スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜練-ギア抜け-マンションの人3

2009年12月02日(水)

本日の走行距離 12.96km
本日の走行時間 38分54秒 
本日の平均速度 20.0km/h
本日の最高速度 37.7km/h
総走行距離   7,014.2km

今日は早く帰ってきたので、夜練した。
先日、峰男に換えてもらったスプロケの調子も見たかったので、
夜練した。換えてもらった時、10mほど走って、
さらにトルクをかけてみても大丈夫だったが、
普通には走っていなかったので、気にはなっていた。

走り出してすぐ、やはりおかしい。
ローギアは大丈夫だが、トップギアーの方にすると、
ギア抜けする。少し走っては止めて、調整してみるが、
一向に良くならない、っていうよりどう調整してよいかわからない。
MAXトップとその下だけがおかしい。
土曜は、仕事の具合で行けるかどうかわからないが、
長距離を走るかもしれないので、だましだまし、行くしかない。

マンション下に帰ってくると、あのY'sの子とまた会ってしまった。
米治郎「今晩は」
その子「今晩は、あー、乗ってきたんですね。これですか、R3、
    タイヤ、25に替えているんですね」
さすがである、一目見ただけで、換えていることを認識した。
さらに「どのくらい走っているんですか」と、サイコンを見るので、
米治郎「7,000km走っちゃったのよ」
その子「えー、7,000km・・・」
米治郎「うん、結構、長距離走るから」
その子「今度、一緒に走りましょう、あれ、エレベーター乗らないんですか?」
米治郎「だって、広報誌に自転車載せてはいけないって書かれちゃったから」
その子「知らなかった、いつも乗せていました、えー、でも9階でしょ、
    9階まで階段ですか・・・」
米治郎「おやすみ」
その子「おやすみなさい」
と、言って別れた。

また、自転車でつながった、しかも、凄く若い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

29日のエントリーに対してコメントとして一旦書いたのですが、手違いで全部消してしまい残りませんでした。
気分一新またこちらに書かせて頂きますが


 トップ側でチェーン飛びを起こすのは、チェーンの弛みが最大になるギア枚数だからかと思います。
 また、カセットに対してもっとも強い入力がなされるギア比とも言えます。

 そもそもRディレイラーが付いているエンドをヒットして曲げたらしいと米治郎さんが認識されているのでチェーンラインが正しく出ているかも怪しいのですが、Rディレイラーがフレームに入っている辺りにディレイラーの前後方向へのスイングの強さを決めているプレートが有り、そのすぐ脇に細いボルトでベースプレートに対するRディレイラーのスタート地点を規定しています。
これが緩んだか調整不足ですと強いトルクでチェーンが引っ張られる際にチェーンがギアの頭を飛び越えて滑ってしまうのではないでしょうか?(実車を見ていないので憶測ですが)

 基本的に今回のカセットは元々付いていた物に戻しただけなんですよね?
 となると峰男の作業が原因かもしれませんね(笑)
飛ぶようになった前後で行った作業を疑うのが一般的ですから、前回のチェーン交換、ホイール交換、カセット交換のいずれかと思います。

 エンドの修正は少し大きめなスポーツサイクルショップに行けばそれ専用の工具がありますから修正してもらえると思います。
 ただ、落車をした後にすぐその症状が出ていなかったと思いますので、エンドがそれ程激しく歪んでいると言うのもちょっと考えにくいかもしれません。

養老爺さん、ありがとうございます。

そもそも、私が、週末は、乗るのが優先で、
メンテナンスは、後回し、というより
面倒で、機械系は弱いので、
なにかするにも、峰男任せという姿勢が
良くないことなのでしょう(笑)。

さらに、昨日、走りながら、わかりもしないのに、
あちこちいじったのも、原因かもしれません。

ただ、大きなサイクルショップは、
休みの日は、修理は混んでいて、
平日に持ち込むことは難しいので、
どんどん後回しになってしまいます。

http://www.sai-men.com/tekunikaru.puraisu.htm
お近くでこんな所でディレイラーハンガーの修正をやっている所があります。
夜9時までやっている日もあるので、ビールを呑まずに仕事から一目散に帰宅して持ち込めば何とか間に合いませんかね?
小生は利用した事の無いお店なので技術の評価は出来かねますが、まぁそれなりには作業してくれるのではないでしょうか?

 最終的に不調な状態で走られるのは高田さんご本人なんで、気持ち良く走れるために一日乗れる機会を潰すか、むしろその日も不調な自転車をなだめながら一日走るかと言う選択なのでしょうね。
 まぁどこかで【壊れる】と言う結末を迎える事になるのでしょうから、その際にまとめてアチコチ治してもらう(又はいっそ自転車ごと買い換えるw、修理費用を合計するとそういう結論に達してもおかしくない元々の車体価格なもので・・・・)と言うのも手かも知れませんね。
 走らないのは止まらないよりは遥かに安全ですから(苦笑)

養老爺さん、いつもありがとうございます。

すごそうなところを探していただき、
うちからも近いので、相談に行ってみようと
思っています。

やはり、気持ちよく走れることが一番ですから、
【壊れる】と言う結末を迎えないよう
そういうことも気にしないといけないと思いました。
プロフィール

高田米治郎

Author:高田米治郎
米治郎の道草日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。