スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月以来、初めてわかった・・・

2009年04月20日(月)

今日は、京都日帰り出張。
家を4:40に出て、高田馬場から品川へ。
品川、6:00発のぞみ99号。
そう、毎度おなじみ、トホホの新幹線出張。
京都、8:05着。

去年の10月から乗り始めたGIANT君、
今月で、付き合い期間、6ヶ月。
19日に初めて知った機能、
ハンドルの左手の部分に、”ベル”が付いていた。
(画像ないけど)
ナオコバさんが同じR/3を買って、教えてもらった。

GIANT君と出会った去年の10月1日、
池袋Y'RaodからGIANT君に乗って帰るとき、
ベルをつけていなかったので、中学生以来、40年ぶりのチャリ、
ベルが必要だと思った。
しばらくたって、ベルを買ってきて、ハンドルの右手の部分に
取り付けた。
初めて行った荒川CRからの帰り道、池袋から雑司が谷へ入って、
雑司が谷霊園の脇の小道、”アベック”じゃなくて、”カップル”が
狭い道を二人で塞いで歩いていた。
雑司が谷霊園、都心でもあまりない静かな場所だ。
米治郎が、GIANT君と近付いても、ラブラブな二人には
米治郎とGIANT君の気配すら感じてもらえない。

仕方なく、初めて右手のベルを鳴らした。
この買ったベル、一度鳴らすと、「チーン」だけの片道だけでなく、
必ず、往復して、「チーン、チーン」と鳴る。
その「チーン、チーン」が静寂の中に響き渡った。

カップルの二人が、二人揃って、”ビクッ”となる。
それが実は、すごくおかしかった。

カップルの女性「あー、ビックリした」
カップルの男性「ビックリしたね」
と、二人に振り返られて、にらまれた。

それ以来、”ベル”を鳴らすのは止めにした。
しかし、先輩方から、道交法でチャリはベルをつけていないと
いけないことも教わった。

実は買ったベル、片道だけ鳴るのが欲しかったが、往復版しかなかった。
GIANT君に最初から付いていた左手部分のベル、何かと思っていた。
だが、全く気にしたことはなかった。

”ベル”だった。しかも、片道仕様。

昭和32年生まれ、3人で大笑いだった。

米治郎、実はこういうことは日常で結構ある。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

いいぞ!!米次郎!!
人柄が充分でていて、最高だぞ!!

つまり・・・

ベルを二つつけてたってことですね?(笑)


あ、そうそう本来、道路交通法ではベルをつけてないといけないんですが、

じつは!!!


そのベル、普段はならしちゃいけないんですよ。
ならしていいのは、本当の緊急時と警笛ならせ!の表示のあるところだけ、

歩行者に気づいてもらう為にみんなならしちゃうんですけど、
じつはこれ法律違反です。(特に歩道では絶対だめ)
ならしたら驚かれたでしょ? お年寄りだと驚いてころんで骨折なんてこともあるんです。するとたちまち我々は犯罪者・・・・・・


ベルはつかわず、前をゆく歩行者の人には声をかけましょう♪♪
そのほうが、ベルならされるより、歩いている人もここちよいですから。後ろからベルならされると「どけどけ」っていわれてるみたいに感じるし・・・


若輩者がこんなこと書いてすみません。
でも同じ自転車で走るならみんなが心地いいほうがいいですよね♪♪


ノールさん

いやー、気がつかなかったな。
まだ、知らないことがありそうな気がする・・・。

オムアリさん

そうです、二つ付けていたんです。
しかし、本人は知りませんでした。

そうそう、むやみに鳴らしていると
「どけ、どけ」って感じですね。
歩道を走るママチャリでよくいますね。

ベル、むやみに鳴らしちゃいけないんですね。
あの、”アベック”じゃなかった”カップル”を
驚かせてから、一回も鳴らしていません。
なるべく、声をかけるようにしています。

ただ、急だと、大きな声って、なかなか出ませんね。
聞こえなきゃ意味がないし、普段、大きな声って
出さないから、これも訓練ですね。

若輩者なんて・・・、
私にとって、オムアリさんは先生です。

No title

自分もベルは付いているだけで鳴らしたこと無いです。
ただ、今の自転車になって、ハブのラチェット音(こぐのをやめたときにホイールから出る音)がにぎやかになったので、前を歩く人に接近を知らせる役目を果たしてます。それでも気づいてもらえないときには「すみませ~ん、とおりま~す・・・ありがとうございま~す」って言ってます。

人によってはハイキングの熊よけの鈴や、投げ釣りの時に竿の先につける鈴を自転車につけて、周囲に接近を知らせている人もいるようですよ~。

SIGさん

ロードバイクのあの音、良いですね。
”ラチェット音”って言うんですね。
私にとって、いまや、憧れの音です。

やはり、”声かけ”が基本ですね。

なんか、チャリチャリしながら走ってくる人いますね。
あれって、熊よけの鈴なんですか。
自分の存在を示すことが大事ですね。

はじめまして

こんにちは。
前ブログの頃からご近所ということもありよく拝見しております。
初めて書き込みをさせていただきます。
ベルの記事に勇気をだして投稿してみます。

最初にサイクリングロードを走った時後ろから颯爽と抜いてゆくロードバイクやクロスバイクの気配が全くわからず困惑しました。私も夫も当時はママチャリでしたので身分相応にCRの左端をおとなしく走っておりましたがそれでも何度かヒヤッとすることがありました。けっこう神経を後ろにも向けていたつもりでもはじめの頃はわかりませんでした。
その頃小さな鈴をつけて何となく存在を示しているロードバイクがいることに気がつきました。あれはありがたいです。本当に小さな音でも自然の中では案外と響くものだと実感しました。
そしてそういったライダーさんたちは整備される前の狭い江戸川CRなどで気がついて道を譲ると挨拶される方が多いことにも気がつきました。
他者への配慮がある そういう感じです。
ならし続けるベルは論外ですが40キロ近いスピードで走る自転車はかなり危険な乗り物でもあるわけでお互いの安全のためにもっと工夫されても良いのではないかと思いました。

なお私どもは現在はマウンテンバイクに乗っていますが歩道走りの時はベルは鳴らさずまずギアチェンジ音を響かせ 次の段階でローディさんのまねをして鍵に取り付けてある小さな鈴をならし それでも気がついてもらえないときは声をかけるようにしています。
初めての書き込みで 長々と失礼いたしました。

ラチェット音

私のホイールはラチェット音はしません。

あの派手な(笑)ラチェット音はカンパのホイールとかですね。
アタシのシマノのお安いホイールは整備がいいとほんと無音です。

なので音で気づいてもらうことはできません。
自転車のサイズが最小サイズでハンドル周りなどにも余裕がないので鈴などはつけていません。ですのでサイクリングロードなどでは歩行者の多いときは徐行は必須、で、声もかけますが、あまり大きい声はだしません。

だってその声に相手が驚いちゃったら本末転倒ですから(笑)
とりあえず歩いているひとよりゆっくり走り、その人が次にどう動くか予測します。もしかしたら急に右に動くかもしれないし、なので通りすぎるときもかなりマージンをとって歩行者の方をよけて走ります。

なので米治郎さん、ロードバイクはすべてラチェット音がするわけではありませんよ~。 以前はあの派手な音があまりすきじゃなかったんですが、周りの人に気づいてもらい易いという点ではいいかもと最近では思います。

ようは譲り合いの精神ですよね。狭い日本そんなに急いでどこへいくですね。私もロード乗りですが、多摩川のサイクリングロードを走ってると、もうそれは凄い勢いでどけどけ~って感じで走ってくるローディがいるんですよね。しかもこっちが走行車線で、相手は追い越し車線なのに・・・・サイクリングロードで歩いている人がいるところくらいゆっくり走ればいいのに・・・・と毎日思っています。

あるく人ももっと気を使ってくれたらいいのになとも思いますけどね。



No title

>米治郎さん

自分のは格別にぎやかみたいです。なので漕いでいないと丸わかりです(笑)
SHIMANOのホイールが「チキチキ・・・」とすると、自分のは「ヂ~~ッ」ですものね。

>オムアリさん

自分のホイールはFULCLUMです。ただグレードは一番下のヤツですけど。
完成車についているSHIMANOのエントリークラスのと同じ価格帯のホイールです。カラーリングが気に入ってコレにしてもらったのですが、あの音は想像以上でした。。。(汗)

確かに気づいてもらうには便利かな。でも人の後ろに付くときは、遠目の間合いから音出すようにしています。誰しもいきなり背中に引っ付くような距離で大きな音出されたらビックリしますものね。

オムアリさん言われるように、歩行者も自転車も相手のことをちょっと考えて行動するだけで、事故や揉め事が減ると思うんですよね~。

ママチャリお姉さま

初めまして、コメントありがとうございます。
”勇気を出して”などと仰らずに、
気軽にコメントしてくださいね。

そうですね、最近はなんとなく気配でわかるように
なりましたが、最初のうちは、スーとロードバイクに
抜かれるとビックリしたものです。
荒川CRを走っていると、ロードに抜かれることは
あっても抜くことはほとんどありませんが、
ママチャリさんを抜くときには気をつけています。
やはり、皆さんが仰っているように”声かけ”が
基本のようですね。
そして、仰られているように、”譲り合いの精神”が
大事ですね。お互いを思いやる心、今の日本、
最も足りないところですね。
これからもよろしくお願いします。
”ライトグリーンのR3”(左上の写真)を見かけられたら、
お声をおかけください。

オムアリさん

そういえば、先日、ご一緒したとき、
音がしていませんでしたね。思い出しました。
ロードは、皆、あの音がするものと思っていました。

歩行者がいる時、まず、声をかける前に、
相手を観察するのが大事ですね。
なるほど、動きを予測する・・・、
奥が深いです、先生。

荒川CRは道幅が広いのですが、その分、
歩行者や野球少年、犬の散歩とたくさんの人がいます。
多摩川CRを初めて走ったときに、道幅が狭い上に
道を塞いで歩いている歩行者が、多いことに
辟易しました。

お互いに”思いやりの精神”、これが大事ですね。

SIGさん

SIGさんの、音大きかったですね。
先日、後ろに付いたとき、ビンディングがはまらないで
苦戦されていたときに、よくわかりました。

”譲り合いの精神”、”相手の気持ちを思いやる”、
自転車って、勉強になりますね。
プロフィール

高田米治郎

Author:高田米治郎
米治郎の道草日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。