スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白石制覇-その2(白石峠)

2009年05月03日(日)

本日の走行距離 203.04km
本日の走行時間 11時間25分27秒 
本日の平均速度 18.2km/h
本日の最高速度 48.8km/h
総走行距離   3345.4km

白石峠リベンジ。
さあ、いよいよスタート地点にたった。入り口

頂上まで上りきること、これがすべてであるが、
テーマを決めていた。
オムアリさんから、「ロードを目指すなら、普段、フロントギアは、
3枚のうちアウターのみを使うこと、上り坂でもセンターまで、」
そう言われていた。
養老爺さんからも、「フロント3枚では、”坂バカ”ではありませんから」
と言われていた。
お二人の言いつけを守って、平地では、アウターしか使わないようにしていた。
今日も、ここまで、少しの坂はあったが、フロントはアウター固定で来た。
センターは全く使っていない。
そして、白石峠の頂上まで、センターしか使わない、
”インナーは絶対に使わない”
これが今日のテーマだ。

さあ、満を持してスタート、
ナオコバさんも来れるところまで行くという。
彼の実力では、今日は無理でも、いつか抜かれるだろう。

まず、”あと6.2km”の表示、いきなり激坂である。
昨日の下見でも確認したが、ここのすごいところは
距離は、6.2kmと短いが、お休み処である下りや平地が
全くないところだ、最初から終わりまですべて上り、
上り三昧なのである。
”あと6.0km”表示、ここまで激坂の応酬である。
前回と違って、車も多いが、バイクが多い。
これも気持ちの余裕をなくさせる。
”あと5.0km”の表示、だんだん足に来はじめる。
白石峠の斜度は、自走で80km走った後の
登攀する足に容赦なくダメージを与えていく。
そして、気持ちが萎えてくる。
悪魔がささやき始める「インナー、インナーに変えちゃえ!」
「足疲れたなら、足ついちゃえよ!」
天使がささやく、「今までの苦労はどうなる、大垂水峠、
風張峠、のぞき坂、階段、激坂、あれがすべて無駄になるぜぇ」

ローディーさん1台に追い越される。
”あと4.8km”、”あと4.6km”、”あと4.4km”、
悪魔が強くなってくる、「足、ついちゃえよ、楽になるぜ」
天使がささやく「ここまで自走してきた80kmはどうなる?」
”あと4.2km”、12月は、確か、”4.2”などと数が悪いから
次まで行こうと思った。”あと4.0km”、やっと来た。
何しろ”あと4.0km”まできつかった。さあ、ここからリベンジだ。

”あと4.0km”を越えたら、気持ちが楽になってきた。
もう、いつ足をついても良い。
しかし、そのまま進む。
ローディーさんが前に見えてきた。
うん、距離が少しずつ、詰まってきている。
あれ、これ追いついちゃうか、あらら、追いついちゃった。
抜いちゃう?抜いちゃえ。
白石峠スタート地点の前に抜いていったコルナゴローディーさんだった。
ヘルメットも脱いで、ハンドルにかけてある。
ヘルメットを脱いでいるということは、どこかで足ついて止まった証拠だ。
12月と全く違うのは、この気温である。
5月上旬にしては暑かった。

さあ、”あと3.0km”表示、まあ”あと4.0km”を越えたのだから、
どこで足をついてもいいが、逆につけない。
そして、あと”あと2.0km”表示、ここまで来たら、
上りきるしかない。
ここで、また、ローディーさんに抜かれる。
白髪がヘルメットの間から、完全にはみでている。
明らかに米治郎より年上だ。
「こんにちは」と言って、一気に抜き去っていく。

そして、”あと1.0km”表示。
”あと0.8km”、”あと0.6km”、”あと0.4km”、
そして、”あと0.2km”
足はパンパン、そして、頂上到着。
頂上

やったー、白石制覇。
フロントインナー使わず、上れた。
すべてはこの日のためにあった。
感無量である。
奥さんに電話しようとも、”圏外”。

しばし、頂上の小屋で休む。
頂上しもたや

抜いていった方たちが、休んでいると思いきや・・・、もぬけの殻。
もうすでに反対側へ下りていったのであろう。

小休止のあと、長袖を1枚着込んで下る。
頂上からダウンヒル、上ったものだけに許される特権である。
しかし、コルナゴローディーさんが来ない。
こりゃ、途中で引き返した。
しかし、急な下りだ、良くこんなところを上って来たものだ。
やっと、”あと3.0km”地点。
そして、スタート地点へ到着。
リベンジ成功!

ナオコバさんと集合場所をメールで確認、面倒なので電話する。
ナオコバさん、なんと”あと3.0km”まで来たらしい。
やっぱり、12月の米治郎を越えていた。
ナオコバさん”都幾の湯”で待っているとのこと。

(さらに続く)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ばんざーい!

よねさん、
素晴らしいですね。

白石峠・完全制覇おめでとうございます。


これで、
翼は更に進化して、もう、
どこへでも行けそうですね。(^_-)☆

kozoさん

ありがとうございます。
おかげさまで、やっと成し遂げることができました。

kozoさん、体のほうも、runの方も着々と
回復されているようですね。
いずれ、また・・・。
プロフィール

高田米治郎

Author:高田米治郎
米治郎の道草日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。