スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の気配を感じて・・・追突


2009年3月15日(日)

本日の走行距離 105.00km
本日の走行時間 5時間12分44秒 
本日の平均速度 20.1km/h
本日の最高速度 41.4km/h
総走行距離   2155.2km

今日は、昨日とうって変わって超晴天。
天気予報どおりだ。今日は、乗るつもりだった。
しかし、早々朝の次女との戦いで眠いので、少し起きるのが遅れた。
8時半起床で、準備をして、9時20分に、GIANT君と階段を下りた。

米治郎「行ってきます、荒川の上流方面へ行ってくる、明るいうち、
    16時までに帰るね」
奥さん「わかった、いってらっしゃーい!」

9時半にスタート、まずは、近くの自販機で水を調達。
池袋を通って、明治通りを行く、王子を抜け、左折して、北本通りを行く。
いつもは、王子消防署を右折して、新田アイランドから荒川CRへ入るが、
今日は、北本通りをそのまま行ってみた。この判断が後に正解だったことを
この時はまだわからない。北本通りを行くと、なかなか荒川へ出ない。
環七を越えても、まだ荒川は現れない。
こりゃ、新田アイランドからの方が良かったと思うが、まだ、この時点でも
こちらの選択が良かったことはわからない。赤羽岩淵の駅を過ぎて、
川口方面へ行かず、そのまま直進して、JRの鉄橋をくぐって、
右折して、やっと荒川の土手に出る。ところが、異常な人出である。
警備員もたくさん配備され、交通整理をするほどだ。
荒川CRへ下りようとすると、警備員に行く手を阻まれた。

警備員「すみません、今日はマラソン大会で、CRへは入れません」
米治郎「えー、ダメなの」

土手の上は走れるようだ、仕方がないので土手の上を行く。
帰ってきて調べて知ったが、 第12回 東京・荒川市民マラソン
だったようだ。この付近がスタート地点で、下流へ向かうコースで、
さらにこの付近が、メイン会場だった。
ここで、新田アイランドではないコースを取って、荒川CRに入ったのが
正解だったことがわかる。
土手の上をゆっくりと走る、なんせ、見物の人が多い。
しばらく行くと、CRの通行止めも解除になっているようで、
下に下りた。朝霞水門までもうすぐだ。

朝霞水門、前回、荒川上流を目指して、膝が痛くて痛くて、
仕方がなく、あえなく帰ってきたところだ。
今日は、膝は両足とも全く違和感がなく、快調だ。

朝霞水門を越えて、秋ヶ瀬橋へつく。
ここは、ノールさんとkozoさんと白石を目指して、初の100km越えを
したときに、大型トラックに因縁をつけられた場所だ。
今日も、信号に大型トラックが止まっているので、その前で止まって、
チャリンコを持ち上げて、歩道側へ入った。
青になったので、信号を渡って、秋ヶ瀬橋を渡る方向の赤信号を待つ。
横に2台のローディーさんが来る。1台は青のGIOS、もう1台は、
何か良くわからないメーカーだが、カーボンフレームで、少なくとも
いろいろ、華やかな部品がついていて、米治郎のR/3が10台、
いや15台くらいは買えそうな高そうなローディーだ。
青になった、もちろん、2台とも先に行っていただく。

ところが、青のGIOSは速くて先に行ったが、すごく高価そうな
カーボンづくしのローディーが遅い、米治郎の普通の速度より遅い。
「なんじゃ、コイツ、格好もチャリンコも高そうなのに、貧脚か」
こう思ったのが間違いの元だった。米治郎、秋ヶ瀬橋の上を
高価ローディーにぴったりついていく。スピード的には
追い越せそうだが、道幅が狭いので追い越せない。
しばらく行って、橋が終わって、交差点へののぼり、ここで事件は起こった。

高価ローディーさん、何を考えたか、いきなりブレーキ。
高価な部品づくしだから、ブレーキも良く効く。
米治郎、すぐにブレーキレバーを握って急停車をしたが、
ぴったりついていたので、少し、当たってしまった。

高価ローディー「当たりました?」
20代後半くらいのにきび面の兄ちゃんだ。
米治郎「すこし、触りました、すみません」
全身、これユニクロの米治郎の姿を見て
高価R「初心者の方ですか?」
米治郎「はい」
急に口調が変わる。
高価R「知らない人の後にピッタリついて走るのってあぶないんだよね」
米治郎、クルマでも追突した方が悪いので、ひたすら謝る。
米治郎「申し訳ないです」
高価R「気をつけなよ、事故ったら、しゃれにならないよ」と、
言って秋ヶ瀬橋の下方向へ行く。

なんだ、なんだ、初心者だが、お前がこの世に姿かたちも見えない頃から
スポーツバイクではないが、チャリンコは乗っているんだ、
”初心者ですか”だと、上級者なら、ぴったりついているのが
わかっているだから、止まる時は、合図を出せよ、事故ったら、
”しゃれ”じゃ終わらせないよ、こっちも言い分、言って争うぜ。
まあ、クルマの場合、追突した方が明らかに悪いから、
チャリンコもそうだろう、おとなしく謝って済ませた。
しかし、”秋ヶ瀬橋”、米治郎にとって鬼門である。
ここを通る時は気をつけよう。

荒川CRはいろいろなものが、土手沿いにある。
甲子園によく出る高校のグラウンドや、ゴルフ場もたくさんある。
秋ヶ瀬橋の先の羽根倉橋のそばには、心地よい轟音が響く。
カートのサーキット、サーキット秋ヶ瀬がある。
ゴーカート

カートの音を後にして、ゴルフ場の横のCRをひた走る。
そこへ、横からローディーが抜いていく。
「あっ、さっきの高価ローディーだ」
本能的についていくが、直後を走るのは、”アブナイ”ので、
5mほど距離をおいて、ピッタリとついていく。そう、コイツの
貧脚には米治郎でもついていける。追いつきそうになるが、5mはあける。
やがて、観念したのか(?)、上江橋で、戻っていく。
米治郎は上江橋から入間川沿いへ入っていく、入間川CRだ。

入間川CRに入っていくと、土手が”菜の花畑”だ。一面の菜の花、
春の香りがする。そして、そろそろ、50kmを越える。
今日は100km走ることが目標なので、そろそろ戻る地点だ。
50kmを越えたところで、入間川CRを外れて、ちょっと見えた
コンビニへ、トイレ休憩とトイレだけでは申し訳ないので、
甘い缶コーヒーとおにぎりを買う、ローソン川越小ヶ谷店。
ローソン


買ってから、入間川CRに戻って、あずまやの休憩所で、昨日よしやで買った
ジャムパンとローソンで買ったおにぎりで昼食。
休憩1
休憩2


そこで、このあずまや、送電線の真下だった。どこまで続く送電線。
電線


奥さんに電話を入れる。
米治郎「川越まで来た、今、ジャムパンで昼食中」
奥さん「今、プッちゃんと散歩中」
米治郎「ゴメン、プッちゃん、散歩に連れていけなくて」
奥さん「こげ茶の若いミニピンと会ったよ」
米治郎「そうか、これから帰るよ」
奥さん「はーい」

さあ、うちへ帰ろう。
入間川CRを下流方面へ走る。
休んだので、快調、快調、膝も痛くない。
入間川から、荒川CR、入間川大橋を渡り、羽根倉橋を越えると、
荒川CRの面白いところ、モトクロスのサーキットだ。
モトクロス

そして、秋ヶ瀬橋を渡る、何もないことを祈る。
無事、秋ヶ瀬橋を渡り、荒川CRに戻り、朝霞水門を過ぎ、
しばらく行くと、また、警備員が立っている。

警備員「この先マラソンをやっていて、自転車はいけません」
米治郎「あー、まだやっているんだ」

土手の外へ出て、さらに大通りへ出た。ここはどこだろう。
少し走ると、国道17号へ出た。6台くらいの女性が混じった
トレインと一緒だった。女性とはいえ、皆、ローディーさんだ。
先へ行かせたが、さすがに遅い、すぐに抜かした。
国道17号を行き、巣鴨の手前で、明治通りへ右折する。
池袋へ、もうすぐだ、走行距離は98km。
サンシャインの手前で、前輪付近から、色々と何かが落ちた。
すぐにわかった、前輪の右のブレーキシューがない。
すぐにGIANT君を止めて、落ちた付近を探す。
順番に落ちていた。すべて、見つかった。

簡易的につけて、うちまでもう少し。
都電に沿って、鬼子母神から、宿坂を下って家へ。
しかし、”のぞき坂”へ確認へ。
もちろん、上れた。上る途中で、坂を上っている
人から声がかかった。
「すごいねー」、何かうれしかった。
一本で止めて、マンションの1階へ。
水分補給して、階段へ、結構、元気だ。
7階まで一気に上れた。小休止して、9階。

さあ、家に着いた。
米治郎「ただいま」
奥さん「おかえり」
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ヨネちゃん

見掛けによらず戦闘的だね(笑)

他のチャリに抜かれたりすると、抜き返したり、こちらから抜いたりしたくなるよね(笑)

そんな事が考えられない位にまで自分を追い込むと、速度20kmが心地良いものだよ。

》よねさん

おはようございます。
昨日はお互い気持ちよく過ごせたみたいですね。
日記拝見していても楽しさが伝わって来ました。

「荒川マラソン」、私も引っかかりそうでしたが、下流かつスタート前で通れました。

季節もよくなりましまし、是非またどこかご一緒して下さい。(^O^)

No title

おはようございまーす!

お互い、お怪我がなくてなによりでしたねー!
しかしローディーの方もムカつく気持ちも解りますが、
もう少し年長に対する口の利き方を勉強した方がいいと思いますよねー!
うがった見方をするとローディーさん、、、、
後ろにいるのを分かっていてわざと緊急停止したんじゃ?
・・・なんて思ってしまいます!!
これでまた米さんのローディーに対する敵意が
あがっちゃいましたか?(笑)
私が走っていてもイジメないでくださいね・・・・

どちらが

基本的に停止や進路変更をかける際に、ハンドサインを出す、特に後ろにひとがいる場合は、必ず知らせるのは、当たり前のことで、どちらがビギナーなの?と感じてしまいました。
自分は、トレインで走ることに慣れていないのと、知らないひとは信用していないので、余り後ろに着きません。いや、苦手なんですけどね。

後、サイクリングロードは、自転車やランナー、歩行者が多く、非常に危険なので、25キロ以下で流すようにしています。

にしても、米治郎さんの日記は、さりげない言葉の中に奥様への想いが、溢れていて、いいですね。
自分も、妻とそんな関係を将来築いていきたいです。

亀さん

そうそう、
昨日は100kmやることが目的だったので、
まだ、行きの半ばくらいなので、
張り切っちゃったわけです。

帰りだったら、ローディーについていくなんて
考えもしなかったです。

ノーさんの仰ることは、奥が深いです。

kozoさん

天気も良くて、久しぶりに楽しいチャリでした。

「荒川マラソン」、考えていらっしゃったとか・・・。

でも、あれで、行きも帰りも初めての道を通れました。

ご一緒するの、楽しみに待っています。

もぎさん

童顔なので、年より若く見られがちです。
若い頃は、それが悔しかったですが、
40過ぎると、年より若く見られるのは
良いことです。
特に、人間ウォッチングで、相手がどう出てくるとか、
実際の年齢がわかった時にどう変わるかとか(笑)。

わざとかもしれませんね。

チャリに乗るのも、毎日が勉強です。
昨日は知らない人の直後にはつかないことを
学びました、特に高価そうな自転車には(笑)。

無宿さん

mixiの件、ありがとうございます。
経験者のお言葉、一言一言が
勉強になります。
車の運転でも、つい前に近づきすぎて、
女房に怒られます。今後、気をつけます。

もう人生の半分以上、一緒にいます。
でも、未だにお互い、わからないことだらけです。
いろいろなことがありましたが、
のり越えられたのは、子供たち(次女も含めて)の
おかげです。

少々気になったので…

知らない人や目的の違う人の後ろに付かないのは基本ですよ。

車でもよく居るじゃないですか…信号が青になった途端全開加速して前走車に追いついたらブレーキ 車間が開いたら加速 車間が詰まったらブレーキ その繰り返し…
自転車でもマッタリと走ってるときは手信号しなかったり急に止まったりは、よく有ることです。

例え100万円超えのロードだとしても(だからこそ)常に全開走行する事は無い訳で…GIOSがどんな人か分かりませんが後ろに付かれるのが嫌なのかも知れません。
フェラーリに乗ってるからと言って速いとは限らない(寧ろ遅い方が多い)のですよ。


追突したのは、まずかったですね。
停車中に追突された場合バランスを崩し転倒する事もあります。
また、走行中に前走車の後輪に前輪が接触したら後続車が転倒しますよ。これをハスると言います。

ブレーキが効かなかった原因として後でブレーキシューが外れた事と関連が有るような気もします。
コレは明らかに整備不良でしたね。

因みに荒川CRは制限速度20kmですよ。かつて自転車同士の死亡事故まで発生した事がキッカケになったようです。


駄文で申し訳ありませんでした。

R1@八王子さん

ありがとうございます。
先生に叱られているような気がします。
自転車に乗るのも日々勉強ですね。
大先輩のお言葉、非常に重いです。
猛省しています。
今後もよろしくお願いします。
プロフィール

高田米治郎

Author:高田米治郎
米治郎の道草日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。