スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やってもうた・・・乗ってもうた・・・

2010年03月22日(月)

”自転車を休む”・・・。
皆さんにご心配をおかけして申し訳ありませんでした。

それは、一昨日、3月20日(土)。
朝6時15分に家をスタートして、江戸川橋、後楽園、湯島、
浅草から、国道6号線に入り、千住大橋で荒川を渡って、
江戸川を渡り、千葉県松戸市に入った。快調である。
松戸警察の先、松戸隋道の手前で右折して、国道464号線へ
右折する。そのまま、464号線を進む。
「この道はいつか来た道~」なんて歌でも出てきそう、
そう、この道は、バトルロワイヤル犬吠崎の下見に来た道、
そして、本番では走れなかった道。
しばらく行って、左にミニストップを見て、すぐだと思う。
信号のない交差点、左側から黒いワンボックスの頭が
出てきている、横を走っている車の後についていく、
その瞬間、黒いワンボックスが出てきた、間に合わない・・・。

「あっ」と思う間に、黒いワンボックスの横っ面に当たった。
そこから記憶がない。
「警察呼べ」
「救急車呼べ」
と声が聞こえたような気がした。

次に覚えているのは救急車の車内だった。
寝かされているわけではなく、座らされていた。
受け入れてくれる病院を無線で探している。
救急隊の人から「自転車鍵かけておくから」と、
言って、鍵を渡し、「鍵かけて置いていくよ」と
言われ、何か答えた。受け入れてくれる病院が決まり、
救急車はサイレンを鳴らしながらスタートした。
人の付き添いで乗ったことはあるが、自分が乗るのは52歳にして初めてだ。
松戸駅前の新東京病院というところへ搬送されるらしい。
救急隊の人に許可を得て、携帯で奥さんに電話をした。

米治郎「ごめん、クルマと当たった。サイレン音の通り、救急車の中、
    松戸駅前の新東京病院に運ばれる、西口だって」
奥さん「(以外に冷静)わかった、行くから、そこに居てよ」

病院に着くと、救急救命室に運ばれる。”コードブルー”とは
全く違う世界、重症そうな人は居ない。
しかし、すぐにその後からも違う救急車が到着する。
ひざに傷があったので、そこを消毒して絆創膏を貼られ、
二階へ車椅子に乗せられ連れて行かれる。
そこで、CTスキャンを取られる。これも初体験。
次に、足のレントゲンを撮られる。
救急救命室に戻され、ベッドで横になっていると、
”山P”とは、どこも似ていない不健康そうな30代の医者から、
「頭も足も問題ないですね、でも、専門医の検診を受けてください」
と、言われ、会計で会計をするように指示され、会計へ行く。
会計を待っていると、二人の警官が米治郎のほうへ近づいてきた。
さらに、その後ろから若い男女がついてくる。
若い男女は、米治郎が当たった黒いワンボックスの持ち主、
男性は、とび職風、でも悪そうな感じではない、
女性の方もジャージ姿、元ヤンキー風、やばい相手と事故ったかも・・・。
警官の方は、松戸警察書交通課の方たち、事故の調書を取りたいとのこと。
そこで、会計から呼ばれる。金額を聞くと、
4万何がし・・・、そりゃそうだな、CTにレントゲン、
しかし、1万円しか持っておらず、「1万円で勘弁してください」で
済むわけもなく、”念書”にサインして後日、持ってくることにする。

そこへ今度は、奥さん登場、手には着替えを持ってきてくれている。
米治郎「ありがとう」
奥さん「・・・・・」
目には涙・・・な訳がない。ニコニコしている、この方が怖い。
その後、若い男性と外の警察車両でそれぞれ事情徴収。
事故証明を書くのに診断書が必要なので、もらうように指示される。
そして、相手の男性と、連絡先の交換。保険会社の確認。
保険会社への連絡はすでにしてあるとのこと。
奥さんは、その時待合室で、相手の女性と二人で話したようで、
二人は夫婦者で、これから仕事場へ向かうところだったらしい。
一生懸命二人で働いているらしい。

その後、別棟の整形外科へ、そこで、レントゲンの結果を見ながら
骨には異常がないとだけ言われ、診断書を書いてもらう。
でも、なんか適当な感じ。
脳外科は午後からしかやっていないので、午後まで奥さんと二人で
松戸で時間をつぶす。骨は折れていないらしいが、
足を打撲しているので、まともに歩けない。特に太ももの前部が両方痛い。
その間、保険会社から連絡が入り、すべて、保険で出るとのこと。
前歯が折れているので、それは近所の歯医者へ行くことにする。

午後待つこと2時間半、やっと呼ばれて、CTの結果を見ながら、
「異常ありませんね」診断書を書いてもらい、診察は2分で終了。
これもまた、なんか適当な感じ。
また、会計へ行くと、保険会社から連絡が行っていて、
さっき払った1万円が戻ってきた。

なんか、この病院、全体的に適当な感じで、対応も感じ悪い。
総合受付のねぇちゃん、
人前に座っているのにガム噛んでいるし・・・。

でも、何でもなかったから、とりあえず、めでたし、めでたし。

何ともないとは言え、足と腕は打撲のようで、すごく痛い、
特に、太もも前部が痛くて足が上がらず、ちゃんとまともに歩けない。
これは、電車では立っていたので気がつかなかったが、
帰宅後、座ると、何か体を手で支えないと立てないことがわかった。

奥さんと病院を出て、帰路につく。
何も言わずに、松戸まで駆けつけてきた奥さんに感謝である。
まあ、後で言われると思うが・・・。

今日これからGIANT君を取りに行く。一体どうなっているか・・・。

と、いうことで、米治郎もGIANT君も休養リハビリが必要です。

然るに、しばらく、自転車をお休みします。
妻に感謝、ありがとう!

今年は年初から、新型インフルに、救急車・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お大事に至らなくて……でも、お大事に……

随分前、松戸に六年半住んでいましたが、出来たばかりの「新東京病院」にはお世話になる事はありませんでした。

確かに、
あまり評判良くなかったような……

まあ、
救急車ですからね。仕方ありません。


しかし。
こう言う時、
夫婦の関係って微妙ですね。


お気をつけて…
(爆)



あ、
すみません。
笑い事じゃないのと、
自分、
笑える立場にありませんね。


何よりも、
お怪我、大事に至らず良かったですね。
落ち着いたら、
「アルコール消毒」
行きましょう!。

(^^ゞ

ホントに大事に至らなくて幸いでした。

自転車に乗っていれば、誰にでも起こりうることです。
人事とは思えません。

一日たって、気持ちの方は落着かれたようにお見受けいたします。

お体の回復には、少し時間掛かるとは思いますが、くれぐれもご自愛ください。

蛇足ですが、奥様の冷静な対応が目に浮かぶのは私だけでしょうか(笑)

大事に至らなくて良かったです。

意識を喪失されたのは、頭部を打っていると言うことですから、数日は慎重に具合をみてくださいね。身体は交換できないですから。
でも、大きい事故に至らないで本当によかったです。

kozoさん(Re: お大事に至らなくて……でも、お大事に……)

kozoさん、ありがとうございます。

救急車であそこへ連れて行かれてしまいました。
入院している人を気の毒な気がしました。

> 夫婦の関係って微妙ですね。
確かに・・・。

> 「アルコール消毒」行きましょう!。

はい、お願いします。

大事に至らず良かったです

 ノールさんから連絡いただき、この事を知りました。大事に至らず何よりでございます!ノールさんから連絡あった時は、一瞬目の前が真っ暗になりましたよ。でも、ブログを拝見させていただき、少しホッと致しました。
松戸の『新東京病院』は、わたしにとってかなり因縁のある病院です。
その事は今度お会いできた時にお話しさせていただきます。
とにかく、ゆっくり休んでください。1日も早く回復される事を心よりお祈り申し上げます。

海坊主さん(Re: ホントに大事に至らなくて幸いでした。)

海坊主さん、ありがとうございます。

> 自転車に乗っていれば、誰にでも起こりうることです。
> 人事とは思えません。
新型インフルエンザといい、今回といい、
まさか自分が・・・、と思っていました。
でも、良い勉強になりました。

> 一日たって、気持ちの方は落着かれたようにお見受けいたします。
> お体の回復には、少し時間掛かるとは思いますが、くれぐれもご自愛ください。
ありがとうございます。

> 蛇足ですが、奥様の冷静な対応が目に浮かぶのは私だけでしょうか(笑)
後が怖かったのですが、昨日あたりからジワジワ来ています(恐)。

無宿さん(Re: 大事に至らなくて良かったです。)

無宿さん、ありがとうございます。

幸いにして、意識は失っていなかったようです。
ただ、パニックっていたようで、どうやって
自分で救急車に乗ったのか、担がれて乗ったのか、
ストレッチャーで乗ったのか覚えていません。

まだ、あちこち痛いので、大事を取ります。

> でも、大きい事故に至らないで本当によかったです。
ご心配をおかけしました。

まさやんさん(Re: 大事に至らず良かったです)

まさやんさん、ありがとうございます。

ご心配をおかけしました。大丈夫です。

> 松戸の『新東京病院』は、わたしにとってかなり因縁のある病院です。
因縁って、何でしょう???
> その事は今度お会いできた時にお話しさせていただきます。
楽しみにしています。
> とにかく、ゆっくり休んでください。
>1日も早く回復される事を心よりお祈り申し上げます。
ありがとうございます。
プロフィール

高田米治郎

Author:高田米治郎
米治郎の道草日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。