スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三浦半島巡り-その2:200km越え

2009年04月30日(木)

今日は、乗らなかった。
養老爺さんの言葉が頭に残っている。
「筋肉は、48時間過ぎないと回復されない」
さて、昨日の”三浦半島巡り”の続き。

本日の走行距離 202.23km
本日の走行時間 9時間35分19秒 
本日の平均速度 21.0km/h
本日の最高速度 53.0km/h
総走行距離   3142.2km

ノールさんからのコメントで気が付いた。
平均速度、21.0km/hだった。
これ、養老爺さんに引っ張ってもらった結果だ。
峰男を待っている、止まっている分は、
サイコン、平均に計算されない。

磯子を過ぎて、15人くらいのローディ集団が通り過ぎた。

峰男「なんか、同じ目的地なんじゃない?」
養老爺さん「たぶん、そう。彼らは、午前中にここまで帰ってくるよ」

その時点で、まだ、8時過ぎ。
16号線をひたすら進む。杉田を過ぎた(ベタ・・・)。
この付近から、峰男が遅れだす。養老爺さんは、
本来のロードのペース、米治郎、ついていけそうだが、
しんがりを務める以上、峰男の後につく。
杉田を過ぎると、道幅が狭くなる。
16号線は、祭日でも大型トラックが多い。
やがて、横須賀市に入る。ここの7/11で、2回目の休憩。

そして、横須賀の街を過ぎ、海が見え始める。
海沿いの道を行く、左は海、右はちょっと高級住宅街、
なんか、外国の風景。
そして、住宅街が終わり、少し上り、ダラダラ続くと、観音崎に到着。
観音崎ホテル脇に、海沿いの散策路、そこで、休憩。
散歩中の爺さんが話しかけてきた。
観音崎海


本当に爺さん「東京から来た?」
養老爺さん「はい」
本当に爺さん「すごいね、どのくらいかかるの?」
養老爺さん「3時間くらいっすね」
本当に爺さん「定年になって、こっちへ越してきて、健康のために
       歩いているんだがね、自転車も良いね、これ高いんだろう?」
養老爺さん「7、8万前後です」
本当に爺さん「でも、これが一番高いね、やっぱり、自転車はイタリアが良いのかね?」
と、養老爺さんのコルナゴに触る。
養老爺さん「好き好きじゃないですか、台湾も良いですよ、台湾のメーカーが
      世界一ですから」
米治郎「それ、台湾製です」
本当に爺さん「でも、これが一番高いね」
養老爺さん「全部あわせて、30万くらいです、鉄製でクロームモリブデンです」
本当に爺さん「あ、やっぱりね、クロモリかね、私は商社にいて、
       鉄の輸入していたから、クロモリね、懐かしいね」
それから、話が弾んだ、そして、早稲田大学卒、三井物産OBの
話好きな爺さんだった。


観音崎の看板前から久里浜を目指す。
観音崎

(また、続く)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

昨日は、ありがとうございました。皆さんに迷惑をかけつつも完走できたことを本当に嬉しく思います。
改めて地図でコースをたどりながら要所要所での情景を思い出し感慨にふけっております。
今回の三浦半島一周のルート選びは行き当たりバッタリ的ではありましたが、かなりいいコースだったのではないでしょうか?
第二回、第三回と企画しても楽しいと思います。また、行きたいですね。
今日は反省会と称して養老爺さんとほぼ朝まで飲んでしまいました。

朝まで飲んでというよりも

朝まで歩いて帰ったと言う感じではないでしょうか?w

小生のメーターの最高速、平均速度を先ほど確認しました所

最高速56.8
平均速度21.9

と表示されていました。

どんなに頑張って走ってもR3が真後ろに付いていて離れず
暫くは夢に出てきそうです(笑)
峰男さんも回を追う毎に、走りこむ毎にそれらしい乗り方になってきていますので、次回はもっと楽しめると思います。


このペースだと鎌倉に着くまでに後2回ぐらいアップされそうだと
思いつつ・・・

東篠原峰男さん

先日はお疲れ様でした。
初コメントありがとうございます。
また、タイヤ交換ありがとうございます。
三浦半島1周は前から考えていたので、
今回行けて良かったです。
次は、荒川CRかな?
朝まで?
今日は、もしかして休み?

養老爺さん

朝まで・・・、お疲れ様です。
35年式、元気ですね。

平均時速・・・、指摘されてビックリです。
でも、峠がなかったから、スピードも出せましたね。

アップは、アップアップ(謝)ですので・・・(笑)、
何とか、2回以下にまとめます。

すごいなあ

早くも200オーバーですか、自分は、まだまだそこまでいけないです。

コルナゴのクロモリと言えば、マスターXライトでしょうか?

憧れのフレームですね。
もう少し、歳を重ねたら乗りたいです。

無宿さん

なんか、あれよあれよと、200km越えました。
SIGさんにも言いましたが、結構、200kmって、
微妙な距離というか、行きそうで行かない距離と
言うのでしょうか。
でも、峠を含まなければ、大丈夫ですよ。

>コルナゴのクロモリと言えば、
>マスターXライトでしょうか?
養老爺さん、そうですか?
プロフィール

高田米治郎

Author:高田米治郎
米治郎の道草日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。