スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チューブ交換

2009年09月25日(金)

今日は鬼の居ぬ間、最終日。
営業先から直帰して、明るいうちに家に帰れた。
そこで、夕飯前に、一仕事。

そう、先日の前輪空気抜けのチューブ交換。
前輪を外して、タイヤを外し、チューブを取り出す。
エアーを入れてみるが、入っていくし、見たところどこからも抜けていない。
やはり、バルブが曲がっている気がするので、ここから漏れているのか、
と、ペンチを持ってきて、真っ直ぐにする。
そして、バケツに水を汲んできて、チューブを漬けてみる。
すると、泡が出ている。水の中から取り出し、
その泡が出ている付近を一生懸命見るが、穴など見えないし、
空気の漏れている音も聞こえない。もう一度、水に漬けてみる。
やはり、同じところから泡が出てくる。これで、決まり。
サドルバックから新しいチューブを取り出し、
少し、空気を入れて、フラップにはめて、タイヤをかぶせていく。
最後、弛んだ部分をひき付けて、そこをはめ込んで出来上がり。
前輪を取り付けて、家においてあるポンプで、空気を入れて完成。
この間、15分、こんな短時間でできてしまうなんて、自分でびっくりである。

半年前、自分でやろうとして、1時間かかっても全くできなくて、
近所の自転車屋に持っていったこと、
ナオコバといった白石の帰り、ナオコバの前輪がパンクしたのを
二人で、やはり1時間かけてもチューブ交換できずに、
結局、偶然近くにあったホームセンターでチューブ交換してもらったこと、
それらの出来事が、夢のようである。

これもひとえに養老爺さんの講習会のお陰である。
養老爺さん、感謝、感謝、である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ピンホール

 極小の穴は位置の特定が難しいですが概ね位置がわかったら食器洗剤を付近に垂らすと泡が出るから発見しやすいです。
もちろん修理前提の話になりますが、自宅で作業をなさるならばパンクキットでゆっくり出来るので一度チャレンジしてみては如何でしょうか?(成功したらスペアに降格して持ち歩くと良いかもしれません)

養老爺さん(Re: ピンホール)

養老爺さん、いつもありがとうございます。
そういう手もあるんですね、
そういえば、子供の頃、パンクして、
自転車屋へ持っていくと、昔は皆そうでしたね。
今度、チャレンジして見ます。
プロフィール

高田米治郎

Author:高田米治郎
米治郎の道草日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。