スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皇居デビューと東京マラソン観戦

2011年02月27日(日)

今日は、kozoさんの企画で、目白ロードレース前の練習。
東京ランナーの聖地、皇居デビューを果たす。

気象庁前で、kozoさんたちと待ち合わせ。
まずは、東京マラソンを観戦。

まずは、車いすの人たちが通過。
車いす

普通の人のマラソンは見たことがあったが、
車いすの人たちは初めて見たが、
先頭集団のあまりの速さにびっくり。
たぶん、30km/hくらいは出ているのではないか。
観戦していた気象庁前は、コースが少し右にカーブしており、
各選手の腕で後輪を回しながらの細かいハンドル使いを
見ることができた。自転車と同じで、集団で走っており、
やはり、前に走る方が不利なのだろう。

その後、しばらく観戦していた。
まず、男子の先頭集団が通過していく。
お台場のテレビ局が完全中継なので、中継車の後に先頭集団。
先頭集団

ここら辺はものすごく速い
先頭集団2

その後は、女子の先頭集団と男子の下位集団。
kozoさんがファンの渋井も走っていく。
さらには、猫ひろしも後ろ姿が見えた。

被り物などのコスプレじゃないが、そんな格好をした人も多い。
kozoさんの知り合いで、河童の被りモノをしている人も走り去る。
カッパ
サンケイスポーツのサイトに河童さんが出ていた。
しかし、たくさんの中で、急に来るので、カメラを構えられず、
気象庁前ではカメラに収められなかった。
そのコスプレの中で、一番受けたのが、キリストだ。
十字架を背負って、苦しそうに喘ぎながら走っている。
しかし、これは、その後、演技であったことがわかった。

さらには、「ニッポン放送です。三宅裕司のほくろは、
右左どっちにあるでしょう?ニッポン放送のサイトで
お答えください」と、言いながら走っている人もいた。

そして、市民ランナーたちが延々に続く。


さらにその後の集団


その後、神田のラフィネランニングスタイルで着替えて、
気象庁前に戻ってきて、皇居ラン開始。
いよいよ、皇居デビューだ。
毎日新聞社を過ぎて竹橋からはゆるい上りが続く。
千鳥ヶ淵から、英国大使館前を右折して、
半蔵門、三宅坂を過ぎて、国会議事堂を右に見て、桜田門へ。
桜田門で皇居内へ入って、そのまま、内堀通りへ出て、
大手門を過ぎて、気象庁前。米治郎はもう少し走れそうだったが、
膝やふくらはぎを痛めそうだったので、1周でお終いにした

ラフィネランニングスタイルに戻って、シャワーを浴びて、着替えて、
日本橋へ昼ご飯を食べに徒歩で向かう。
日本橋の交差点そばの牛タンの店、味太助で食べた。
みんなで、生中で乾杯!結局、生中3杯空けてしまった。

その後、しばらく、日本橋交差点で東京マラソンを観戦。
すると、来たー、そう、キリストが来た。
キリスト前
重い(?)十字架を背負い走り去って行った。
なお、ここ日本橋は30km位の地点、あの8km気象庁前で見たように
苦しそうではなく、普通に走っていった。
キリスト後

しばし、観戦の後、解散。

kozoさん、ちくわさん、kozoさんの会社の方(すみません、お名前失念しました)、
今日はありがとうございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高田米治郎

Author:高田米治郎
米治郎の道草日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。