スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母親と子供の会話

母親と子供の会話。

子供「お母さん、地震になると、みんな”うんち”したくなっちゃうんだね」

(これでわかったら、コメントください)









































母親「えっ???」

子供「だって、地震の後、みんなトイレットペーパーたくさん買っているよ」

母親「・・・・・」





ちょっと、笑えれば、嬉しい。
スポンサーサイト

【他力本願】ママチャリに乗って思うこと-5

2011年03月22日(火)

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により、
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げますと共に、
被害を受けられた皆さま、そのご家族に、心からお見舞いを申し上げます。

福島原発で、被災された方々へお見舞い申し上げると共に、
現場で身を呈して、働いておられる自衛隊、警察、消防、自治体職員の方々、
東京電力、東電の協力会社の方々へ敬意を表します。



言葉は曖昧だ。

ものを表す名詞、例えば、”りんご”。
”りんご”と言うと、ほとんどの人は、
赤いりんごを思い浮かべるだろうが、
そうではない人もいるだろう。
黄色だったり、緑色だったり、切って皮を剥いたりんごだったり・・・。

”怒る”という動詞。
怒り方も人にはいろいろあって、”怒る”という
言葉で、その感じ方は、人それぞれだ。

だから、言葉は曖昧だ。

CMで言っているように、
心は誰にも見えない。
思いは見えない。
人が思っていることを”同じよう”に他人には伝えられない。
言葉で、1/3くらい、1/2くらい伝えられれば、
しめたものかもしれない。

ここ最近、良く言われていることであるが、
頑張っている人に、「頑張れ!」と言えない。

「全部一人でやってきた」
「何でもできる」
「他人(ひと)は信用できない」

本当にそうだろうか?

他力本願
本来の意味とは別に、”人任せにする”という
ポジティブな意味が先走りしている。

アースマラソンの間寛平さんが地球1周を走り終えて、
一言で言うとと求められ言った言葉、「他力本願」。

電気が消えて自動ドアーが開いたままのコンビニ
7_11.jpg

信号の消えた街
信号なし

日本は、今、たいへんなことになっている。

誤解されることを覚悟の上で、

言葉が曖昧なのを覚悟の上で、

どう伝わるかわからないが・・・。

敢えて、”他力本願”と言う。

日本、ちゃ、ちゃ、ちゃ。

完走証

2011年03月15日(火)

ごきげんよう、高田米治郎です。
日本がこうなった今、
政府も、民主党も、政治家も、役人も、東電も、マスコミも
本当にみんなのことを考えているのでしょうか?
でも、もう、そんなことはどうでも良いです。
今まで、このブログとあちらのブログで
いろいろと勝手なことを言ってきました。
でも、それは、こうなる前の出来事です。
こうなった今、簡単にいろいろなことは発言しません。
言葉は曖昧です。
人に伝えること、それは言葉ですが、すごく曖昧です。
自分の気持ちを上手く伝えられるか、自信がありません。

毎日、毎日、どの局でも流れる同じ映像。
そして、「エーシィー」の締めくくり。

第14回目白ロードレースの完走証があの日に届きました。
完走証
みんな、それどころではなかったですね。

完走した証明書です。

みんなで、完走に向かって・・・・・。

完走するべきゴールはどこなのでしょう。

それをリーダーがわかっていないのだから・・・。

でも、みんなでゴールを見つけて、完走証をもらいましょう。

にっぽん、ちゃ、ちゃ、ちゃ。

目白ロードレース完走

2011年03月06日(日)

さて、いよいよ決戦の日曜日。
第14回目白ロードレースの開幕である。

ゼッケンは、5452番
ゼッケン

11時08分スタートなので、普通に起きて、
いつもの休日どおりに朝食を食べていると、
奥さんの携帯に、サクラさんからメールが来た。

奥さん「サクラさん、もう家を出るって」
米治郎「まだ、7時半だよ、あっ、そうか、9時に来るって
    言っていたものね」

そして、9時前に電話が来たので、奥さんは途中まで迎えに行く。
サクラさん、40代前半の奥さんの友人だが、フルマラソンは、
8回完走、ハーフマラソンは数知れずの強者だが、
一昨年の北海道マラソン完走以来、走ることを止めていて、
なぜか、米治郎が目白ロードレースに出るとのことで、
奥さん経由で、「では、私も出る」と、いうことで、
止めていたランニングに、米治郎、火をつけてしまった。

さらに、去年の自転車飲み会で、米治郎が酔って言ってしまった
「目白ロードレスエントリー宣言」、それに対応していただいた
TAKEさんが米治郎がエントリーしたら、すぐにエントリーしていただき、
米治郎がエントリーして、二人を巻き添えにしてしまった。
さらに、kozoさんも、米治郎がkozoさんのしまだ大井川マラソンの
応援に駆けつけたので、わざわざ、応援に駆けつけていただいた。

10時50分にサクラさん、奥さん、米治郎で家を出て、
受付の千登世橋中学へ向かった。
受付を済ませて、TAKEさんたちと合流。
なんと、TAKEさんとkozoさんの二人は、上野から
千登世橋中学まで、走っていらっしゃったとの事。
しかも、飯田橋から神楽坂方面へ行って
上り下りを楽しんできたらしい。

TAKEさんは11:04スタート。
サクラさんは、11:12スタート。
米治郎は、11:08スタート。
千登世橋中学の校庭がスタート地点。
TAKEさんが最初にスタートしていき、
米治郎もスタート。
50歳から60歳までの人が2チームに分かれての
スタートだった。見るからに速い人たちの多くは、
スタートで前の方に並んでいて、こりゃ、前の方は
ヤバそうなので、後ろの方からスタートした。

千登世橋中前

校庭から道路へ出ると、菊じい、隅ばあさん、奥さんが
応援してくれていた。
学習院の門をくぐって、校内に入ると、
いきなりの階段坂、階段はテンポ良く上るが、
その後の激坂がすごかった。
上りきると、給水所、まだ、1周目なのに
もう水をもらっている人がいる。
校内を走り、正門から目白通りへ出る。

目白通り

坂好きの誰かの真似して動画を撮ってみた


山手線唯一の駅前にパチンコ屋がない目白駅で
左折して坂を下って、左折して、サヤコズマンション下を通り、
学習院馬場の前を通って、また、学習院の校内に入って、2周目に入る。
そう、また、階段坂、階段をテンポ良く上って、その上の激坂を
上り、給水所、でも横目で見て、水はもらわない。

校内から学習院正門から目白通りへ出て、目白駅で
左折して、坂を下り、学習院下で左折して、
サエコズマンション前を走っていく。

もう、一丁


学習院坂入口

馬場の横から学習院の校内へ入っていき、
3回目、最後の坂、階段はテンポ良く上れたが、
その後の激坂がきつい。
やっと、上って、さすがに給水で水をもらう。
口をゆすいで、学習院正門から目白通りへ出る。
もう、ここからは、目白駅を過ぎて、
坂を下って、馬場から千登世橋中学まで、平坦だ。
少し、ペースを上げる。
目白駅で左折して、同じ色のゼッケンを一人抜く。
さらに、学習院下を左折して、
また、一人同じゼッケンを抜く。
学習院の門、もうここを入らず、
そのまま、千登世橋中学へ行けば良い。
先にゴールしていたTAKEさんが、一緒に走ってくれて、
さらに、3人抜かした。千登世橋中学の校庭でゴール。
サクラさんに抜かれなかった。

ゴールの後は、とん汁引き換え券でとん汁をいただく。
そして、皆さんを引き連れて、我が家で一時休憩。
打ち上げへ行く前に、千登世橋中学へ寄って結果を見ていく。
米治郎は50歳から60歳までの部、89人中67位。
着順
まあ、可でもなく不可でもなく・・・、タイムは、29分18秒。
とりあえず、3回激坂を上って、30分は切れた。

高田馬場駅前の石庫門で、打ち上げ飲み会。

TAKEさん、kozoさん、サクラさん、今日はありがとうございます。

少し、ランニングに火がついた。
目白ロードレース、また、来年も出るつもりだ。
来年は、25分切ることを目標にしたい。

初帰宅後ラン

2011年03月04日(金)

自転車の乗っているときは、会社から帰宅後、
22時になっても自転車の乗ったが、ランニングは、
全くその気にならなかった。

2/27の日曜に皇居デビューして走っていなかった。
明後日6日の目白ロードレースに向けて、少し
心配だったので、今日は、20時過ぎに帰宅できたので、
走ってみた。

自転車の時もそうだが、走るのも同じで、
間をおいて、久しぶりに、走りると、走り始めて、
まず、最初の5分くらいが苦しい。
自転車の時は、ほぼ毎日走っていたので、
久しぶりに乗った時に、それが顕著に出たが、
ランニングは、週1回しか走っていないので、
毎回、この状態になる。

今日の課題は、”この試練に耐えること”と、
”上り坂”をなるべく速く上ることだった。

神田川沿いを江戸川橋公園まで行く。
やはり、5分目くらいの新江戸川公園横から
芭蕉庵、椿山荘裏くらいまでやはりそれはやってきた。
しかし、江戸川橋公園では、少し楽になる。
しかし、そのまま、目白坂を上っていく。
なるべく速く上ることを課題としたので、
速く上って行ったが、それも半分までで撃沈。
急に、上る速度が遅くなる。ゼエゼエ言いながら
上り終えると、椿山荘の正門前。
交通整理をしている警備員が、米治郎は、
まだ、だいぶ前なのにクルマを止めてくれる。
悪いので、ダッシュして、渡る。
その後も、速く、ゼエゼエ、速く、ゼエゼエを
意識的に繰り返して走っていく。
高田1丁目を左折して、宿坂を下って、
目白不動前で終了。

今日の成果は、ココをクリック

さあ、明後日は、目白ロードレース大会で、
大学以来の30年ぶりの、なんとか”大会”に出場。
プロフィール

高田米治郎

Author:高田米治郎
米治郎の道草日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。