スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

61kmが・・・

2011年04月30日(土)

昨日の14:15にスタートした山岳地帯を含めた102kmウォーキング。

参加者はノールさん、kozoさん、米治郎の三人。やはり、無理でした。
二度上峠を上って、1390mまで標高を稼ぎましたが、61kmで三人でリタイアでした。
応援ありがとうございます。

詳細は後日アップします。
スポンサーサイト

芸人の悲哀

2011年04月29日(金)

昨日の”熱中スタジアム”。
遅い時間なのに、見ていただいた方々
ありがとうございます。
熱中スタジアム

大騒ぎしましたが、米治郎の”アラポタ”は
使われなかった。
ノールさんは”タマポタ”だったので、
”アラポタ”にしたのだが・・・。

芸人が使われない感じって、こういうことかも・・・。
でも、彼らは生活かかっているから、もっと深刻か・・・。

最後のノールさんのオチ、最高だったでしょ。

番組の裏側は、来週の放送後、アップの予定。

さて、本日、14時15分、ノールさんとkozoさんと
102kmウォーク、スタート。

途中経過は、できる限り、ツイッターでつぶやく予定。

@takadayonejirou

NHKへ行ってきた-1

2011年04月22日(金)

自転車討論会に出席した人たちが、
皆さん、ブログを公開し始めているので、
米治郎も遅ればせながらレポートを開始する。

先日の自転車日記”アラポタ”で書いたとおり、
ノールさんと行ってきた。
入口ぼかしなし


都内某所は、NHK。
NHK.jpg


自転車討論会は、毎週木曜日、23:30からBSプレミアムで放映している
熱中スタジアム」という番組の収録だった。
http://www.nhk.or.jp/n-stadium/20thm/index.html
その放映日は、4月28日(木)、5月5日(木)のそれぞれ23:30から、是非ご覧あれ!
(5月5日に2回目があるが、2回目は米治郎は野暮用で
出演できなかった、ノールさんは、両方出演。)

生で見た”顔が小さくて綺麗”な女優さんはこの人。
月並みなセリフだが、本当にそう思った、
「テレビで見るより綺麗だった」
※肖像権があるそうで、タレントさんの画像は撮れない。
中越典子


内容は見てのお楽しみ。
スタジオ内

このサイトの動画を見ると、最後の方で、
番組MCのオリラジ中田さんの上っている坂は・・・。

ノールさんは必ず映る。

米治郎は如何に???
使われるかな???

放送後、その顛末をレポートする。

102キロWALKに行ってきます。

2011年04月28日(金)

今日(28日)は、23:30からNHKBSプレミアム、
”熱中スタジアム”、宜しく。

http://www.nhk.or.jp/n-stadium/20thm/index.html

さて、kozoさんの企画で、ノールさんとkozoさんと
おじさん3人で、29日14時からから28時間かけて歩いてくる。
完走は無理かもしれない。
でも、覚悟はできた。

表題「28時間・102キロWALK、群馬県・高崎→北軽井沢→長野県上田市真田」

副題「獲得標高は1,600Mもあるでよ!さすが“坂馬鹿”つながり。(笑)」



4/29(金)12:00       集合・待ち合わせ。上野駅・正面改札。昼飯持ち込み。

     12:30       上野発・「高崎行き」各駅停車の旅。

     14:05       新町駅到着(高崎市)

     14:15 <0KM>  いざWALKスタート!!!「R17→R406」

     19:00 <21.4KM>「ベイシア里見点」(スーパー)着、買い出し補給。
              「ベイシア」の営業時間は20:00まで。

     20:00 <25.0KM> 高崎市室田。 休憩、晩飯。(ホルモン焼き「山木屋」TEL027-374-0046)

     21:00       再スタート!「R406を北西へ」

     23:00 <35.2KM> 高崎市倉渕「7-11」(24時間営業)。これよりしばらくお店はありません。
               買い出し補給。

               「R406→K54」

4/30(土)5:30  <56.8KM> 二度上峠・標高1390m

     7:30  <66.7KM> 北軽井沢バス停。コンビニ「セーブオン・北軽井沢店」
               (営業時間6:00~23:00)

            ここで続行かリタイアか決断します。

            北軽井沢発軽井沢行バス8:25

 リタイアの場合は軽井沢に出て上田まで電車で行き、真田へバスで出て「真田ふれあい館」・日帰り温泉に。

               

「k235→浅間広域農道→R144」

         ※昼食は途中の「鹿沢温泉あたりでとれるはずで
          すが、まだ確認できてません。

     13:30 <88.8KM>鳥居峠・1362m(群馬県・長野県境)

     17:00 <102.0KM> ゴール!!!!!!!!!!!!

         真田ふれあい館・日帰り温泉(長野県上田市真田町)

以上。

なんか事件になっていたのか・・・

2011年04月25日(月)

先日、ママチャリで東八道路を帰ってきたときのこと。

ふと、脇の歩道橋の階段に、おばあさんが座っているのが
見えた気がした。
ん?と思い、2度見すると、座っているのではなく、
倒れている。しかも、おばあさんではなくもう少し若い。
歩道橋の脇に、ママチャリを止めて、近づいて見ると、
20代くらいの女性が、歩道橋の階段の下の段にもたれかかれて
倒れているではないか。
声を掛けてみるが、反応はない。
しかし、肩で息をしているのが見える。
しかも、靴を履いていない、靴下で、靴下の底が汚れている。
これは、うっかり触ると、違うことで訴えられる可能性もあるので、
触らずにいると、タイミング良く、中年のご婦人が、
「どうしたんですか?」と、近寄ってきた。
状況を説明する(1回目)と、そのご婦人、その彼女の肩に手を掛けて、
声を掛けてくれた。しかし、反応はない。
「救急車呼んだ方が良いですよね」と、米治郎、
携帯で、救急車を呼んだ。
そこで、通りかかった「男性がどうしたんですか?」と、
聞いてきた。米治郎、状況を説明した(2回目)。
さらに、自転車で通りかかった男性が「どうしたんですか?」
と、聞いてきたので、状況を説明した(3回目)

米治郎、一昨年、50を過ぎて、生まれて初めて、救急車に乗ったが、
またまた、生まれて初めて、救急車を呼んだ。
「火事ですか?救急ですか?」「救急です」と、
場所を説明して、救急車を待った。
この間、彼女を見つけてから、5分くらい。

3分くらいすると、米治郎の携帯が鳴った。
「今、通報いただいた高田さんですね、救急車がすぐに間に合わないので、
消防隊の救急隊が向かっています。」消防隊の救急隊???

しばらくすると、反対車線を消防車が通り過ぎ、
Uターンしてきて、目の前で止まり、消防隊ではなく救急隊が降りてきた。
消防隊の救急隊ってこういうことか。

消防隊の救急隊の隊長さんに、状況を説明した(4回目)。

すると、救急車到着。

また、救急車の救急隊の隊長さんに状況説明(5回目)。

そして、倒れていた彼女は、救急車へ収容された。

そのまま、病院へ行く感じだったので、米治郎、
救急隊の隊長に、「もう、行っていいですか?」と聞くと、
「はい、ありがとうございます。どうぞ、行ってください」
と、言われたので、現場を後にした。

しばらく走っていると、携帯が鳴った。
警察「こちらは警察ですが、高田さんですか?今、女性が倒れていたと、
   救急隊から転送されてきたのですが、状況を教えていただけますか?」
米治郎、状況を説明した(6回目)。
米治郎「後日、警察まで来ていただくかもしれません」
後日、わざわざ行くのは面倒なので、
米治郎「では、現場まで戻りましょうか?」
警察「はい、警官を待機させますので、いらしていただけると助かります」
米治郎「では、戻ります」

この時点で、米治郎は、
「どうせ、自転車の警官が待っているのでは」
くらいにしか考えていなかった。

そして、東八道路を戻って行って、現場近くへ行くと、
なんか、赤いランプがたくさん点滅している。

「あれ、まさか、あそこ?」

白黒のパトカーが4台、覆面パトカーが逆を向いて1台、
警察の自転車が4台、さらに行ったはずの救急車も止まっている。
さらに、私服の警官が5人、制服警官が10人くらい。

なんじゃ、これ・・・、すげぇ、大事になっている。

自転車で近づくと、制服警官が「行ってください」って、
感じで、指示しているので、自転車を止めて、
米治郎「通報した高田ですが・・・」
と、警官たちの輪に入ると・・・。

私服警官「あっ、高田さんですか、連絡ありがとうございます、
     状況を説明していただけますか」
米治郎、状況を説明した(7回目)。
でも、この刑事さん、すごく丁寧で親切だった。

米治郎、救急車がまだいたので、例の彼女の状況が気になった。
すると、他の刑事さんが、「彼女は大丈夫です、私、話しましたから」
と、教えてくれた。

そして、米治郎が状況を伝えた刑事さんが、
「高田さん、通報していただきありがとうございます、
 もう、大丈夫です。どうぞ、行っていただいて結構です」
と、言われたので、行こうとすると、今度は制服警官が、
「どのような状況だったのですか?」と、聞いてきた。
米治郎から状況を聞いた刑事さんが「私が聞いているから」
と、言ったのに、この制服警官、しつこく聞いたので、
米治郎、状況を説明した(8回目)。

都合、通りかかった人に3回、消防に2回、警察に3回、
都合、8回状況を説明した。
これって、もし、例の彼女が意識がなかったら、
米治郎、第1発見者で、かつ、まずは、重要参考人だった。

いやいや、他人の為と思って、やったことだが、
聞いてはいたが、親切心が、面倒なことになるのを実感した。
でも、警察から電話をもらった時点で、戻って良かった。
たぶん、後日にしていたら、もっと大事になっていた。

でも、あの状況で知らんぷりはできなかった。

アラポタ

2011年04月17日(日)

昨日は、ノールさんと都内某所で
自転車の討論会に出席してきた。
入口

ちょっと、今は、守秘義務期間なので・・・、
今月の27日頃には、お知らせできるだろう。
それにしても、生は、顔が小さくて綺麗だったなぁ。
中-子

今日は、昼前に奥さんとカオルが買い物へ出かけたので、
一人で、昨晩のカレーの残りを食べながら、
録画してあったNHK・BSで、やっていた世界一自転車の多い街、
オランダ・グローニンゲン、を見て、さらに13時からの
TBSの噂の東京マガジンと、自転車番組ばかりで、
スポーツ自転車に、急に乗りたくなった。
自粛していたスポーツ自転車・・・。

そこで、”アラポタ”へ出かけた。
この”アラポタ”という言葉、使われれば・・・。

なんと、1月18日以来のロードバイク、
荒川CRにいたっては、去年の9月20日以来・・・。

14時、カル号で、目白不動から宿坂を上り、
鬼子母神から池袋へ出て、明治通りから
王子へ出て、新田アイランドから
荒川CR入り。
なんと、半年以上ぶりの荒川である。
少しずつ、スピードを上げていき、良い感じである。
しかし、その後、右ふくらはぎに違和感、
ヤバいつりそう・・・、ビンディングだと、
ママチャリとは使う筋肉が違うからか・・・。
しかし、誤魔化しながら進む。
あっという間に、赤羽岩淵水門着。
岩淵水門

水門脇のゲートで、荒川特有のこのゲート。
久しぶりで、クロスの時はすり抜けられた
記憶が先走り、抜けようとして、危うく
立ちゴケの危機。そう、このカル号だと、
ハンドルが引っかかってしまうことを忘れていた。
さらにゲートを超えると軽い上り坂、ここで
またふくらはぎをつりそうになる。
誤魔化し誤魔化し進んでいく。
半年ぶりに来て、多少あった砂利部分がきれいに
舗装されている。それでも戸田橋下だけ少し砂利道。
朝霞水門手前の砂利部分も綺麗に舗装されていたが、
いつものように土手の上を行ったので、上から見ただけ。
予定では朝霞水門で折り返す予定だったが、
意外にペースが速かったので、秋が瀬橋を渡る。
秋が瀬橋

さらに秋が瀬公園を抜けて、羽根倉橋の下を抜けて、
羽根倉橋東で国道463号線を渡って、
鴨川沿いの土手をを戻ってくる。
秋が瀬橋を渡って、荒川CRに戻り、
三国浄水場横から、荒川CRを後にして、
首都高速5号線の下を走っていく。
本蓮沼で17号へ出て、板橋から山手通りで、
中井から目白を抜けて帰ってきた。
帰りに目白不動へ寄って、鐘を鳴らして
賽銭入れて、手を合わせてきた。

自宅17時着。60km弱走った。
久しぶりに、2時間半、必死でペダルを漕いだ。
やはり、ビンディングは良い。

【まだまだ・・・】ママチャリに乗って思うこと-7

2011年04月16日(土)

まだまだ行けるぜぇ!

拝島の16号線から、玉川上水沿い、千川通り、豊玉、目白通りで、
高田馬場まで帰ってくる。

ロードバイクで、約2時間弱。
ママチャリで帰ってくると、
カトチャンのお巡りさんよろしく、
「私ぃいがぁぁ、ささぁげぇたぁー」って、
感じで、ゆっくり歩道を走って、帰ってくると、
休みなしで、拝島から3時間。

ママチャリで、歩道を走る時は、
絶対に歩行者優先。
「どけどけ」なんて感じで
ベルは絶対に鳴らさない。
道をあけてくれるまで、絶対に待つ。
それでもあかない時は、声をかける。

ママチャリで、真剣に走ってきたら、
どれくらいで帰ってこられるか試してみた。

ロードバイク並の2時間を切った。

ってことは、ロードバイクだったら、
もっと早く帰ってこられるんじゃねぇ・・・。
(と、自分で突っ込んでみる)

「・・・・・」

要は、”やる気”。

がんばるぞ、米治郎!

拝島~高田馬場 40km弱。

【ルールを守ろう】ママチャリに乗って思うこと-6

2011年04月10日(日)

【ルールを守ろう】

桜も満開のこの季節。
桜花びら

この震災で、自転車が増えた。

そこで、あらためて、言いたい!

「信号を守ろう」
「道路の右側は走らない」
「夜はライトを点灯」

まだまだあるが、警視庁のサイトにこんなページができた。
警視庁の「自転車の交通安全

このサイト、よーく見て欲しい。
”2万円以下の罰金又は科料”、
”3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金”
などの罰則もある。
ブレーキの着いていないピストは、
”5万円以下の罰金”、
さらに、飲酒運転は、
”5年以下の懲役又は100万円以下の罰金”。

まだまだ、本格的な取締はしていないが、
このサイト、「取締、いつやってもいいんだぞ」と、
言っているような気がしてならない。

取締があるから、ルールを守るのではなく、
みんなを守るためにルールはある。

前から言っているように、
「子供が見ている」

米治郎は、さらに言いたい。
高そうなロードバイクで、
高そうなホイール履いて、
ビシッとカッコ良いウェアを決めて、
高いヘルメットを被って、
高いビンディングシューズ履いて、
交通ルールを守らない奴ら。
お前らに自転車云々言う資格はない。
子供が、お前らを見て、カッコ良いと思ってしまうだろうが・・・、
交通ルールを守らないことがカッコ良いと思ってしまうだろうが・・・、
その子たちが、交通事故の犠牲になったら、誰の責だ!

「子供が見ている」

子供は大人の鏡だ。
プロフィール

高田米治郎

Author:高田米治郎
米治郎の道草日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。