スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道交法を守ろうよ

2011年08月26日(金)

ここで、今まで散々言ってきたこと。
自転車の乗っている人たち、
特に、ロードバイクやクロスバイクなどの
スポーツ自転車に乗っている人たち、
道交法を守ろうよ。

最近、ツィッターやmixi、いろいろなブログでも
話題になっているこの話題。
クルマに乗っている人たちから
自転車に乗っている人たちへ
「邪魔だ!」、
「何で自転車なんかに乗っているんだ!」、
と、否定的な意見もある。
さらには、歩行者側から
「自転車に引っかけられた!」
「歩道を歩いているのに、すぐにどかなかったから
『ちっ!』と言われた」とか・・・。

自転車を降りた米治郎だが、歩いていると
余計に気になる。
特に朝の通勤風景。
赤信号を横断歩道を渡っている歩行者を
縫いながら平然と赤信号を無視して
走り抜けていく自転車。
それが、ヘルメットもかぶって
ちゃんとしたロードバイクだと余計に悲しい。

先日、自転車に関する道交法が近々改められ、
自転車専用部分があるところは、一方通行になる云々。

でも、取り締まる警察側が本腰を入れないと、
いくら道交法が厳しくなっていっても、
道交法を守らない自転車は減らない。
警官の目の前を信号無視していく
自転車を見ても警官は注意すらしない。

警官の目の前でクルマが信号無視したら、
警官はそのクルマを止めるだろう。

この違いは何だろう?

クルマは免許証を携帯していないと
さらに違反になるので、必ず免許書を携帯している。
だから、捕まえた場合、すぐに切符を切れる。
ところが、自転車は、本人を証明するモノを
携帯するルールはない。
だから、捕まえても面倒なのだろう。
さらには、自転車は、盗難自転車の摘発じゃないと、
警官のノルマに対する点数も低いのではないか?
だから、目の前で信号無視しても捕まえないのでは・・・。

もっと根本的なこと。
そもそも、
”人”対”人”なんだ。

だから、結局、立場の弱い人への思いやり。
交通弱者の順番。
歩行者>自転車>オートバイ>自動車
この順をちゃんと理解すれば、自ずと解決する。

人を思いやる気持ち、思い。
そして、パブリック、公共という場所。
電車内で足を組んだり、
化粧をしたり、
自分の座った席の隣に荷物を置く輩。

自分本位では、生けていけない。
人は一人では生きていけない。
人の事を考えよう!
そんな簡単なことだ。

もう一度、考えてみよう!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

自転車に対する道交法改正、取り締まりも結構ですが
一部の警察官は右側通行はするし歩行者にベル鳴らす無灯火も見たことあります。
そんな警察官が取り締まりって(笑)

Re: タイトルなし

>R1@八王子さん
そうですね、そもそも警察官が道交法を
守っていないんですからね。

簡単なこと

電車のなかではお年寄りに席を譲る。自転車だったら歩道ではめんどくさがらずにゆっくり走。自分で決めて自分で守れば、簡単なことですけどねぇ。
悲しいけど、簡単なことをおろそかにしている人が多いからギス
ギスしてしまうのかな。
でも、簡単なんだけどね。

Re: 簡単なこと

>わるたわんさん
そうです、簡単なことですよね。

自転車で、歩道をベルを鳴らしながら
走っていくのを見ると、「どけどけ」って
言われている気がしてしまいます。
ゆっくり走って、どいてもらえなかったら
声をかければ良いんです。
プロフィール

高田米治郎

Author:高田米治郎
米治郎の道草日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。