スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江ノ島ツアー詳細

09年11月08日(日)

本日の走行距離 138.48km
本日の走行時間 6時間27分20秒 
本日の平均速度 21.4km/h
本日の最高速度 51.6km/h
総走行距離   6,680.6km

※ 昨日、江ノ島ツアーから帰ってきて、眠くて眠くて、
  さらに、今日の日帰り京都出張も早かったので、
  昨晩は、江ノ島ツアーの詳細を書けなかった。
  今日、出張の帰り、新幹線で、記事を書けたので、アップする。

まさやんさんと6時40分に高田馬場駅で待ち合わせ、
オッキーさんとは7時に環七と甲州街道の大原交差点、
峰男とは東神奈川近くの神奈川二交差点で8時30分の待ち合わせ。

と、いうことで、6時20分にGIANT君とスタート、6時25分に高田馬場駅到着。
まさやんさんも時間通りに到着、いつものミニベロではなく、
ブルー主体のコルナゴのフルカーボン、CLXで登場。
さすがに、手入れが行き届き、凄く綺麗だ。ハンドルやサドルも変えているそうだ。
やはり、激坂を上る技術と執念も普通じゃないが、
自転車を大事にしている愛情も相当なものだ。

オッキーさんも大原交差点ではなく、高田馬場までご足労願えるとのこと。
少し遅れてオッキーさんもいつもの(と、言ってもご一緒するのは、二回目だが)
LOOKの当然フルカーボンで登場。
このLOOK、後で持たせてもらったが「何これ」と、いう軽さ、
オッキーさんの自転車へのお金のかけかたも半端じゃない。

さあ、予定通りに高田馬場をスタートする。
しかし、これが今日の試練の始まりだった。
まさやんさんもオッキーさんも、神奈川方面の道は詳しくない。
企画した責任もあるので、米治郎が先頭だ。西へ向かういつものルート、
小滝橋から新宿へ出て、甲州街道の一本北側の道で環七まで行く。
大原交差点で甲州街道を渡り、時間は7時10分、まあ、ほぼ予定通り、
井の頭通りの次で右折して、井の頭線の松原駅前でコンビニ休憩で朝食。

再スタートして、小田急を梅ヶ丘でくぐり、昔は泣く子も黙る、
今はイメチェンに成功した国士舘、世田谷区役所の横を抜け、
世田谷のローカル線の東急世田谷線を渡り、駒沢で国道246号から深沢を抜け、
自由が丘に出て、環八を渡って、田園調布駅前で記念撮影。

オーイ、GIANT君、コルナゴさんにかぶっているって・・・
田園調布

多摩川園を抜け、丸子橋、ここで7時50分、ほぼ予定通り、丸子橋で多摩川を渡り、
綱島街道を行く、住宅街を抜けて、幹線道路に入り、スピードも上がる。
しかし、後ろの二人はフルカーボンのロード、そして、力量も脚力も明らかに上である。
そのプレッシャーがジワジワと米治郎の背中を押してくる。
信号でも、黄色に変わりそうで交差点に入ってしまう、後ろを振り返ると、
二人がピッタリついている。そんなに離れるわけがない。
陽が上がってくると、影がさらに煽ってくる。
しかし、米治郎の脚力とGIANT君では、先頭ではどんなに頑張っても
30~32km/hくらいが関の山。
先日の静岡ではJUNAさんの35km/hの鬼引きに着いていったが、
あれは、引っ張ってもらったのと、置いていかれたら、
右も左もわからないから必死だった。
もちろん、今回も必死に漕いだ。

綱島街道から尻手黒川道路に左折して、鶴見駅前へ出て、
石原裕次郎が眠る総持寺の前の東海道線の踏切、
開いているので一気に渡り、国道15号線、第1京浜に出て、
峰男との待ち合わせ場所に向かう。

8時40分、10分遅れで、神奈川二交差点到着。
峰男が新車のスペシャライズドの白いロードで待っていた。
ロードバイク、白も悪くない。
ここで先頭を峰男に譲り、米治郎はしんがりに下がる。
ところが、これが更なる試練の始まりだった。
新車なので張り切っていることもあるだろう、
峰男は35,6km/hで巡航していく。
さっきの先頭の疲れと、何よりも道はわかっているので、
置いていかれても道もわかっているし、いいかという気持ちも手伝い、
遅れ気味になる。幸いにして、信号が多いので、信号で追いつく感じだ。
みなとみらいを抜け、伊勢佐木町を抜け、鎌倉街道を進む。
京浜急行をくぐって上大岡駅前を過ぎたところのマックで休憩。

みんなで朝マックしてスタート。
もちろん先頭は峰男、オッキーさん、まさやんさん、米治郎の順。
朝マックしても、やはり着いていけない、上り坂では、置いていかれる。
脚力の違い、機材の違いを痛感する。
北鎌倉へ出て、必殺の裏道で銭洗い弁天を目指す。
ここの上り坂でも置いていかれる。

銭洗い弁天でお金が増えるように手持ちのお金を洗う。
この銭洗い弁天の前の坂、なかなかの坂だが、観光客も多い。
その中のマレーの元銀輪部隊とかなんとかいうじいさんの団体に話し掛けられ、
更に、まさやんさんも人が多過ぎるのと、
彼曰く、気をそそられるほどの斜度ではないので、
登坂は中止、そのまま、鎌倉山を目指す。

また、ここの上りでも置いていかれる。
しかし、後ろから見ていて、3台のロードが重なっている同じ感じで上っていく姿、
峰男、あんなに足長かったかなー、
まさやんさんのリズミカルなダンシィング、
オッキーさんの軽快な引き足、
実にカッコイイ。

鎌倉山のいつものロータリーで記念撮影。

かっこよいLOOKさんが後ろにいるのでダレ気味のGIANT君
鎌倉山

あと一山越えれば江ノ島だ。湘南モノレールに沿って走る。
またまた上りでおいてけぼり。下ったところが江ノ島だ。
江ノ島周辺、交通規制がひかれている。マラソン大会があるらしい。車が少ない。

さあ、本日のメインイベント、”食堂いのうえ”、ここは、釣りも趣味の峰男が見つけた店。
自転車を置いて、店を覗くと空いている。
四人でテーブル席に座り、注文する。

生しらす
(親父曰く、江ノ島の藤沢寄りの海と鎌倉寄りの海では、シラスが違うそうだ、
ちなみに、ここのは藤沢寄り、更に、テレビで有名なヨットハーバー近くの
大繁盛店のしらすは、インドネシア産らしい、
「あーんなにたくさん、江ノ島でしらすは取れない」そうだ。)
生シラス


生しらす定食を各々頼み、刺身とキンメの煮魚を一人前ずつ頼んだ。
生しらす、いつも通りの美味しさ、刺身もうまかったが、
なんと言っても、キンメの煮付け、ここの煮魚は注文が入ってから煮付ける、
作り置きじゃない、新鮮だからこそできる煮付けだ。
煮汁をご飯にかけるとうまいと親父に言われ、
食べてみると、これがうまい。
4人で食べ散らかしたので、汚い食べ後・・・。
峰男に聞く「この食べ散らかし、怒られない」
しかし、みんなにも満足してもらった。
最後にびっくりしたのは、親父の言葉。
ニコニコしながら
「ありがとうございました、また、こちらへ来たら、寄ってください」
これで、3回目だが、こんなことを言われたのは初めてだ。
今までの2回は、何しに来たくらいな感じだったが、
やっと、お客として認知されたのか・・・。

さて、東京へ帰る前に、灯台の方へ向かう。
なんと、自転車で海へ来たのが初めてのまさやんさん、もちろん記念撮影。

ヨットをバックに照れるGIANT君
江ノ島岸辺

居並ぶ高貴なお方たちで、恐縮気味のGIANT君
江ノ島4台

江ノ島バックは初めて
江ノ島バック4台



東京へ向けてスタート、国道134号で鎌倉へ向かう。
マラソンの影響で車がほとんど走っていない。
子供の頃からこの海沿いの道は知っているが、ここ何十年、
この道が渋滞していないのを見たのは、久しぶりだ。
この海沿いの道、上りでないのに、完全に置いていかれた。
稲村ヶ崎を越え、由比ヶ浜で左折、大仏前を抜け、梶原から北鎌倉へ抜ける。
コンビニで水分補給して少し生き返る。
その反面、峰男がとうとう電池切れ。北鎌倉を抜けて、鎌倉街道を進む。
大船の先で、電池切れの峰男に代わり、盛り返した米治郎に先頭交代。

これがノールさんのいう”循環なんとか”か?上大岡を過ぎ、横浜到着。
峰男の知っている横浜駅前のカフェで休憩、オッキーさんと峰男はコーヒーフロート、
まさやんさんはコーラ、米治郎はコーラフロートと、懐かしいメニューで甘物補給。
再スタートして、神奈川二交差点で峰男と別れる。第1京浜を走り、
総持寺踏切は閉まっていたのでエレベーターを使う。
鶴見駅前を通過して、尻手黒川道路から綱島街道で丸子橋で多摩川を渡り、
田園調布、自由が丘から、帰りは三軒茶屋へ出る。三軒茶屋から下北沢を抜け、
笹塚手前のコンビニで最後の休憩。

笹塚で甲州街道を渡ったところでオッキーさんと別れる。
新宿を抜け、小滝橋でまさやんさんと別れて、高田馬場駅前で奥さんに電話を入れる。
今晩は二人なので、菊じいの家で夕飯との事。18時、マンション到着、もちろん階段へ。

三人のロードとの江ノ島ツアー、凄く疲れたが心地好い疲れだ。学ぶべき事もまだまだ多く、良いツアーだった。

江ノ島ツアー、二回目は年が明けてから企画の予定だ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

先日はお疲れ様でした。
あのスピードで巡航出来たのはまさやんさん、オッキーさん、のお陰です。
少しは自転車のお陰もあるのでしょうか?
ただ、言える事は前の自転車とは疲れ方が明らかに違うことを実感しました。
振動吸収やペダリングのしやすさ、車重と適正サイズなどの影響でしょうか?こんなに差が出るとなるとルックやコルナゴは?
禁断の果実の味を知ってしまったのか?
いやいや、結局は足です!脚力です!と危ない方向にふらついている自分をなだめています。

お疲れ様です。

予告の「江ノ島ツアー」を拝見して、今回は“まったりサイクリング”かと思いきや、またまたハードトレーニングになりましたか。(笑)


「京都日帰り出張」も含めて、大変お疲れ様でした。


P.S.
「食堂いのうえ」いずれ、行きたいと思います。一見だと愛想悪くても、仕方なさそうですね。
良いお店そうです。
(^^ゞ

ありがとうございました。

先日はお疲れ様でした。

米治郎さんのブログを拝見させていただき、走行ルートが少しだけ分かったような気がします。(汗)ちょっとだけ・・・ですけど。

そにしても、本当にお二人には大変申し訳ない。
プレッシャーをかけてるつもりはさらさらなかったのですが!
無理をさせてしまったようで・・・

それにしても、楽しかったです。
自転車で、初めての海!最高でした。。。

そうそう、
あるお方に言われちゃいましたよ。。。

あるお方:『まさ~、海はじめてなんだってー!』

まさやん:『はい、3万キロ以上走ってて初めてなんですよー!』

あるお方:『じゃー今度は俺と日本海だな!碓井峠からじゃー
       まさに申し訳ないから!渋峠から直江津!ちょっと
       寄り道して400やろー!来年やるからな!まさなら
       大丈夫だよー!』
まさやん:『あはは!』

◎渋峠からの日本海!且つ400キロ超え、これは喜ぶしかありません。←このフレーズ最近気に入ってます。

来年の江ノ島ツアー!楽しみにしてます。
それに、12月の蕎麦ツアーも。。。

またご一緒に飲みましょう。
あらら
走りましょう。。。
あらら
両方ですね。



       




おつかれさまでした

米さんもそろそろ如何?

ロード


自分はマレーの銀輪部隊の爺さんに興味あります。

話では聞いたことがありますが
ジャングルの中
路面は当然ドロドロ(練り羊羹のような)
担いで川を渡り
荷物と銃を背負い
車体は30kgはあろうかと云う実用車で走破し
任務を遂行したと…

峰男さん

確かに、二人の影響は大きいでしょうね。
そして、自転車のお陰もあると思います。

禁断の果実、良い事いうね。

でも、この一年で、一気に3台所有・・・。
羨ましい・・・、私は、R/3で、これからもグァンバル!

kozoさん(Re: お疲れ様です。)

kozoさん、ありがとうございます。

ハードトレーニングになりそうなことは、少し予想していました。
しかし、良い経験になりました。
みんなに喜んでもらえたのが何よりです。

週の前半に出張すると、後半がつらいです

「食堂いのうえ」、
湘南方面へ行ったら、わざわざ行く価値がある店だと思います。

まさやんさん(Re: ありがとうございました。)

まさやんさん、ありがとうございます。

世田谷は、”タクシードライバー泣かせ”ですから、
わからなくて当たり前です。

申し訳ないなどと、こちらこそ申し訳ないです。
> プレッシャーをかけてるつもりはさらさらなかったのですが!
> 無理をさせてしまったようで・・・
なんか、M的にうれしい気もしました(笑)。
良い鍛錬になり、良い経験をさせてもらいました。

> それにしても、楽しかったです。
> 自転車で、初めての海!最高でした。。。
すごく意外でした。
でも、喜んでいただいて良かったです。

> あるお方に言われちゃいましたよ。。。
”ある方”って、もしかして、私と同じ歳で、
ママチャリに乗っていて、動画とか撮っていて、
激坂は乙女心などと言っている方ですね。

> 来年の江ノ島ツアー!楽しみにしてます。
はい、また、行きますよ。

> それに、12月の蕎麦ツアーも。。。
皆さんが、”暗”から帰られたら、水も冷たくなって、
蕎麦も美味しくなっています。

> またご一緒に飲みましょう。
忘年会やりましょう。

R1@八王子さん(Re: おつかれさまでした)

R1@八王子さん、ありがとうございます。

> 米さんもそろそろ如何? ロード
我が家には、大きな聳え立つ壁があります。
財務省が・・・。

> 自分はマレーの銀輪部隊の爺さんに興味あります。
> 話では聞いたことがありますが
> ジャングルの中路面は当然ドロドロ(練り羊羹のような)
> 担いで川を渡り荷物と銃を背負い
> 車体は30kgはあろうかと云う実用車で走破し
> 任務を遂行したと…
はい、そんなこと言っていました。
お酒が入っている人もいて、結構面倒だったです。
最後は、「南方を再攻略してくれ!」まで言われました(笑)。

カーボンフレームは

確かに疲れ方が違います。
アルミフレームから乗り換えるとほんとうに良くわかります。

でもじゃあスピードがあがったか?と言われると・・・・
微妙です。走る場所や距離にもよります。

だってエスケープ乗ってた頃の記録みるとあまり速度は変わってない・・・
正確には、後ろのスプロケを換えて、基本をアウターで走るようになってからですが・・・・ロードのときより平均時速とかじつは速かったり・・・(笑)なんなんでしょうねえ・・・たぶんかぎりなくポジションをいじってロードにより近くなってるからなのかもしれませんが・・・(それでもロードのポジションにはなりませんが)


峠の登りは確かに今のカーボン車体のほうが楽に進む気がしますが、都心や三浦半島あたりではそれほど変わりません。
エスケープのほうが少し上体が起きたポジションなのでじつはロードより脚がまわるからなんじゃないかと・・・・

股関節の形状その他を考えると、上体が起きてるほうが脚の自由度が高くなるのでケイデンスは高くなりやすいんです。もちろん人によりますけど・・・・

なのでエスケープではケイデンスをあげる走り方のほうが速いし、脚への疲れも軽減されます。もちろん登りもそのほうが速いと思います。
ロードでも脚への負担は軽いギアでくるくる回すほうがいいようですが、そこのところはエスケープの勝ちじゃないかと思ってます。

写真をみるかぎり米治郎さんのエスケープはまだステムが下まで下がってないですよね。速度をあげてはしるともっとハンドルが低い方がいいとかもう少し遠いほうがいいような気がするなんて感じたことありませんか??

もし多少でもそういった感じがあるならステムをいじってみてください。前傾がさらに強くなりますが、いまよりもロードのポジションに近くなります。で高速走行時にトルクがかけやすくなるので巡航速度も今より上がると思います。

で、あとまだしばらくエスケープに乗ることでもっと力がついてきますよね。それからロードに切り替えたら、すごいですよ~。楽になりますよ~。どうせ将来ロードを買うのでしたら、ぜひ良いものを!!

だから時間をかけてじっくり下調べをしつつ資金を調達して最高のロードをゲットしてください!!

オムアリさん(Re: カーボンフレームは)

オムアリさん、いつもありがとうございます。

> 確かに疲れ方が違います。
> アルミフレームから乗り換えるとほんとうに良くわかります。
一昨日、まさやんさんからも、コルナゴの試乗、
誘われましたが、お断りしました。
お誘いいただいたことは、すごく嬉しかったんです。
峰男の言葉ですが、”禁断の果実の味”になるのが怖かったです。
そして、愛情のこもった愛車に何かしてしまったら・・・。

> でもじゃあスピードがあがったか?と言われると・・・・
> 微妙です。走る場所や距離にもよります。
まさに、”経験者は語る”ですね。

> 写真をみるかぎり米治郎さんのエスケープはまだステムが下まで下がってないですよね。
>速度をあげてはしるともっとハンドルが低い方がいいとかもう少し遠いほうが
>いいような気がするなんて感じたことありませんか??
> もし多少でもそういった感じがあるならステムをいじってみてください。
>前傾がさらに強くなりますが、いまよりもロードのポジションに近くなります。
>で高速走行時にトルクがかけやすくなるので巡航速度も今より上がると思います。
なるほど、なるほど、今度、やってみます。
ハンドルの下、違う高さのワッシャーがいくつか
はまっています。あれで調整するんですよね。
mixiにR/3のコミュがあって、”改造”コーナーみたいなところが、
そこにそういうことのやり方とか出ていて、参考になります。
ドロップハンドルに変えている人(?)もいて、面白いです。
でも、実際にやる気(ステムをいじる)にはなっていなかったので、
オムアリさんがそうされていたのであれば、
チャレンジしてみる気になりました。

> で、あとまだしばらくエスケープに乗ることでもっと力がついてきますよね。
>それからロードに切り替えたら、すごいですよ~。楽になりますよ~。
>どうせ将来ロードを買うのでしたら、ぜひ良いものを!!
> だから時間をかけてじっくり下調べをしつつ資金を調達して
>最高のロードをゲットしてください!!
本当に、いつも真摯なお言葉、嬉しいです、感激です。
エスケープR/3でもう少し力をつけます。
よーく、下調べをして、資金も調達します。

※追伸
いつも、オムアリさんのコメント、感心しています。
と、いうのは、文章力の素晴らしさです。
頭の中に、すぅーと、考えずに、入ってくる文章なんです。
私のもうひとつのブログ、”感想文”で、時々、書いているんですが、
こういう文章の作家が良い作家だと、常々思っています。

文章を読んで、すぅーと、考えずに、入ってこない文章、
自分の読解力が悪いのではありません、文章が悪いんです。

おほめいただきありがとうございます。

って・・・・文章、んなに上手じゃないと思います、自分・・・

ただ、男性と女性だと女のほうが文系な頭らしいですから・・・
子どもみるとわかりますが、日記とか手紙とか良くかくのは女の子、男の子はそういの全然ですから。

そのへんの違いじゃないですかね?



それとステムですが、私のは自転車屋さんでやってもらっちゃいました。もっと低くしたいと思って(一枚薄いののこして)一番下まで下げてもらったのですが、もともと半分はマウンテンのクロスバイク、ステムの傾きがロードとは逆なので、一番下まで下げてもあんまり変化を感じなかったので最終的にステムをひっくりかえしてちょうどいいかな?くらいになりました。(あくまでも私のポジションですが)

ロードを買うつもりがなかったらもしかしたらステムももう少し長いのにかえていたかもしれません。でも4万円の自転車にそこまでかける必要性も感じなかったのでお金かけずに出来るところまでにしました。

エスケープをドロップ化すると3万くらいはかかってしまうので・・・


なのでエスケープでベストなポジションをだしたいのであればショップの人と(店長クラスの人がええです)相談して換えたほうがいいかもしれません。たぶんいいアドバイスももらえると思いますし・・・・
第三者、とくにその道の人にポジションみてもらうほうが早道ですよね♪


オムアリさん(Re: おほめいただきありがとうございます。)

> って・・・・文章、んなに上手じゃないと思います、自分・・・
うーん、そういう意味だと、上手いとか下手じゃなくて、
相手に伝わる文章かどうか、それが上手いという意味です。
いつもオムアリさんのコメントって、何度も読み直す必要がないんです。
それが、”文章力”だと思います。

ステムは、まず、どうやってはずすか研究してみます。
ただ、弟の峰男と違って、根っからの不器用さが・・・。

R/3はこれ以上、消耗品以外、お金をかけるつもりはありません。
ステム交換、ドロップハンドル化は、全く考えていませんよ(笑)。
いつかは、”ロード”、いつかは”カーボン”、です。

> なのでエスケープでベストなポジションをだしたいのであればショップの人と
>(店長クラスの人がええです)相談して換えたほうがいいかもしれません。
>たぶんいいアドバイスももらえると思いますし・・・・
> 第三者、とくにその道の人にポジションみてもらうほうが早道ですよね♪
こういう人、こういうお店、まだ、ないんです。
R/3を買った池袋のY'sは全くあてになりません(泣)。

それは大変!!

そういうおつきあいのできるショップにめぐりあっていないのであれば
R3に乗ってる今のうちに探す方がいいと思います。

男性の場合、たいていのことはご自分でやる人が多いと思いますが、
やはりプロとは違います。いろいろいじってからどうにもならなくてお店に持ち込むお客さんが最近増えてきてるので困っているという話もショップでよく聞きます。

そういうケースって最初から自己流だからこまるんだそうです。
プロの人に教えてもらったり、作業を見せてもらってそれを覚えてというのではないからなのかもしれませんね。

自転車だけじゃありませんけど、すべて本の通りにはいかないし、ケースバイケースですから・・・ とくにカーボンフレームはトルクの管理が難しいのですが、かならずしもトルクレンチがあればいいというわけでもないそうです。 だって新車のときと何年も酷使した状態のものでは全く同じではないでしょうし・・・・

私もR3はいわゆる量販店で買いました。買った時の店長さんはとても良かったのですが、別なところは転勤になってしまい。相談する人がいなくなってしまったんです。

まあロードバイクを買うときはプロショップでと思っていましたから、家から比較的近い範囲でいろいろ探して一軒、一軒たずねて行きました。できればクラブチームとかあって走行会なんかがあるところがいいなとも思ってましたが、クラブチームっていろいろあって、最初にたずねたところはショップ自体はよいのですが、ただ私には高級すぎる物ばかりを扱っていて、当時予算は10万~15万くらいと思っていた私には敷居が高いのとクラブチームはばりばりのレース指向で乗鞍2位3位なんて人がいるようなところでした。

私はもっとアットホームでなおかつクラブがあるところと思っていましたので、そこにはお世話になりませんでした。いまはそこのチームの知り合いがいますけど(笑)

で、色々まわって行き着いたところが今のショップ。
けっして100%ではないけれど、居心地もいいし、普通の自転車も子ども自転車もあつかうし、クラブチームもあるし、家族ぐるみでお世話になれそうだし、じつは由緒あるショップだったので結果オーライでお世話になってます。

今のアンカーさまはそこの店長と相談して買いました。
じつは欲しいと思ってお願いにふみきったとき、もうたった1台しかメーカーに在庫がなかった状態を3店舗で争うことになってしまい。まあいいか、これだけ悩んだんだからあと3ヶ月くらい待っても・・・と覚悟してたのですが、店長が頑張ってくれてなんと金曜にお願いしたのが週明けて火曜日には私のもとにくることになってました。


ロードバイクは高額で、繊細な乗り物です。
よほど知識や経験を積んだ人ならともかく、普通の人は必ずショップの信頼できる人にお世話になることと思います。
またそういった安心してまかせられるお店で購入すればお互いにとって良い関係がきずけると思っています。

いま信頼しておつきあいできるショップがないのでしたら、いまのうちにぜひいろいろリサーチしてください。できればワイズのようなおおきいチェーン店ではなくて個人の店のほうがいろんな面でも安心できると思います。

スポーツバイクの専門店でも大手だと信頼できる人が転勤でいなくなるってことはしょっちゅうあることですから・・・・

オムアリさん(Re: それは大変!!)

ショップ探し、これ、すごく頭の痛い問題です。
実はそう思って、少しずついろいろ見ています。
会社のそば、御徒町周辺、Y'sを除いて、OD BOX(チェーン店だけど、
自転車を扱っているのはここだけなので)とか、ハクレン(だったかな)とか、
ありますけど、話しかけて、何回か行くと、当然ですが、高いバイクを
勧められます。自宅の近所は、池袋のY'sはダメで、曙橋のナントカも
高級志向で、早稲田にあるナントカもイマイチ・・・、手詰まり状態です。

まあ、まだまだ、資金も調達できない(泣)ので、気長に探していきます。
街の自転車屋は何件かあるんですが・・・。

それにしても、オムアリさん、良いショップ、見つけましたね。
プロフィール

高田米治郎

Author:高田米治郎
米治郎の道草日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。