スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田園調布坂ツアーご一行様

2009年4月19日(日)

本日の走行距離 74.86km
本日の走行時間 3時間55分38秒 
本日の平均速度 19.0km/h
本日の最高速度 105.9km/h(なんじゃこれ?もちろん、誤動作)
総走行距離   2794.0km

今朝は、4時に次女に起こされたが、おしっこだけして
寝てくれた。しかし、6時にまた、起きる。
さあ、今度は、”飯くれくれ攻撃”が始まった。
6時半になったので、そのまま散歩に出た。
神田川沿い、桜はすっかり散って、青々とした葉だらけ。
葉桜
神田川も桜の時期と景色が変わった
葉桜2

帰宅して、次女と風呂へ入る。きれい好きだし、布団の中も入るから
散歩の後は、風呂に入って全身を洗う。これが長生きの秘訣か?

風呂へ入っていると、奥さんが、
「ノールさんから電話だよ」

風呂から出て、ノールさんにかけてみる。
実は昨日、仕事中にノールさんにかけていた。
週末になると、あの顔を見たくなって、あの声を聞きたくなる、
これって、完全に”ノー教”の信者ですなあ。
折り返して、かけると、

米治郎「ノールさん、今日は乗るの?」
ノールさん「うん、今日は、石川台とか田園調布方面、一緒に行こうか」
米治郎「うん、行こう、行こう」
ノールさん「米ちゃんの友達、大岡山だったよね」
米治郎「そうそう、彼も誘おう」
ノールさん「じゃ、平塚橋に12時」
米治郎「了解」

と、話がまとまった。
ちょっと早めに、10時に、GIANT君と階段を下りる。
外苑西通りを早稲田から、まず、四谷3丁目へ向かう。
四谷3丁目で甲州街道を渡り、そのまま、信濃町駅を過ぎ、
青山3丁目で246号線、青山通りを渡り、青山墓地のところで
右方面で、西麻布から広尾を抜けて、天現寺交差点で、右折して
恵比寿から、目黒駅へ出る。ここで寄り道。
ノールさんのブログに出ていた”ドレメ坂”と”行人坂”をいただく。
そして、目黒通りを走って、目黒郵便局で左折して、武蔵小山駅を過ぎて、
待ち合わせ場所の平塚橋。ノールさんと米治郎の友人のナオコバさん、
初対面だから、両方顔のわかる米治郎が先についていなければ、
と、思って早めについた。

しかし、これは杞憂に終わった。二人が同じ方面から同時に現れて、
交差点の向こう側で、お互いに自己紹介。
さて、3人で、まず、五反田と目黒の間の花房山へ。
そこで、一つ目の坂。
さらに、目黒通りを戻って、途中、GIANTのショールームから
ナオコバさんの地元、大岡山でいくつかの坂を堪能して、
田園調布へ、ここは激坂の宝庫だった。
田園調布

すごい坂が、多摩川方面にたくさんある。
ノール教祖の目は、喜びに満ちてキラキラしている。
それにも増して、もっとビックリは、ナオコバさん。
すべての坂を、チャリ2ヶ月目で制覇した。
そして、地元のナオコバさんの道案内も助かった。
教祖と米治郎では、こんなにサクサクといかなかった。
やはり、中学から短距離走の鬼の瞬発力は衰えていなかった。
1日で、教祖もビックリの坂馬鹿さんの出来上がりである。

たくさんの激坂を美味しくいただき、
ナオコバさんの知っている自由が丘のお店で、遅いランチ。
なんと、ノールさんとナオコバさん、同じ時期にパリ在住。
その話で盛り上がった。

そして、大岡山で解散。

楽しい坂巡りでした。
それにしても、恐るべしナオコバ。

あっと、風張峠の続き、まだ、書いてないよー。
他の人が書いているから、もういいかな?
1週間過ぎちゃったし、旬じゃなくなっちゃたし・・・。

もしかして、フェードアウト・・・・・・・・・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

今日は・・・merciでした。。。

お初でノー様とお会いしてしまい・・・

またまた僕のスポーツ人生に大いなる転機が訪れようとしています。

瞬発力はあっても、持久力が課題の

   nao であります。

ライダーNAOさん

昨日はお疲れさまです。初めてであれはすごいです。私も刺激を受けました。持久力は、走るのと違ってすぐにつくと思います。26日、その課題に挑戦しましょう。

恐ろしや

 御令弟からメールを頂き田園調布に行かれていると聞き、早速ノールさんのブログを拝見した所夕方既に田園調布の様子がUPされておりました。
 来週末にこんなSakabakaな方々とご一緒に多摩丘陵を走るのかと考えたら段々怖くなってきました。

 恐らく40代二人が足手纏いになると思いますが(;´Д`A ```
生暖かい目で宜しくお願い申し上げます。

いやあ(^-^ゞ
お二人さん共に早すぎます!!

年の単位の人ならまだしも、月の単位のオッサンが、あれでは若い人に道を譲ろうなんて微塵子もありまへんなあ(笑)

で何処まで行てまうのやら?先が楽しみでもあり、恐ろしくもあり!!

昭和32年と言う年は未来に罪創りな年だったのね
(^-^ゞ

養老爺さん

ありがとうございます。なんのなんの、まだまだ二人とも、駆け出しですのでご安心を。坂や峠を上っているとき、なんでこんなところに来ちゃったんだろうと、いつも後悔していますが、なぜかまた上っているんですね。26日、楽しみにしています。

ノールさん

いつもお導きいただきありがとうございます、NAOさんを坂巡りに連れていくのを実は少し心配していたのですが、その心配を余所に、あっという間に坂馬鹿の出来上がりでした。本当に宗教のようです(笑)。昭和32年生まれ増殖中。
プロフィール

高田米治郎

Author:高田米治郎
米治郎の道草日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。