スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりのジテツウー土曜出勤

2009年3月28日(土)

本日の走行距離 14.83km
本日の走行時間 49分01秒 
本日の平均速度 18.1km/h
本日の最高速度 45.3km/h
総走行距離   2334.7km

米治郎が今いる会社、役所関係のパッケージソフトの開発販売をしている。
毎年、3月の下旬から、10月の中旬くらいまで、毎年度毎に変更になる
新年度のデータの作成と更新作業があり、繁忙期に入る。
小さな会社なくせに、全国を相手にして、メーカー系のソフトとも
ライバル関係にあるので、気が抜けないし、人数が少ないので、
たくさんの仕事量をカバーするためには、必然的に、休日出勤で
乗り切るしかなくなる。

さて、今週は、24日(火)に夜チャリして以来、25日(水)は、
折角早く帰ってきたのに、夕食後、だらだらテレビを見ていたら、
行くタイミングを逸してしまいパス、25日(木)、26日(金)は
雨で、特に26日は、昼は晴れていて、今日は乗ろうと思っていて、
会社を出たら雨が降っていたのでがっかりだった。

それで、今日28日(土)、出勤することにしたので、絶対に
ジテツウするつもりでいた。

会社へ行く前に、次女を散歩へ連れて行くつもりで、
彼女が朝睡から起きるのを待っていた。
早朝、2時くらいから断続的に始まる”飯くれくれ攻撃”、
飯食っちゃ、寝て、飯食っちゃ、寝てがずっと続く。
老犬だから、よく寝るが、老人が長い時間寝られないのと同じで、
2~3時間で、起きる。毎朝7時~9時くらいは寝ている時間で、
今日も、起きるのを待っていた。
しかし、奥さんがベランダへ出て、その寒さに震えながら入ってきた。

奥さん「お父さん、今朝は寒いし、陽も出てこないから、
    プッちゃんの散歩、行かなくて良いよ。」
米治郎「でも、毎週の恒例行事だしなあ」
奥さん「あとで、陽が出てきたら、私が連れて行くよ」
米治郎「わかった、では、頼むよ」

そして、着替えて、9時40分、GIANT君と階段を下りる。
土曜日は、勝手に出勤するというスタンスなので、出社時間は
9時までに出社するということはない。
9時45分、スタート、裏通りを行き、神田川へ出て、
胸突き坂で、芭蕉庵を左に見て、神田川を渡り、新目白通りへ出て、
江戸川橋の交差点を渡り、再び、裏通りへ入り、安藤坂の交差点から
小石川後楽園を右手に見て、東京ドームを超え、新壱岐坂から
左折して、壱岐坂を上る。ジテツウで行きの唯一の上りだ。
そして、湯島へ入り、霊雲寺の前を通って、三組坂を下る。
中央通りを横ぎり、昭和通りへ出て、10時05分、会社到着。

土曜日の仕事は、普段の日に比べて、すごくはかどる。
電話がほとんどかかってこないからだ。普段の日は、
仕事に集中しようとすると、顧客から電話がかかってくる。
特に、年度末は、新年度の契約の話やら、年度内に
仕上げないといけない仕事の相談とか厄介な電話が多い。
それが、土曜日はほとんどないに等しい。

仕事はすごくはかどって、16時半にはほぼ終わった。
17時に、帰路に着く。奥さんに電話を入れる。

米治郎「終わったけど、明日の下見に日暮里の方まわって帰る」
奥さん「そう、勝手にしたら」
米治郎「・・・・・」

この”勝手にしたら”、怖い兆候である。
言葉通りに”勝手にして”、何回もたいへんな目にあった。
日暮里回りを中止して、そそくさと来た道を帰る。
三組坂を上がる。ここは湯島のラブホテル街。
若い”アベック”(古い言い方だと言われたが今はなんと言うのか?)が
どのラブホに入るか悩んでいる会話が聞こえる。

男「どこに入ろうか?」
女「きれいなところが良い」
男「きれいなところね」

男の顔が、完全にニヤついている。
女の方も恥ずかしそうにしている感じはない。
若いというのはこういうことである。

さて、この三組坂、帰りの唯一の上りである。
行きの壱岐坂より斜度があって、長い坂だ。
米治郎、好きな坂のひとつである。
ん、ん、ん、”坂が好き”、何と言うことである。
こんなセリフが出るとは思わなかった。
自転車を始めた頃、坂は大嫌いだった。
ジテツウにしても、嫌いな坂を最低限に避けて、このルートにした。
三組坂は大嫌いだった、難所だった。
その米治郎が、”好きな坂のひとつ”などと言っちゃった・・・。
恐るべし、”ノー教”。

さて、新目白通りから、早稲田の首都高入り口で、神田川沿いに入る。
米治郎の家の神田川付近の桜は、4分咲きくらいだが、この椿山荘付近は、
そんなに離れていないのに、満開までは行かないが、8分咲きくらい
咲いている。人も多い。芭蕉庵と胸突き坂を右手に見て、自宅付近へ。
もちろん、”のぞき坂”へ。
”勝手にしたら”の言葉が引っかかるが、”のぞき坂”のシメだけははずせない。

42秒82

あらら、記録をまた更新。

そのまま、マンションへ帰り、階段。
今日は、7階まで一気に上るが、火曜日のように休まずとはいかなかった。
7階で一休み、といっても、10秒くらい。

1分50秒20

1回の休みなら、2分を切れる。

米治郎「ただいま」
奥さん「お帰り、あら、早いね」
米治郎「いや、今日は、チャリパンツはいていなかったから
    日暮里回りはやめた」
奥さん「あら、そう」

と、にこやかである。良かった、勝手にしなくて・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

アベック

今時はカップルって云うんじゃない

R1@八王子さん

”カップル”って言うんですね。
”アベック”なんて言いませんよね。
ありがとうございます。

No title

奥様とはまさに阿吽の呼吸ってやつですね。
うちは、まだまだまだまだまだ(5回書いて見ました)その域には遠いです(笑)

SIGさん

阿吽の呼吸というか・・・。
何回も、何回も、何回も、何回も、何回も、
何回も、何回も、何回も、何回も、何回も、
(こちらは10回書いてみました)
痛い目にあっているので、はい。
いい加減、学習しました(笑)。
プロフィール

高田米治郎

Author:高田米治郎
米治郎の道草日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。