スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風張林道制覇!

2009年10月11日(日)

※ (昨日は、眠くてヘロヘロ状態で書いたので、誤字脱字だらけでした。
   誤字脱字を修正して、多少加筆しました。2009/10/12 9:00)

本日の走行距離 159.41km
本日の走行時間 8時間45分39秒 
本日の平均速度 18.1km/h
本日の最高速度 50.0km/h
総走行距離   6031.1km

やったー、風張林道制覇、初めて上って、上れちゃいました。

予告したとおり、先週、胸突坂で転倒して打った尾骶骨、
まだ、少し痛む。しかも、今朝起きたら、その尾骶骨を無意識に、
かばって、寝違えた。背筋が痛い。もう、踏んだり蹴ったりだ。

さて、今日は、5時に家をGIANT君と出た。
とりあえず、集合場所の多摩サイ府中四谷のセブンイレブンを目指す。
先週、尾骶骨を打って、初めて乗る。やはり、少し痛む。
まず、全く、ダンシングができないことがわかった。立って漕ぐと、
尾骶骨に痛みが走る。だが、我慢できないほどではない。
新宿から方南通りを通って、井の頭通り、人見街道、東八道路で、
関戸橋へ出て、セブンイレブン到着。約束は7時だが、6時45分に着いた。
しかし、ノールさんと峰男は着ていた。だが、お互いに別の場所、
まだ、お互いを認識していなかった。二人を合わせて自己紹介。
そして、小休止後、いざ、スタート、多摩サイは、ゆっくりまったり
モードで走る。そして、陸橋通りへ出て、武蔵五日市駅を目指す。
途中のマックで、小休止。3人で、盛り上がって、いざ、戦闘モード、
にはならず、まだまだ、まったりモード。

そして、武蔵五日市駅で、ノールさん、テーピングと着替えして、
いざ!しかし、まだ、戦闘モードにはならず、ゆっくりモード。

桧原村役場を過ぎて、T字路、右は風張林道、地獄の一丁目行き、
左は風張峠、今年の3月頃来たときは、左だったが、
今日は、右、地獄の一丁目行き・・・。
左は、奥多摩周遊道路だから、クルマもオートバイも左。
右へ行くのは、地元の人か変人。

アプローチだけでも、結構な距離と斜度。
そして、”藤岡バス停”着。
藤岡1

藤岡2

そして、やっとのことで、”回転場”着。
回転場1
回転場2

回転場5空

回転場6股間

さあ、いざ、風張林道へ、ゆっくりと温存モードで上っていく。
とりあえず、”きのこセンター”を目指す。
3人でゆっくりと上っていく。
激坂を1つ越えたあたりで、フロントインナー封印を開封。
和田までは、インナー使わなかったけれど、ここはもう無理です。
激坂を三つくらい越えて、少しずつ峰男が遅れ始める。
ノールさんも、ママチャリ初号機ミヤタ君だから、余裕がなくなってくる。

そして、”きのこセンター”到着。
ノールさん、ママチャリ初号機ミヤタ君で
”きのこセンター”まで到着(凄い)。
峰男も遅れて到着。
峰男は、今日、夕方から仕事なのに参加してくれたが、
そろそろ時間切れ。
ノールさんも、足がやばい事に、マジやばそう。
そりゃ、昨日も、御岳上って、
今日は私めに付き合っていただいたのだから、
本当に感謝感謝だ。ノールさんも離脱。

さあ、ここから、米治郎の一人旅。
路面1

もちろん、これは帰りの下りで撮った写真(上りは写真を撮る余裕なぞありません)。
路面凄い2
しかし、この杉の葉ともろもろ、何とかして欲しい。
いつパンクしてもおかしくない。しかし、どんどん標高が上がっていく。

きのこセンターから先が正式に、”風張林道”、いや正式には”林道風張線”。
これでもか、これでもか、と坂がやってくる。
もう良いよと何度思ったか、足着いちゃえよ、引き返しちゃえよ、と心の声。
しかし、その一方で、ここまで来たんだ、こんなところで諦めるわけにはいかない、
と、自分に叱咤激励する。

周りは誰もいないので、大声で怒鳴ろうが、
歌を歌おうが、お構いなし。風張峠ではこうはいかない。
歌を歌いながら、仕舞には、昔振られた女性の名前まで出てきた・・・。
もちろん、奥さんの名前も忘れずに・・・。

そして、やっと、頂上到達、やーったー、やったー。

もちろん記念撮影。

林道ゴール1

林道ゴール2

林道標1

林道標2



やったー、風張林道制覇!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

凄いなぁ。

おめでとうございます。

益々、進化されているようで、脱帽です。
\(^_^)/

確実に

追い越されました。


何しろ自分は風張林道には行った事すらないのですから…
上がる自信もありません。

良く頑張りました
きのこセンター手前の厳しい坂に良く耐えたと思います!

あのRYUさんでさえ達成がままならなかった所だからねえ!

小生も久々、林道激坂に登れて楽しかったです。ミヤタ君で林道はラピュタみたいだったよ(^-^ゞ

No title

本日はお疲れ様でした。
あんな坂は今までに見たことが有りませんでした。
と言うか自転車で登ろうとは思わなかったですね。
しかし、米さん、もう、「敵なし」ですね。
富士山でも南アルプスでも箱根でも、なんでも来い!ですね。
あたしゃ、もっと精進せねば…!

凄そう!

写真で見ても凄い傾斜ですから、実際は”とんでもない”坂なのでしょうね。

ケツ痛い状態で良く登れましたね、脱帽です、おめでとう!

坂大好きヨネさん、これでまた経験値爆騰げですね(^^)。

こんな坂、登ってもジャイアントくんは壊れないのですね。

私のチャリは壊れてしまうかもしれません(笑)。

kozoさん(Re: 凄いなぁ。)

kozoさん、ありがとうございます。
一回で上れるなんて、思ってもいなかったんです。
11/1、着けるようにがんばります。

R1@八王子(Re: 確実に)

R1@八王子さん、ありがとうございます。

そんな、そんな、八王子さんを追い越すことは、
もし、人生のやり直しができても、無理です。

八王子さんの復帰戦、ノールさんと話しています。

ノールさん

ノールさん、昨日は本当にありがとうございます。
きのこセンターまで、アドバイスと引っ張っていただいたお陰で、
風張林道、上りきることができました。

きのこセンターまでもたいへんでしたが、
その先も、これでもか、これでもか、
と、坂が続くのには、参りました。

>あのRYUさんでさえ達成がままならなかった所だからねえ!
私の場合は、インナー使っちゃいましたから・・・。

ノールさんもミヤタ君で、きのこセンターまで
上って、流石というか、本当に恐れ入ります。
11/1に向かって、また、1歩進んだ気がします。

峰男さん

峰男さん、ありがとうございます。
昨日は、夕方から仕事だったにもかかわらず、
ありがとうございます。

私も最初にノールさんと下ったときは、
そう思いました。まず、知ることが大事です。
いずれ上れるようになりますよ。

白石峠、和田峠、風張林道を制覇して、やっと、
入り口に立った感じです。

くるたまのパパ さん(Re: 凄そう!)

くるたまのパパ さん、ありがとうございます。
実は、ケツが痛かったので、上れたんです。

坂は、本当はあまり好きではありません。
今回もそうですが、上っているときは、
「何でこんなとこ来ちゃったんだろうな」
と、思いながら上っています。

総走行距離も6,000kmを越えて、
ちょっと、ここのところ酷使しているので、
そろそろ、心配です・・・。

バンザイ!52歳!

"制覇"の文字を見るたびに、嬉しくなります。
そして、みんなからおめでとうのコメントいっぱい。
仲間、ていいですね。
それは、頑張るだけでなく必ず達成させるヨネさんがみんな好きだからですね。

昨日、行ってきました、内房総。
"酪"も行きたいと思っていたのですが、曲がるつもりの市原埠頭入口をいつのまにか通り過ぎてしまい、行き損ないました。
"酪"ではなく"楽"なコースを選んでしまいました。
結果、時間的に正解でした。
やっぱり遠いですね、200km超えは。

ふぅさん(Re: バンザイ!52歳!)

ふぅさん、ありがとうございます。
ふぅさんはじめ、皆さんからコメントをいただき、
たいへん、励みになります。

内房総、行かれたのですね。
市原埠頭入口、デニーズがあったらしいのですが、つぶれて、
更地になってしまったので、目印がなく、わかりづらいです。

風張林道

米治郎さん

やりましたねー!頑張りましたー!(エライ)
しかも、台風後の悪条件の中で・・・

最初に風張林道登った時の達成感を、わたしも思い出しました。
林道部の緩斜面には、『感謝』された事でしょー!(笑)

次のターゲットは、みーたーけー!?

まさやんさん(Re: 風張林道)

まさやんさん、ありがとうございます。
やりました!やったーです!
林道部の台風後の傷跡、写真より凄かったです。
まあ、木が倒れていたりはしませんでしたが・・・。

はい、あの林道部の緩斜面、オアシスでした(笑)。
あそこで、2台の”アンテナ”ワンボックス車おじさんがいました。
「こんにちは、がんばって、あと少し」って、
声をかけられて嬉しかったです。

”みーたーけー”は、レベルが違いすぎます。
まあ、そのうち・・・。
プロフィール

高田米治郎

Author:高田米治郎
米治郎の道草日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。