4

2011年02月23日(水)

三輪車、18インチ子供用自転車、24インチ子供用自転車、
小学校5年生くらいで買ってもらった
26インチフラッシャー付セミドロップハンドルの6段変速。

これで、米治郎の自転車人生は終わったはずだった。

フラッシャー付はこんな自転車

※米治郎のは、こんなにすごくなかった。




そして、51歳、また自転車人生が始まった。

クロスバイク
和田峠

事故
傷だらけのGIANT君

借り物のロードバイク
荒川_武蔵野線

しかし、ママチャリには乗ったことがなかった。

クロスバイクやロードバイクに乗っていて
いつも思っていたことがある。
特に、おじいさん、おばあさんの乗っているママチャリ。

「なんで、あんなに・・・














     ゆっくり走れるんだろう」

すごく不思議だった。あのゆっくりさでバランスを取って
乗るのは、すごく難しいはずなのに・・・。

アメマー
雨間
※アースマラソンの間寛平さんの世界に通じるギャグ
雨間2

じゃなくて、キッコー縛りだ。






じゃなくてキッコーゴだ。
キッコーゴ醤油

わかった。
そう、ママチャリに乗ってわかった。
ユーミンが歌を歌うようにわかった。
ユーミン実家
※ユーミンの実家

石原都知事が言っているようにわかった。
そう、ママチャリは驚くほどゆっくり走れる。
横田基地入口

しかし、ママチャリで坂を上るのは・・・遠慮したい。
犬目給水所

だから、米治郎はママチャリで歩くように走る。
武蔵五日市駅

何人たりともに抜かれようと、
例え、それが女子高生でも、おばさんでも・・・、
抜かれるのに慣れてしまった。

また、今日も米治郎は抜かれていく。

のぞき坂を走ってみた

2011年02月20日(日)

今日は、週1のランニングデー、というより、
週1回はせめて走らないと、と、思っていて、
昨日走らなかったので、今日走らなければ、
来週まで走らないだろうから走った。

3月6日(日)の目白ロードレースまで、あと14日、
目白ロードレース実行委員会から、参加通知書が届いた。

ナンバーカードは、”5452”、スタート時間は、11:08
参加通知書

参加通知書2

いつも通り、軽くストレッチをして、
神田川沿いに行って、スタート。
神田川沿いの桜並木は、とうとう
マンションの工事が進んでいき、
我が家から全く桜並木が見えなくなった。
余談だが、このマンション、
この辺の新築マンションにしては安い。
その理由は、借地権付きなので、毎月、管理費や
修繕積立金などの他に”地代”を払っていかなくてはいけない。
そういうからくりがある。

神田川沿いに進んで行く、ランニングしている人がすごく多い。
たぶん、このほとんどの人が目白ロードレースに出るんではないかと
思いながら、芭蕉庵胸突坂椿山荘を左に見て
江戸川橋まで走り、江戸川公園を出て、
左折して音羽通りを行く、ここも大通りだが、人通りは少ないので
走りやすい。講談社前を過ぎて、護国寺前で左折して、
不忍通りで、首都高速護国寺ランプをくぐり、
清土坂を上っていく。ここは、そんなでもない。
護国寺あたりから、後ろに付いている30代くらいの男性、
抜かれるかと思ったが、抜かれない。
何か、自転車に乗っているときのような競争心が
少し湧いてきた。ここまできたら抜かせない。
目白台2丁目で突き当って、目白通りへ出て、右折する。
信号待ちで、その男性、追いついてきたが、目白通りへ出ても
抜かれないって、遅い米治郎を抜かせないのだから
相当遅いなあなどと思っているうちに、後ろを見たら
その人はいなかった。

いつもは、高田1丁目で、左折して宿坂を下って、
目白不動でゴールだが、今日は、そのまま直進する。
そう、このヘロヘロ状態で、当日3回上らなくてはいけない
学習院内の階段坂を上るとどうなるか試すことが
今日の課題だった。目白通りをまっすぐ進み、
目白警察を右に見て、学習院を左に見ながら、
目白駅へ出る。駅と学習院の間の道を下って行く。
ここで、左ふくらはぎに違和感・・・。
だが、そのまま学習院下を左に行って、
学習院馬場の先の門から学習院内に入る。さあ、すぐに階段坂。
ヘロヘロだが、意外にかけ上れる。しかし、階段が終わって、
その先の斜面は、やはり辛い。上まで上って、そのまま下りてくる。
門から出て、通りを進む。目白ロードレースの集合場所兼スタート地点の
千登世橋中学を左に見て、明治通りへ出る。
ここは横断歩道がないので、歩道橋を駆け上がる。

都電を渡って、目白不動を目指すが、左にのぞき坂
自転車に乗っているときの習性で、フラフラと左折してしまう。
のぞき坂を上ってみる。しかし、走っているとは程遠いスピード。
しかし、片足が必ず地面に付いている歩くではなく、
本人的には走っているつもりで、たぶん、
両足が地面から離れている状態になっていたと思う。
自転車で上る方がいかに楽か・・・、などと思うのは・・・、
ああ、自転車に乗りたい・・・。
ヘロヘロからゼエゼエ状態に代わり、頂上について、
目白通りを右折して、すぐに、高田1丁目を右折して、
宿坂を下って、目白不動でゴール。走ったコースは、JogNoteを参照
ちなみに、目白不動は、目白という地名の元になったとの説。
江戸五色不動といって、目黒(一番有名)、目白、目赤、目青、目黄がある。
詳しくは、リンクしてあるのでそちらを参照
目白不動で、鐘を鳴らして拝礼して、今日もお終い。
マンションで、9階まで階段を上がって、帰宅。

来週は、東京マラソンの日にkozoさんたちと皇居を走る予定、
自転車では何回か走ったが、ランニング皇居デビューできるか・・・。
さらにその翌週は、いよいよ本番、さて、どうなるか・・・。

【子供が見ている】ママチャリに乗って思うこと-3

2011年02月11日(金)

子供が見ている。

自転車の信号無視。
このブログでリンクしているみんな、
そして、コメントをいただいているみんな、
みんなが散々言ってきたことだ。
新聞でも、大なり小なり、いろいろ取り上げられている。
岩蔵街道入口

しかし、ママチャリに乗って、道を歩いて、
やはり、自転車の信号無視が目につく。
子供が信号を守っている前で、大人が
そして、子供を乗せている母親が、
平気で信号無視をする。
小山田緑地

子供は国の宝であるとともに、
社会の鏡であるということを、
忘れないで欲しい。
青梅駅

今の日本、こうなったのは、今の大人の責任だ。
最低限の法は守るが、マナーは守れない国民性。
法なのだから、信号無視は、自転車でも懲役3ヶ月以下または5万円以下の罰金だ。
多摩湖入口

自転車に乗る人たちで変えていこう!
悲しいのは、子供を乗せたママチャリの信号無視。
そして、もっと悲しいのは、バリバリのロードバイクの信号無視。
尾根幹_橋

全身、かっこ良いウェアーに身を固め、
数十万、数百万かけたロードバイクに乗った人が
堂々と信号無視。

あんた!
何のために自転車に乗っているの?
身体の為じゃないの?
ストップ・アンド・ゴー、
一番、身体に良いよー!

子供が見ている。

にっぽん、ちゃ、ちゃ、ちゃ。

目白ロードレース下見

2011年02月13日(日)

今日は、TAKEさんと、目白ロードレースの下見をした。

10時に目白駅で待ち合わせの約束をしていた。
8:38にTAKEさんからメールが入り、何と、神田から
目白まで走ってこられるとの事。
どうやって、目白まで来られるのかと思っていたが、
まさか、神田から走ってこられるとは・・・。
TAKEさん、マラソンを何回も完走されており、先日も
浦安のハーフマラソンを走っておられ、さらには高校生の頃から
富士山の強力のバイトをしていらっしゃって、富士山登頂も
何十回もしていらっしゃる強者である。

9:30に家を出て、目白駅まで走っていく。
9:40過ぎに目白駅に着いた。
TAKEさんの姿はない。9:55にTAKEさん登場。
聞けば、相当早く着いてしまい、ドトールにいらっしゃったとの事。
私が着いてから、電話をすれば良かったと後悔・・・。

まず、当日は、学習院の中を走るので、学習院の門へ。
守衛所で、見学の旨を告げると、名前と電話番号を書いて、
来客カードを首から下げて、入る。
最近は、ここの守衛がうるさいので、目白駅からの帰宅時、
学習院の中を通らないが、前は、そんなにうるさくなかったので、
よく、通って帰っていたので、なんとなく、学内はわかっていた。
TAKEさんによると、学内の階段を走るとのことなので、
階段といえば、都内の大学で唯一残された馬場(高田馬場ではなく、
本当の馬がいる馬場)の横の階段しかないと思い、そこへ行く。
階段を下りて、馬場横の門から学外へ出て、当日の集合場所の
千登世橋中学を案内する。来客カードを首からぶら下げているので、
再度、馬場横門から学内へ入って、階段坂を上る。
TAKEさんは、すごい勢いで上っていく。米治郎はもうヘロヘロで、
当日はここを3回上らなくてはいけないので、非常に不安である。
駅前の門の守衛所で、来客カードを返して、目白駅横を山手線に
沿って下っていき、学習院下で左折して、直進して、
千登世橋中学前を再び通って、明治通りへ出て、千登世橋まで、
上がり、千登世橋から目白通りへ出て、目白警察前を過ぎて、
目白駅へ戻った。

TAKEさんは、神田まで戻られるとのことで、
再度、千登世橋中学まで戻り、神田川沿いへ出て、神田川沿いを
案内しながら、走っていく。
途中、ここが、ノールさんや、まさやんが上る胸突坂と
案内すると、是非上りましょうとのことで、上っていく。
下りてきて、神田川沿いを、江戸川橋までお付き合いさせていただき、
江戸川橋でわかれた。
TAKEさんはそのまま、飯田橋方面へ走られていかれたが、
米治郎は、もうダメだった。
目白坂を上ってみるが、途中でギブアップ。
そのままトボトボと、椿山荘から目白通りを歩いて行った。
歩いていると、さすがに冷えてきたので、日本女子大前から
目白不動まで、ヘロヘロ状態で走った。
目白不動で、いつものお参りして、帰宅。

JogNoteで調べたら、江戸川橋から歩いてしまったので、
一応、江戸川橋までで、8kmあった。今までの最高距離である。
しかし、タイムは測っていなかった。
当日までに、もう少し、上り坂の練習をしなければと思う。
それにしても、自転車同様、膝と腰に来る。腰は自転車と同じような
痛さというか、ダルさだが、膝は、自転車とは違う痛さである。

目白ロードレース、米治郎がエントリーしたので、
TAKEさんと、米治郎の奥さんの友達、サクラさんが
エントリーしてくれた。その為にも、5kmとはいえ、
頑張らなくては・・・・・。

ママチャリに乗って思うこと-2

2011年02月08日(火)

二人_福生
※画像は記事とは関係ありません。

ママチャリに乗っていて、昭島あたりで、
道路脇に、自転車ショップを発見。
ロードバイクなどあるようで、ママチャリを止めて
見上げていると、突然、声をかけられた。
声の方を、見ると、1階のガレージから
出てきた、胸にBRIDGESTONEのロゴがある
作業服を着たかなり年配の男性。

男性「中に、いろいろあるよ、見ていきなよ」
米治郎「あー、そうですか」
男性「案内するよ」

と、かなり強引だったが、せっかくなので、
2階のショールームへと案内してもらった。
2階は、小さな作業スペース、ウェア類と部品、
さらには、クロスバイクとマウンテンバイク。
これが、カンパニョーロ、これがシマノのヂュラエース、
と、一つ一つ説明してくれる。
そして、3階のロードバイクのコーナーへ。

男性「おじさんところはね、メーカーからのものを
   信じちゃいないんだ。完成品でも、全部バラしてから
   組み直して、お客さんに出すんだ、だから、
   こういうブレーキでも、きっちり調整する、
   ブレーキ握ってみなさい」
米治郎「あー、凄い、ガタガタしていないですね」

それから、30分くらい、これから行くところも忘れて、
いろいろと聞かせてもらって、楽しい時を過ごした。

そこは、サイクルセンター吉岡だった。
案内してくれたのは、先代の社長。
今は、息子さんに任せているそうだ。
コルナゴの社長との写真が飾ってあった。

忙中閑あり。

2週間ぶりに走った

2011年02月06日(日)

さて、”目白ロードレース”まで、あと1カ月。
先々週にkozoさん、TAKEさんたちの山手線1周ランに
部分参加して以来、何やかやと理由をつけて、
全く走っていなかった。

しかし、目白ロードレースの3月6日まで、
今日を含めて、あと4回しか週末は来ない。

自転車に乗っていた時は、平日も帰宅後、
余程遅くならない限り、乗っていたが、
ランニングは、帰宅後に走る気がしない。

兎に角走らなきゃ、と思い、今日は走ってきた。
走ったコースはこちら

走る前は、もう少し距離を伸ばそうと思っていたが、
そんな希望は見事に打ち破られ、というか、
予想通り、身体はすぐにヘロヘロ状態。
江戸川橋へ着いて、音羽通りへ出る頃には、青色吐息。

最後は、目白不動で鐘をついてお終い。

もう少し、ペースをあげなければ・・・。
プロフィール

高田米治郎

Author:高田米治郎
米治郎の道草日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。