スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガタガタ、ボロボロの復帰

2010年02月14日(日)

本日の走行距離 105.57km
本日の走行時間 5時間16分05分 
本日の平均速度 20.0km/h
本日の最高速度 42.4km/h
総走行距離   8,113.2km

100kmがこんなに辛いなんて・・・。

今日は、インフルエンザからの復帰。
1月23日以来の自転車である。22日振りだ。

8時50分、GIANT君と階段を下りた。
いつもより念入りにストレッチをする。
9時スタート。
宿坂を登る。米治郎が勝手につけた高田四天王。
”のぞき坂”、”宿坂”、”稲荷坂”、”富士見坂”。
この中で、一番楽な宿坂を上っていく。
いつもなら全く問題ない坂が、頂上付近でヘロヘロ。

雑司が谷、池袋を抜け、明治通りを行く、王子を越え、
新田アイランド、荒川CRに入る。

意外と調子がよい。岩淵水門を抜けると、工事区間。
舗装路でも、昨日の雨だか雪だかで、トラックが撒き散らした
土が泥状態。後輪で、ずいぶん、撥ねている。
朝か水門を越え、秋が瀬橋から、秋が瀬サーキット、
江北橋から入間大橋へ出る。入間大橋をわたって、
川越狭山CRを行く。目的地は、川越のコンビに。
途中で、こちらも工事、しかも、帰りに見ると、工事の
迂回路を掲示した看板があったのに、見落とした。
おかげで、ダートを1kmくらい走る。
11時半、コンビニ到着。背中が気になり、コンビニのガラスで見ると、
「何じゃこりゃ」(松田優作風に)。
背中は、案の定、泥が盛大に撥ねている。
おにぎりと甘もの補給。

全体

さらに泥の状態
後輪
後輪上から
後輪


同じ道を引き返す。
この辺で、脚が悲鳴を上げ始めた。
「やばい、こんなところまで来るんじゃなかった。」
川越狭山CRから入間大橋まできたとき、限界間近だった。

平地でも屈辱のフロント、センター使用。
時速20km前後しか出ない。ペダルを踏めない。
脚が限界である。しかし、帰らなきゃならない。
「脚も何じゃこりゃ」だ。
江北橋、秋が瀬から、やっと、秋が瀬橋。朝か水門を越え、
板橋に入ったところで、二度と工事区間は走りたくなかったので、
荒川CRを離れて、一般道へ。
高島通りへ出て、国道17号線へ出て、山手通りへ出る。
やっと池袋。そのまま、山手通りを行き、西武池袋線を
越えたところで、目白方面へ左折。住宅街を行く。
目白へ出て、山手線の脇に沿った道から、学習院の下を通り、
明治通り渡って、マンション到着。

自転車担いで、階段へ。

家へついて、まず、自転車の清掃。
少しはましになった。

しかし、今日は辛かった。苦しかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

復帰おめでとうございます

米治郎様
 
復帰戦が100kmとは・・・。
ついつい天候のせいにしてサボりがちの小生、感服です。
 
体力が低下している時は、ふだんなら何でもない練習も、
オーバートレーニングになりがちです。トレーニング効果
を積み上げていくためには、休んだ分の日数をかけて、
ゆっくり、あせらずが基本です。
(かつてオーバートレーニングで、体をこわしたことが・・・)
 
くれぐれもご無理なさらぬように。

No title

お疲れ様でした。
いきなり激坂は負担増ですよ。
ある程度ウォーミングアップしないと…。


こちらは90位でしたが、帰りに左の膝と足首に来ましたね。
無理は禁物ですね。

復帰おめでとうございます。

米さんお疲れ様でした。

また、復帰おめでとうございます。

バトルロワイヤルの懇親会で、やがたさんから自転車の距離は5分の1にすると、走った時の距離に相当するという事を教わりました。

すると、今回の100kmは単純計算で20km走破。

病み上がりの復帰戦で、ハーフマラソンしてという事でしょうか(@_@;)

改めて、自転車乗りの方々の凄さに感服致しました。m(__)m


お疲れ様です。

米治郎さん
この前の馬場は、ありがとうございました。

そして、復帰おめでとうございます。
無理をしないで、焦らず頑張って下さい!

日曜日あたり、お付き合い致しますよ~!PANTOで・・・

お茶星人 やがたさん(Re: 復帰おめでとうございます)

お茶星人 やがたさん、ありがとうございます。

いやいや、”行きは良い良い、帰りは怖い”でした。
行ったら、帰ってこなきゃならないんでした(笑)。

激坂とか、峠に行って、上りながら
「何でこんなところ、来ちゃったんだろう」と、
思うことがあります。
今まで、距離を走ってそう思ったことはなかったのですが、
昨日の帰りはそう思いました。
しかも、あと、40km残っている地点で・・・。

> 体力が低下している時は、ふだんなら何でもない練習も、
> オーバートレーニングになりがちです。トレーニング効果
> を積み上げていくためには、休んだ分の日数をかけて、
> ゆっくり、あせらずが基本です。
> (かつてオーバートレーニングで、体をこわしたことが・・・)
仰るとおりだと、実感しました。

Re: No title

峰男さん、ありがとうございます。

> いきなり激坂は負担増ですよ。
昨日は、激坂も峠も上っていません。
宿坂は、ただの坂道です。

荒川CRを川越まで行っただけで、
まさに、言葉通りのガタガタ、ヘロヘロでした。
帰ってきてからの階段、泥落としも疲れました。

TAKEさん(Re: 復帰おめでとうございます。)

TAKEさん、ありがとうございます。

> バトルロワイヤルの懇親会で、やがたさんから自転車の距離は5分の1にすると、
>走った時の距離に相当するという事を教わりました。
なるほど、なるほど・・・。
でも、私が実際に走る(RUN)となったら、20kmはおろか、
1kmも走れないと思います(笑)。

しかも、昨日の帰りは、地獄でした。
輪行袋を持っていかなかったので、
帰りも乗って帰って来なくてはいけないので・・・。

まさやんさん(Re: お疲れ様です。)

まさやんさん、ありがとうございます。

馬場、こちらこそ、意外な展開で・・・、ムフフ。
そういえば、傘、ちゃんとテーブルの下に落ちていました。

昨日は、行きは、自分で驚くほど快調だったんですが、
(病み上がりでも、大丈夫じゃん、と、高をくくっていました。
来週は、まさやんさんと峠、大丈夫かな、などと考えていました。)
ところがところが、帰りは、脚に来て、脚が上がらない、下がらない状態で
あんなの初めてでしたが、18km/hくらいしか、漕げませんでした(泣)。

まだまだ、ご一緒したら、ご迷惑をおかけすると思います。
いくら、PANTOでも・・・。

No title

荒サイの工事が始まってからは私は戸田橋で一旦上に上がっています。
戸田橋を渡り、対岸の川沿いに続いている一般道を走っています。
(戸田競艇の前を通る道です)
幸魂大橋からCRに戻り(とは言っても、まだ対岸のまま)、彩湖内を抜けて、
秋が瀬公園に入るような感じです。
今度、タイミングが合えばご案内しますよ♪

あ、、、
今度の土曜日は新荒川大橋付近でkozoさんとTAKEさんのハーフマラソン大会があり、
スタート前のお二人に声援を送ってから、荒川CR経由でモノミーに行くつもりですよ♪

ヨヨマンさん

ヨヨマンさん、ありがとうございます。

工事が始まって、昨日で3回目の荒川CRでした。
1回目、工事区間の始まりで、避けました。
2回目、工事区間の先は行きませんでした。
昨日、泥々の中、行っちゃいました、
さらに、その先の未舗装歩行車道、
どうなっているか、興味本位で行きました。
すごく、後悔です。アフォーです。

>今度、タイミングが合えばご案内しますよ♪

>今度の土曜日は新荒川大橋付近でkozoさんと
>TAKEさんのハーフマラソン大会があり、
>スタート前のお二人に声援を送ってから、
>荒川CR経由でモノミーに行くつもりですよ♪
ありがとうございます。
まだ、未だに、ご一緒していませんが・・・、
でも、私の全盛期でも、ヨヨさんについていくのは、
やっとだと思います。
そして、今の状態では・・・、
ご迷惑をおかけするのは必須です。
いつも、お気遣いをいただき・・・、
申し訳ありません。

1/5ルール

先日、300km自転車で走った やがた です。
じゃあ60km、ランで走れるかっていうと、無理ですね。
今は6kmがせいぜいかと。
 
そうそう単純には行かなそうです。
 
まあ、ランもバイクも均等にやっているときの、簡易換算式として、
オーバートレーニングにならないための、目安としてご活用ください。
 
ちなみに、学生時代、このノリで、ほぼ2週間、換算距離で40km、
ランで40km、もしくは自転車で200km走っていたら、見事に故障
しました(爆)。
 
オーバートレーニングには、気をつけましょう。
・・・絶対に今ではできないから、ちょっと安心です・・・。

お茶星人 やがたさん(Re: 1/5ルール)

お茶星人 やがたさん、ありがとうございます。

> 先日、300km自転車で走った やがた です。
> じゃあ60km、ランで走れるかっていうと、無理ですね。
そう考えると、そうですね。

私は、ランに関しては、15年位前、
今よりさらに体重が重かったとき、
しかも、15年ぶりくらいに走ったのに、
何を勘違いしたのか(今も勘違いしていますが)、
学生時代の感覚で走って、身体も、精神も(笑)、
壊しました。
身体に関しては、いつになっても後悔です。
 
> オーバートレーニングには、気をつけましょう。
はい、胆に銘じます。
プロフィール

高田米治郎

Author:高田米治郎
米治郎の道草日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。