スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テッペイの自転車

2009年04月24日(金)

今日は、夜に雨の予報、帰っても乗れないので、
20時半まで会社にいた。
そして、家にたどり着く頃、案の定、雨が降ってきた。
奥さんとちょうど帰ってきたアキラと夕飯、
久しぶりの晩酌した、350缶ビール2本、久しぶりの
アルコールが体の中に染み渡る。
明日も1日中、雨の予報、明後日の日曜は、
ナオコバさん、米治郎の弟の峰男、そして弟の友人の
養老爺さんで、多摩川CRを上流方面へ行く計画。
どうやら、日曜は晴れらしい。
ナオコバさん、そして、峰男は、米治郎につられて
自転車を始めたようだ。養老爺さんは、
ずいぶん前から、やっていて、ロードで
あちこち行っていたようだが、今は、オートバイへ
趣味が戻ってしまい、久しぶりのチャリらしい。

さて、ナオコバさん、弟の峰男のほかに
米治郎に感化されて、自転車を始めたのが
もう一人いる。
甥のテッペイだ。

彼は、米治郎の奥さんの妹の長男で、
小学生の頃から、シドニー在住。
小さい頃、まだ日本にいた時、よくうちの家族と
一緒に旅行へ行ったりして良く遊んだ。
今でも、冷や汗ものの思い出は、海へ行った時、
なぜか、テッペイと浮き輪につかまりながら、
二人で、プカプカと沖へ行き、米治郎の足の
つかないところまで来た。その時、突然、
浮き輪の空気が抜けてきてしまった。
テッペイはそんなことも露知らず、はしゃいでいるが、
米治郎はあせった。もう少しで、溺れる寸前、
足がつくところまで戻ることができた。
今、考えただけでもゾッとする、
あのまま、二人で溺れていたら・・・。

今年、シドニーの大学を卒業して、オーストラリアの
大手法律事務所に就職が決まった。
日本と違って、なぜか、就職が決まっても、
実際に仕事につくのは一年後、それまで
何をしていても良いらしい。
テッペイは、日本の大手法律事務所で3ヶ月間、
研修することを選び、この1月から東京で一人暮らしをしている。
3月に契約延長の話があり、さらに6月までそこで働く事にした。

先週、米治郎が、ノールさん、ナオコバさんと
田園調布激坂ツアーをしての帰り、
テッペイから、メールが入った。
「自転車ゲット!」
電話をかけて、テッペイのところへよろうとすると、
米治郎の家の近所まで来ているとのこと。
急いで帰った。マンションの自転車置き場に
真新しいMTBが置いてある。
2.png


折りたたみのMTB、しかもシマノの18段変速、
前後のサスペンション付で、なんと送料込、税込で
なんと 14,500円!

乗せてもらうと、R/3に乗りなれた米治郎には、
サスペンションのフワフワ感が変な感じ。

暗くなる前に帰ると言うので、帰らせた。
ライトがないので途中で買うと言うので、
米治郎、今のを、オムアリさんに言われて
取り替えるつもりだったので、今のライトを着けてやった。

123.png



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

いつも突っ込みばかりですみません・・・

この自転車はMTBではなくていわゆるなんちゃってMTBです。

よくルック車とか言われているものでなんとオフロードは走れません。ていうかよくみるとどこかに「この自転車でオフロードを走らないでください」と書いてあるかシールはってありますよ。

うちの息子のもそうです。


本当のMTBはロードバイクなんて足下にも及ばないくらいお値段高いです。だって普通の道路じゃ無い不安定なところをがんがん走るんですから、それなりの材質でつくりもしっかりしてないと・・・

折りたたみって折り畳むヒンジのところにものすごく負荷がかかるので本当に信頼できる折りたたみ製品は普通のロードバイクなどより案外高いんです。手間ひまもかかるしましてや折りたたむことで重量がかさむのをおさえなくちゃならないから当然お値段も高くなります。

でも自分の体重をささえて、長距離をすすむ、つまり命をあずけるわけですから信頼できる品質でなければとても長距離は走れません。

ノールさんが今回走る距離はブルベのレベルですからこの折りたたみでは多分もたないかと・・・・・

米治郎さんおエスケープもクロスバイクにしては破格のお値段ですが、それでも5万はしましたよね。あれは台湾の自転車最大手だからこそできる技。そんなジャイアントのクロスバイクでさえ5万円はするんです。

ましてやクロスやロードとくらべて部品も違うしもっと頑丈にできてなくてはいけないMTBはとても1万円台などというお値段では作ることはできません。見た目はどれも似たようにみえるかもしれませんが、部品のすべてランクは下なんです。だって1万円台で売って利益がでるんですよ。

普通のママチャリのように普段近所を乗るには問題ないかもしれませんが、格安の自転車は耐久性もありませんのでロングライドは負荷のかかる峠などには乗っていかないほうがいいと思います。だってそのリスクは全部自分が背負うのですから・・・・・

なんかいっつもこんな怖い余計な話で申し訳ないのですが、
やはり自転車のことを知れば知る程怖さが身にしみてくるのです。
スポーツ自転車始める前はそんなことまで考えたことなかったんですけどねえ・・・・

ママチャリといえどもそこらへんのスーパーの7000円だとかのは怖くて絶対乗れません。だって自分そこまで自転車いじれないし・・・


オムアリさん

いつもスミマセン。
どんどん突っ込んでいただいて、いいんですよ。
しかし、知らないということは恐ろしいですね。
なんちゃってMTB、安すぎるとは思いましたが、
MTBはカッコだけなんですね。
そりゃそうですね、折りたたみの部分の強度、
悪路や長距離を走るには問題ありますね。

また、いろいろ教えてください。

晴れるといいですね。

品質は、さて置き、MTBでロードとクロスを追走するのは、かなり大変だと思いますよ。
若いから大丈夫かな。(笑)

テッペイくんが、身長が175以上あって、スポーツとして自転車に乗る気があるのなら、安いモデルですが、シングルギアのピスト風バイクが、一台ありますので、譲りますよ。

少し錆びが出てますが、ギア比率も、42×18と低くしてありますから、乗りやすいと思います。

おとなの事情で、一台分の駐輪スペースを作らなければならないので、ご協力いただけると助かります。

無宿さん

ありがとうございます。
お心遣い感謝します。
残念ながら、テッペイは、水泳をやっていたので、
逞しいのですが、身長が私より低く、
170cm以下です。
本人が聞いたら残念がるでしょう。

それは、残念

サイズが合わないと、体にも悪いですからね。
また、どなたかいたらご紹介ください。

無宿さん

はい、心に留めておきます。
プロフィール

高田米治郎

Author:高田米治郎
米治郎の道草日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。