スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥武蔵・・・自転車・・・

2010年04月09日(金)

仕事で奥武蔵、秩父方面へ行ってきた。
普通は、池袋から特急レッドアロー号で行くのだが、
少し早めに出て、池袋から飯能行き急行、
そして、飯能から普通西武秩父行きで行ってみた。

ずいぶん前から、西武秩父線は乗っているが、
今日ほど、感慨にふけりながら乗ったことはなかった。

西武秩父線沿いに走る国道299号線、今年の正月、
白石峠へ行って、正丸トンネルの手前まで下りてきて、
299を帰ったり、そして、3月末、インフルエンザからの
復帰後初の峠、まさやんと来た東峠、そこへの東吾野駅、
ちょうどその次の駅、吾野で、単線の交換があった。
吾野

10日の土曜は、まさやんと海さんがこの辺の峠に行くらしい。

うー、峠、行きたい。

山桜が杉林の中にポツン、ポツン。
駅前に咲く”人工的な”ソメイヨシノにはない美しさ。

風を感じ、風の香りを感じ、山の匂いを感じる。

クルマでは、絶対に感じられなかった腕や足に感じる風、
クルマでは、絶対に感じられなかった草花の香り。
クルマでは、絶対に感じられなかった自分の力で走る。

自転車を知ったものしか感じられないもの。
あのスピード感、あのペダルを漕ぐ脚への漲る力。
もう、それを知ってしまったら、麻薬のようだ、忘れられない。

峠を上る脚や腕、筋肉を通じて感じる苦しさ。
もしかしたら、という気持ちがよぎる気の迷い。
上りきったときの達成感。

苦しみをありがとう、それが生きている証。

”あれ”を味わってしまったら、もう絶対に忘れられない。

自転車、必ず、復活するぞ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

復帰、待ち遠しいです。予行演習いつでもどうぞ。

峰男さんありがとうございます。

その時を迎えることができたら、
よろしくお願いします。

ナーイスッ!

その意気!
人生なるようになります。
その気持ちを忘れなければ、いつかきっとあの感動に戻れると思います。
だから、あせらずしっかり怪我を治して、その日を楽しみにしていてください。

ふぅさん(Re: ナーイスッ!)

ふぅさん、ありがとうございます。
お久しぶりです。

気持ちだけはあるのですが、
身体の具合、家族の気持ちなど、
自分の気持ちだけでは、
どうにもならない部分があります。

いずれにしても、この前読んだ本の受け売りですが、
「”選べなかった未来”、”選ばなかった未来”はどこにもないのです。」
良い選択を目指してしていきたいと思います。

乗れる限り...

自転車って、一度虜になったらもうだめなんですね。別に若い頃が懐かしいなんて思わないアタシですが、自転車で経験したことだけは今でも追い続けているような気がします。体が弱かろうと、距離が出なかろうと、これだけはお互い、いつまでも乗れる限り続けたいですね。

わるたわんさん(Re: 乗れる限り...)

わるたわんさん、ありがとうございます。

うーむ、わかる気がします。
わるたわんさんとは、比較になりませんが、
小学生まで、毎日、自転車に乗っていた記憶が、
51で自転車を始めて、
まさによみがえった気がしていました。

まだここでは明かせませんが、
(思わせぶりでごめんなさい)
今日、まだ、直接、その人には、出会ってはいませんが、
同じ世代のこの趣味の人の話を聞きました。

力が沸いてきました。

そして、その、まさに同じ今日、
わるたわんさんからのこのコメント、

さらに力になりました。

わるたわんさんも、身体と相談しながら・・・、
はい、距離は関係ないと思いますよ、
いつまでも乗り続けましょうね。
プロフィール

高田米治郎

Author:高田米治郎
米治郎の道草日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。