スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足が・・・、ってことで、ベルギーのすごいのを

2011年11月20日(日)

昨日は一日中雨で、夜は風雨が凄かった。

今朝、6時に目が覚めた。
ベランダへ出てみると、雨が止んでいる。
「よし、今朝は走ろう」と、バナナを一本食べて
外へ出た。
軽くストレッチをして、6時半スタート。
いつものように神田川沿いを走っていく。
走りだしてすぐに、いつも通り、身体の具合がわかる。
腰の違和感・・・、いつも通り。
股関節の違和感・・・、いつも通り。
膝が・・・、お、今日は痛くない。
ん、右太股裏側、・・・、変な違和感。
もう走り始めているので、止まれない。

だが、右太股の違和感は、次第に痛みに変わってきた。
「お、これヤバいかも・・・」
だが、騙し騙し走った。
新江戸川公園の塀から、芭蕉庵(胸突坂下)、
勇気を持って、走るのを止めた。
初めての経験。

そのまま、大人しく帰った。

もちろん、目白不動は詣でた。


でーーーーーーー。


これで終わったら、読んでいる人に申し訳ない。

米治郎、奥さんに内緒だが・・・、
ついつい、本屋で一番先に行くところ・・・、
自転車雑誌のあるコーナー・・・、
で、クラシカルレースのグラビア(写真)本。

知った。

ロンド・ファン・フラーンデレン(Ronde van Vlaanderen)

オランダよりすごい自転車王国、ベルギー。
その中のレガシー、トラデッショナルなレース、なのだそうだ。

その中の名物、石畳の激坂、コッペンベルグ。

この動画を見て欲しい。



0:05付近、
先頭集団がコッペンベルグに差し掛かる。

0:12付近
先頭が、石畳から、上り易い、画面右側の浅い側溝みたいなところへ移動する。
それについて、後ろの3人もついていく。

0:31付近
4番目の奴が、石畳に出て、果敢に3番目の奴にチャレンジする。

0:35付近
そのまま、4人とも抜かされないように、石畳に出てくる。

0:58付近
ロードレースで、こんなに上り坂を漕いでいるのは初めて見た。

1:12付近
そのまま、青白ジャージの1先頭は逃げ切る感じで、2位集団にカメラは移る。
すごくたくさんな集団。

1:37付近
画面右の青ジャージの人、石畳隅の浅い側溝を行くが、
バランスを崩し始める。

1:39付近
青ジャージの人、脇の草の土部分でフラフラし始める。

1:43付近
青ジャージの人、とうとう足をつく。

これって、このレースに出る人たち、
たぶん、この激坂、何十回、もしかしたら何百回も上っている。
でも、こうなっちゃう。

そして、こうなっちゃうと、坂道発進は無理だ。
そのまま、自転車を降りて、自転車を押していく。

1:57付近
トップ(?)は激坂を上り、逃げ切る。

1:59付近
青ジャージの人、自転車押して、走っている。

3:17付近
みんな、自転車降りて押している。

3:29付近
画面は、頂上付近に変わり始めると、青白ジャージの人、
右側の柵に手をついている。
この人も、この激坂を上る練習しているのだろう。
でも、こうだ。

さらに、3:48付近
惨憺たる姿、これぞ、ロンド・ファン・フラーンデレン名物、
渋滞発生で、ハチャメチャ状態。
みんな押すしかない。

この石畳の凸凹も見て欲しい。

3:57付近
白ジャージ、白黄色ヘルメットの選手、
自転車が坂に対して、ほぼ直角に倒れている。

4:01付近
こんな坂を、ロードレーサーで上っている。

4:07付近
自転車降りて、自転車押し競技になってしまっている。

4:22付近
石畳の溝の深さが、比較的アップになる。
この溝に、ロードレーサーの細いタイヤが挟まるらしい。

4:59付近
みんなが知っているロードレースの場面になる。

5:22付近
プロトンは、アディダス黒軍団が引いている。

と、・・・、未練たっぷりな米治郎でした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ロード自転車ってこんなところからうまれたのですか・・
日本で、コノスタイルはちょっと・・とおもったけど、いかにもすごい
・・と妙なところで関心してしまいました。
しかし、自転車おりて走ってる・・びっくりですね。
おもしろいものみせていただきました。

Re: No title

> ロード自転車ってこんなところからうまれたのですか・・
> 日本で、コノスタイルはちょっと・・とおもったけど、いかにもすごい
> ・・と妙なところで関心してしまいました。
> しかし、自転車おりて走ってる・・びっくりですね。
> おもしろいものみせていただきました。

>ふみっくさん
少しずつ、回復されてくださいね。

自転車に乗っている以上、自然の中にある
路面の起伏に正直に付き合う。
これって、真理だと思いますよ。

でも、プロ(?)のローディーさんたちの
自転車を押している姿、圧巻の動画ですよね。

毎年、後続集団は”ああなる”らしいです。

No title

見守っていただきまして有難うございます。
すっかり、元気になって、昨日は、鎌倉までいきました。

ところで、米さんは、アカペラに興味ありません?
わが従兄弟がやっていて、教えてもくれるんです。
はもるってきもちいいので・・・


Re: No title

>ふみっくさん
うわー、もう鎌倉まで行っちゃいましたか、凄っ。
ご主人の撮った動画を見た感じでは
自転車完全復活ですね。良かったです。

アカペラっすか???
まあ、音痴ではないはずですが、
私らの世代って、”カラオケ”って、
カラオケスナックへ連れていかれて
「お前歌え!」って無理やり
上司から歌わされた世代なんで、
歌を歌うことに喜びを感じられない
身体になっているんです。

でも、アカペラ、やってみたい感はありますよ。
プロフィール

高田米治郎

Author:高田米治郎
米治郎の道草日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。