スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラ・レイナートセン

2009年07月29日(水)

今日は名古屋に日帰り出張だった。
18時に、帰社して、仕事を片付け、19時半会社を出た。
今日は乗れそうだった。
しかし、昼間、出張先で汗をかいていたので、帰宅して
すぐに、風呂に入りたかった。
今日は、アキラが、水曜は定休なので家に居た。
奥さんと夕食を待っていてくれた。
夜練をするには良くない兆候だった。
風呂から上がると、もちろん、ビールだった。
3人で夕飯を食べた。
アルコールが入ったら、夜練はできない。

夕食後、テレビを見ていた。
フジテレビの「ザ・ベストハウス123」を何気なく見ていた。
そして、身体のハンディーがあって、美しい女性、
その1位で、”サラ・レイナートセン”が出てきた。

彼女は左大腿がない、義足だ。
それで、アイアンマンレース、スイム3.8km、バイク180km、
ラン42.195kmに完走した話だった。
涙もろい米治郎、歳を取ってきて、さらに涙もろかった。
見ていて、自然に涙が出てきた。

人間って、なんてすばらしいんだろうと思った。
人間って、やれば、何でもできると思った。

上で、リンクしたが、2005年のハワイのアイアンマンレースで、
完走したのだが、その前の年、2004年、スイム3.8kmの後、
バイクの180km、完走したが、規定時間を15分過ぎていたので、
そこで失格、ランへ行けなかった。
そして、1年で徹底的にバイクを鍛えて、その映像が出てきたが、
身体が違う人になっていた。
そして、2005年、バイクを規定時間より90分速く完走し、
ランへ行く。しかし、42.195kmの後半、恐れていたことが
起きた。義足と切断された足の付け根の連結部分、
明らかに、走る姿が異様だった。ものすごく痛そうだ。
しかし、彼女は、その痛みを克服(健常な人にはわからない痛さだろう)
して、ラン、42.195kmを完走した。

その姿は、美しかった。
人間美にあふれていた。
すごく、勇気をもらった。

ビールの誘惑に負けた自分がいた。
トホホである。

米さん、ちゃ、ちゃ、ちゃ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

なるほど…

そう来られましたか。
(笑)


でも、
いい話ですね。

Re: なるほど…

すみません、リンクをはり間違えていましたので、
直しました。
この人、約15時間で完走しているんです。
バイクを漕いで、上り坂を上っていくシーンが出ましたが、
とても、左足が義足とは思えない力強い走りでした。

プロフィール

高田米治郎

Author:高田米治郎
米治郎の道草日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。