スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白石制覇-その3、事件が・・・(白石峠から東京まで)

2009年05月03日(日)

本日の走行距離 203.04km
本日の走行時間 11時間25分27秒 
本日の平均速度 18.2km/h
本日の最高速度 48.8km/h
総走行距離   3345.4km

白石峠のスタート地点から、7/11を過ぎ、
ナオコバさんが待っている”都幾の湯”を目指す。
ここは、観光地によくある日帰り温泉のようだ。
来るときに、目をつけていたらしい。
都幾川の辺にあって、川辺は、バーベーキューを
する人たちでいっぱいだ。
温泉施設のほうへ行くと、ナオコバさんが入り口の前の
ベンチで、すでに昼食中。
そこへ合流する。

ナオコバさん「白石制覇おめでとう!」
米治郎「ありがとう、”あと3.0km”まで来たんでしょ、それもすごいよ」

と、お互いの健闘をたたえあう。
ナオコバさん、すでに入浴も終わっていた。

米治郎「温泉、もう入ったの?どうだった?」
ナオコバさん「うん、俺、風呂ははやいから、すごく混んでいて
       止めたほうがよいよ」

二人で、おにぎりを買って、そのベンチで食べて、スタート、
東京を目指す。
同じ道を帰るのでは芸がないと思い、”田中”交差点を直進して、
来た道を戻って、東松山へ出るルートではなく、”田中”の交差点で右折して、
越生を通るルート、12月に1人で帰ったときのルートを選択した。
この判断が事件につながった。
ときがわ町から越生町へ入る。越生の町をパスするバイパスへ入り、
八高線を渡って、越生高校の脇を通ったところで事件は起きた。
後ろを走るナオコバさんの方から「ガタガタ」という音がして、
ナオコバさんの「あっ」という悲鳴に近い叫び声。

ナオコバさん「パンクした」
幸いにして、落車はしていないので、怪我はないようだ。
米治郎「大丈夫?」
ナオコバさん「大丈夫、怪我はない、米治郎の背中しか見ていなくて
       路面を見ていなかった」
前輪がパンクしているようだ。道路の脇のキャッツアイのような
でこぼこに乗り上げパンクしたようだ。
米治郎「チューブ、持っているからやってみようか」

と、二人でチューブの交換作業が始まった。
タイヤレバーで、タイヤをはずし、パンクしたチューブをはずすまでは
すんなりできた。ところが、新しいチューブに少し空気を入れて、
チューブをリムにはめていって、タイヤをはめていくが、最後がどうしても
嵌らない。二人がかりで力でやっていこうとするが一向に嵌らない。
苦戦すること30分、この方法を諦め、今度は、先にタイヤをはめて、
チューブを後から入れていく方法をやってみた。これも苦闘30分、
一向に入らない。
先日、養老爺さんにチューブを変えてもらったときも
あっという間にやってしまったし、峰男にタイヤを替えてもらったときも
あっという間だった。なのに、なぜできないのか・・・。
そこへ、養老爺さんから、白石行を心配してメールが来る。
「白石成功したが、パンク修理で苦戦中」旨、返す。
苦しいときの神頼み、ならぬ峰男頼み、峰男に電話してみる。

峰男「どうした?」
米治郎「うん、白石は制覇して、今、東京に向かって1/5くらい来た所で
    ナオコバがパンクして、チューブ交換してんだけど、最後が嵌らないんよ」
峰男「タイヤはリムからはずしてやっている?」
米治郎「うん、さっきその方法でやったけど、ダメなんで、タイヤを
    先にはめてやっているけど、これもダメで・・・」
峰男「タイヤをリムからはずす方法のほうがよいよ、今、どこにいるの?」
米治郎「埼玉県の越生っていうところ、川越の先、来てくれるの?」
峰男「俺はJAFか」
米治郎「冗談、冗談、もう少しやってみるよ」
峰男「うん、がんばって」

と、電話を切って、峰男がいうやり方で再度やってみるが
一向に嵌らない。

ナオコバさん「米治郎、あのカインズホーム、自転車売っていないかな」
米治郎「うん、あの看板、さっきから気になっていたんだ」
ナオコバさん「行ってみようか」

と、散らかした修理道具を片付けて、荷物を持って、米治郎が
ナオコバさんの前輪を持って、ナオコバさんは前輪をはずしたチャリ、
二人でチャリを押していく。300mくらい先にあるカインズホームへ。
入り口まで行くと、屋外でテントを出してママチャリを売っている。
パンク修理はしてくれるか・・・。

ナオコバさんの前輪を見せながら、
米治郎「すみません、これ、はめてもらえますか?」
親切な店員さん「スポーツ自転車、やったことないから・・・」
ナオコバさん「壊れたときのリスクはこちらで負いますから」
親切な店員さん「やりましょう」
と、前輪を受け取り、やってくれることに。
親切な店員さん「これって、タイヤが細いからチューブが破損する率が
        高いんですよね」
と、言いながらあっという間にはめてしまった。
あらら、1時間やってだめだったのに、ものの3分・・・。
お礼を言って、ナオコバさん謝礼をその親切な店員さんに渡す。

ついでに、カインズホームでトイレ休憩。
汚くなった手と顔を洗う。

ナオコバさん「こりゃ、二人で講習会してもらって、
      パンク修理できるようにしないとね」
米治郎「うん、そうだね、切実だね」

峰男に直ったことの報告の電話、
そして、養老爺さんにも報告メール。

親切な店員さんにもう一度お礼を言ってカインズホームを後にする。
越生から毛呂山、鶴ヶ島、坂戸を抜けて、やっと、川越へ入る。
川越で、入間川へ出て、入間川CRを行くルートだ。
入間川の手前のコンビニで、休憩。
ナオコバさんは大福、米治郎はアンパンで甘モノ補給。

米治郎「タイヤ大丈夫?」
ナオコバさん「心なしか少し減っている感じ」
触ってみると、確かに少ーし減っている。
様子を見ながら、スタート、入間川CRに入る。少し走ると、

ナオコバさん「やっぱり、ダメみたい」
米治郎「じゃ、これで入れよう」
と、空気入れを取り出して入れると、スーと空気が一気に抜けてしまった。
さっき、カインズホームで、仏式にあう大きなポンプがなくて
米治郎の簡易ポンプでやってみたが、栓を緩めていなくて、
ポンプが壊れていた。親切な店員さんが目ざとく、ナオコバさんの
後輪についている米式バルブの継ぎ足しを発見して、
普通の大きなポンプで入れられた。
ちなみに米治郎のGIANT君は、”適当Y's Road池袋店”、ホイールは、
カタログに出ているのと違うし、このバルブはついていなかったし・・・。

壊れたポンプでは空気が入らない、仕方がないので、二人で
川越の町へ出ようとして、ナオコバさん、自転車を押しながら先へ行く。
米治郎も後を追おうとすると、後ろから声をかけられた。

親切な男性「パンクですか?パンク修理キット持っていますよ」
米治郎「いやー、空気が抜けてしまって、ポンプが壊れちゃっていて」
親切な男性「これでよければ、お貸ししますよ」

と、自分の小径車についているポンプを貸してくれる。
ナオコバさんを見ると、そのやり取りに気がつかずに自転車を押して歩いている。

米治郎「ナオコバー、ポンプ貸してくれるって」
と、呼び止めると、喜び勇んで戻ってくる。
そして、貸していただいたポンプで空気を入れていると、
また、声をかけられた。

親切な女性「パンクですか?うちー、パンク修理やっていますけど
      電話すれば、取りに来ます」
ナオコバさん「あーと、今のところ大丈夫です、米治郎、電話番号聞いておいたら」
米治郎「うん、そうだね、この付近良く来るからね」

と、電話番号を聞いた。貸していただいたポンプで無事空気も入り、
丁重にお礼を言って、親切な男性と別れた。

入間川CRを荒川CRへ向かう。朝、入間川CRから別れを告げた
落合橋を過ぎて、やがて、入間大橋へ、ここで入間川CRは終わり。
対岸へ渡って、荒川CRへ入る。

米治郎「タイヤ大丈夫?」
ナオコバさん「いや、少しずつ抜けているね」
米治郎「やっぱり、二人でやっているときチューブに穴あけちゃったんだね」
ナオコバさん「うん、あの兄ちゃんはちゃんとやってくれたからね」

少しずつ抜けているが、今となって、ここへ来て、こんな二人だから
だましだまし行くしかない。
秋ヶ瀬橋を渡って、対岸へ渡り、荒川CRを行く。少しずつ暗くなってきた。
ナオコバさんの前輪も少しずつやばい状態になってきた。
速度も緩めて、ゆっくり走っていく。

ナオコバさん「車でもこういうの経験したよ」
米治郎「その時はどうしたの?」
ナオコバさん「うん、結局ホイールで走った」

途中二箇所ある砂利道部分は、大事を取って押して歩いた。
朝霞水門で休憩、米治郎の取っておき、バックの中に
二つのジャムパン、いつも長距離走るときは入れている。
ひとつのナオコバさんにあげて、50男が二人でジャムパンをぱくつく。
岩淵水門で夜の岩淵水門をパチリ。
岩淵


やっとのことで、新田アイランドへ到着。
新田アイランドから北本通りへ出て、朝の王子駅へ。
ナオコバさん、滝野川の方へ車を止めているとのこと。
そのそばに、ロイヤルホストがあるというので、
そこで、ナオコバさんと夕食と反省会。

ナオコバさん「今日はありがとう」
米治郎「いやー、こちらこそ、1人で来てたら
    途中でめげていたかもしれないよ」
ナオコバさん「こちらこそ、パンクで迷惑かけちゃって」
米治郎「パンクは誰に起きるかわからないもの」
ナオコバさん「うん、講習会やろう」

と、反省して、ナオコバさんと別れた。
迷惑かけたからとご馳走してもらっちゃった。
ナオコバさんご馳走様でした。

ロイヤルホストは明治通り沿いだったので、そのまま明治通りを
帰る。ゆっくり走ってきたので、ここで少しスピードを出す。
池袋を越え、千登世橋をくぐって、学習院下に着くも、走行距離は、182kmだ。
170km以下だったら、いつものコースを3周以上しなくてはいけないので、
やらないつもりだったが、182kmなら、いつものコースを2周で、200kmを
越える。まだ、2周する余力はある。学習院下をそのまま、通り過ぎ、
高戸橋交差点で、右折して新目白通りへ入り、いつものコースへ。
なんか、気持ちが高ぶっていて、どんどん漕げる。スピードも上がる。
山手通りへの上りもあっという間、何かこんなの坂じゃない感じ。
2周して、もちろん、のぞき坂へ、まあ何とか上り、
階段へ、2回休憩して、ここで、足を使い切った。

米治郎「ただいまー」
奥さん「おかえりー、すごいねー、あそこ上れたんだ、お風呂沸いているよ」

やっと、あの日の懸案事項解決!
この日が来た!
白石峠、完全制覇!

次の目標、”パンク修理”。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

講習会

いつでも開催いたしますよ(笑)

作業中、どこか我々と同じように見えて違う事をやっているんだと思います。
ビードの固いスチールワイヤーのタイヤって、どこか知恵の輪的な所がありまして、入れたい箇所(最後の一箇所)の反対側がしっかりリムの真ん中まで入っているかどうかで周長に余裕が出るので残りが全部綺麗に奥まで入っているかとか、小さい事の積み重ねだったりするんだと思います。

養老爺さん

養老爺さん

講習会、是非々々、お願いします。
要は何かコツがあるのですよね。

No title

200が普通に出来る様に成って来たんじゃないかい?
恐るべしヨネ@32!

こちらは、メンテナンス作業中です・・・・自分の@32

ノールさん

ありがとうございます。
100をやり始めた最初の頃のような感じです。
300を目指す前に、
次の目標は、”パンク修理”です。

パンク修理

帰路、大変でしたね。お疲れ様でした。
困った時に助けてくれる人って神様に見えますよね。
自転車のパンク修理のDVD作ったら結構売れたりして・・・・。

東篠原峰男さん

今回は、ついていました。
まさに、人に助けられました。

DVDも良いですけど、自転車のJAFどう?

No title

文中のナオコバです。

最初の40キロのノンストップは僕にとっても初体験でしたが
やはり談笑しながらの河川敷は快適でした。

峠は途中で止めて正解。
自転車には自力での復路があるんですから・・

早速パンク修理をしました。
ポジティーボまで行くのは危険だと思い。
地元の自転車屋さんへ。
うちの店と同じ位古いんです。

量販店に押されて元気がない顔見知りのご主人。

これからはちょっとしたメンテはここくるようにします。
地元活性化のために。

チューブは案の定、全面傷だらけでした。
二人の無策なテクニックがそうしてしまったのは明らか。。
反省ですね。

でも自走して帰還できたことに感謝です。

本当にありがとうございました。

では次は、やはり同級生は経営する
千葉の養老渓谷のレストラン行きですね。。。

インナー封印・・・やったんですね

白石峠登頂おめでとうございます。

インナー封印で登りきったなんて、さすがです。
でも膝は大丈夫ですか??あまり無理はなさらないでくださいね。

自転車は機材スポーツなんですから修行みたいにしなくてもあるものを上手に利用すればいいんですから・・・・体にやさしくステップアップなさってください。人のことは言えませんが、最初の年はうれしくてついつい無理して走ってしまい体を壊しがちです。いちど故障すると完治するのに結構かかるので・・・・

それからあとはペダルをビンディングに換えるだけですね。フラットより脚全体の筋肉をまんべんなく使えるようになるので体にもやさしいですし、登りが数段楽になりますよ~♪♪


もしビンディングに抵抗があるようでしたら、ますはちいさいクリートのSPD、それのマルチリリースタイプをお使いになるといいと思います。

SPDペダルは、MTBやツーリング向けのものでもしエスケープにつけるのであれば踏み面の広いタイプのペダルをつけると力のロスが少ないのでいいと思います。

靴もあまり柔らかくない、そして紐よりマジックテープ式で、クリートが靴底から出っ張らないタイプだと歩けるのでいいです。

クリートはSPDの場合2種類あって、シングルリリースとマルチリリースがあります。はじめての場合たちごけが怖いのでマルチリリースを最初に使うと最悪転びそうになったときにもがいているとどの方向からでもペダルから脚が外れるので恐怖感がすくなくビンディングに慣れるのに最適です。ペダルに脚をはめたりはずしたりのやりかたはすべて同じです。


それとチューブ交換ですが、ちょっとしたコツがあるんですが、つかっているタイヤやチューブによってバルブの部分が入りにくかったり、タイヤの種類によってビードの部分が硬くて入れにくかったりするものなど色々タイプがあるので、ゆっくり慎重にやれば絶対できます。
とくにエスケープの場合28cという太めのタイヤなのでロードの細いタイヤよりはずっとはめ易いです。

タイヤの最後の部分が入らないのはビード(タイヤのふちの硬い部分)がリムの一番深いところまできちんと入ってないから余っちゃうんです。リムをみてみるとわかると思いますが、お風呂の湯船みたいにふちのそばが浅くて中心部が深い構造になってます。なのでビードがそこの中心部の深いところまで入ってないと・・・・最後が浮いちゃう。

こんな書き方でわかってもらえるでしょうか??
こう少しづつビードをなかへ落としてあげると自然に最後までストンとはいっちゃうんですよ。でもそれがわかってても私なんかしょっちゅうへまやって、チューブかんじゃったりしてますけど(笑)

ほんとちょっとしたコツなので習うより慣れろって感じだと思います。
教えてもらってもいざ自分でやると同じようにやってるはずなのになかなかできないものだから・・・・・

ロードになるともっとタイヤはめにくいから大変ですよおおおおおお


ライダーnaoさん

先日はお疲れ様でした。
ありがとうございます。

気が急いてしまい、休憩を取らずにスミマセン。
でも、話しながらだったから、
そんなに距離を走った感じはなかったと思います。
マックのホットドッグがうまかった。

自走の場合、峠で足を使いきって、
帰れないのでは、元も子もありません。
(私もそうならなくて良かった)

パンク修理は反省です。
講習会をお願いしようと思っています。

養老渓谷、触手が動きます。行きましょう。
店の名前なんでしたっけ?
ホームページもあるんだっけ?

でも、その前に”パンク修理”をクリアです。

オムアリさん

ありがとうございます。インナー封印でやりました!

おかげさまで、今回も膝は大丈夫なようです。
一時は、翌朝、駅の階段、手摺を使わないと
降りられないなんてこともありましたが、
最近は、そういうことは起きなくなってきました。
階段が効いているのでしょうか・・・。

いつもいつも、ご指南、ありがとうございます。
すみません、”ビンディング”と”クリートのSPD”って、
違うんですか?
オムアリさんが先日の風張峠行で、付けていらっしゃったのは
どちらですか?SIGさんのは?

パンク修理、反省しています。
仰るとおり、習うより慣れろですね。
ただ、講習会を開催してもらって、
コツを教わろうと思っています。

ロードになるともっと大変なんですね(汗)。

タイヤ交換

個人的な感想では、23Cのタイヤの方がスチールビートの28Cタイヤよりも楽に着脱できると思います。(チューブを噛むかどうかは別問題)
米治郎さんが苦労されているのはレバーを使わないとタイヤがはまらないからで、23Cならレバーなど使わないでも手だけでタイヤ外れますし、はめるのは外すよりも更に楽です。
オムアリさんも書かれていますが、反対側の一番深いところにビートが落ちているかが肝なんだと思います。

ビンディングシューズのクリートに関しては規格がペダル毎にありまして、シマノ(ロード用とSPD←MTB系)、カンパ、Look、スピードプレイ(トライアスロン系)、エッグビーター、etcって所が一般的でしょうか?
ロード用シューズにクリートを付けるのが効率の面では最強だと思いますが、それ以外の社会性(笑)は皆無になり、遠出した際のコンビニ店内をある事すら慣れないと危険です(笑)
ですから根性無しの私は競技以外の普段はSPDシューズ(スニーカータイプ、クリートが路面と接触しないので歩きやすい)で通しています。
初めてのビンディングペダルという意味では私はSPDをお勧めします。(両面キャッチできるのでペダルの上面を探す必要も無いので慣れなくてもはめやすいです)
マルチリリースかそうでないかはマルチリリースを使った事が無いのでよく判りませんが、通常のSPDクリートでも十分簡単に外せると思います。

養老爺さん

ありがとうございます。
チューブ交換は、前回といい、今回といい、
反対側をもっとちゃんとしなかったのが問題だったと思います。

SPDにスニーカータイプのシューズというのがよいのでしょうか?
店で見ると、どれが、どれなのか良くわかりません。
気が弱い私には、店で、買わないのにあれこれ聞くのも・・・、

ノー教の教えに従って、もう少し、フラットペタルで
がんばってみようかな(笑)、と、いう気持ちもあります。

ペダル

連覇おめでとうございます。

ペダルですが、マルチリリースは、自分も使っていますが、余り必要がない(わざわざ買うまでのことはない)と思います。

今まで、マルチで良かったのは、マンションの入り口でタイヤが滑って転びそうになった時に、とっさに足が出たくらいです。

それより、ノールさんを筆頭に都会の階段登りを楽しむひとは、片面SPDが必須だと思います。
階段でSPDは危険ですし、バランスをとるために、ある程度の大きさも必要だと考えると、ディズナのフットプリントペダルとかも良いんじゃないかなと思います。

自分の好みでは、シマノのM324が好きです。

マルチかシングルか

ええと、ビンディングペダルは購入するとクリートが付属してついてきます。で、ツーリングやサイクリング向け(初診者むけ?)の片面がビンディングで片面がフラットペダルというものがあるのですが、最近人気でよくでているシマノの片面ビンディング片面フラットのもの(型番忘れました。)には最初からシングルクリートがついてます。

ただ、この新しいほうのペダル、ペダルのバネが硬いのか?どうなのか?新品のときすごく硬いんですね。友人が数人このタイプを買いまして、クリートの着脱に凄くくろうしてまして、さんざ立ちゴケしておりました。最初はバネの調節の問題かと思っていましたが、どうも別の人も同じような状態でしたのでそのペダルの癖なのかもしれませんのでマルチクリートをすすめたところ安心して使えたというわけです。

無宿さんは全然問題なかったそうですし、ビンディングのバネは基本的に強さが調節できるので普通はシングルで問題ないとは思いますが、マルチという選択もありますので(とくに激坂ではマルチは怖くない)おすすめしました。

無宿さんがおすすめしているのは東京サンエスというところのディズナ、フットプリントペダルというものですが同じようなタイプではシマノの先にあげた片面フラット片面ビンディングタイプが2種類あります。

私がエスケープにつけているのは完全ツーリングむけの四角いみるといかにも普通のペダルっぽいタイプ。アンカーのほうには踏み面は広いけど片面のビンディングのみ!のSPDペダルをつけています。

アンカーのほうにつけているこの片面のみのビンディングペダルは生産が終了しているらしいですが、まだ普通にお店においてあります。たしかA-520 だったかなあ・・・・フラット面あありません。ただMTB向けのSPDよりも踏み面が広いので使い易いです。

ちなみに私も養老爺さん殿と同じで普段使用はSPDの歩けるタイプです。

ていうかロード用のSPDーSLも持っているのですが、一度も使ってません。(笑)レースでもやらないかぎり自分にはあまり必要さが感じられないからです。普段一人で走っている私はなにか緊急時には輪行して帰ってこようと思っているのですが、そのときロード用だと歩くのに非常に苦労しそうなので・・・・

で、もとに戻りますが、ペダルを買うとクリートはたいて勝手についてきますので、もしそのついてきたのがあわなければいろんなタイプがあるよ~ということでSPDの場合マルチとシングルという選択もあるんです~というくらいですから、あくまでも参考ということで・・・・

ついてきたものに別に不満がなければそのままで良いのですから
好みで使い分けでください♪

無宿さん

ありがとうございます。
ペダルに関して、いろいろとお知恵を貸してくださり、感謝です。

”片面SPD”とのことですが、これだと、信号等で止まって外して、
また、はめる時、はめる側を探さないといけないのではないでしょうか?
実は、先日、弟の峰雄が、トークリップ(私も買いましたが、
まだ着けていませんでした)を着けていたのですが、
信号で、足をつけて、スタートする時、トークリップを下を向いて
探さなければならなくて、それがすごくたいへんそうだったのを
見て、私は買ったトークリップをつけるのは止そうと思いました。

でも、階段坂のような狭い坂を上るときは、片面のほうが安心ですね。

何でも、一長一短ですね。迷います・・・。
って、買う気になっていたりして(笑)。

オムアリさん

ありがとうございます。
えー、そういえば、オムアリさんのブログ、
遅まきながら、リンクしても良いですか?

いつもご指南ありがとうございます。
今、あさひサイクルのサイトで見たら、シングルとマルチ、
シマノの場合、ペダルには仰るとおり、シングルがついているようですね。
とりあえず、付属のシングルで試して、だめなら、マルチに交換ですか。

それと、無宿さんにも投げかけましたが、片面の場合、トークリップのように
探すというか、着けるほうを足先で寄せる必要はないのですか?
でも、この前、オムアリさんの後ろを走っていたとき、そんな素振りは
ありませんでしたね、どういう構造なのかな?

ペダルのキャッチ

慣れると無意識に出来るようになりますが、慣れないと交差点の反対側まで片足で走るor裏側で取敢えず踏むなんていうこともありました。
重量バランスが決まっているのでそのペダルのビンディングサイドが何処にあるかはいつも決まってるんですよね。 ですからキャッチ出来る側を探るのもルーティンの作業になります。
慣れりゃロードペダルだってその場で入るって事ですが、問題は慣れるまでに要する期間とその間の危険性って言う事になります。

リンクの件とペダルのキャッチ

リンクの件ですが、私の方のブログにはリンクとかそいうった機能がないので相互リンクにはならないので私のブログから米治郎さんのブログへのリンクが貼れませんがそれでもよろしいのでしょうか??

それでもよろしければリンクの件よろしくお願いいたします。

それとペダルのキャッチですが、
私が使っている二種類のペダルに関して言えば、クランクが一回転するたびに表、裏と交互に上がってきます。

なので時によっては反対面が上にくることもありますので、養老爺さん殿がかかれておられるように足でさがすか、とりあえず安全なところまでどのまま踏んでいくかしてます。まあ一回パスすれば次にはキャッチ面があがってくるわけなので、待てばいいわけですよね。

ペダルそれぞれに重心など特徴があると思いますので、自分のつけているペダルがどんな感じで上がってくるか見ておくといいと思います。
また信号で止まっているときにはずしているペダルがどっちを向いているか、どちらの向きで上がってくるかみておけば、いざ発進するときにあわてることはありません。

べつにクリートがはまっていなくてもこげるんですから、片足でだってペダルは回せますし(笑)あわてて下をみてはめることに注意をとられるのが一番危ないんですね。それはトゥークリップでも同じだと思います。


ようするに、パンク修理も走りもペダルも 全部慣れだってことですね~♪♪ 大丈夫、あんずるより産むがやすしです。

制覇おめでとうございます!!

インナー封印で完踏されたんですね~。すごい!
おめでとうございます。なんか目標達成の後ってすっきりした気分になりますよね。

ビンディングのメリット、やっと最近になってわかってきました(笑)
ペダリングの5時くらいから10時くらいの間(引き足というヤツ)でもペダリングに力が入れられるので、信号ダッシュの加速が良くなって巡航速度へ早く到達できる。上り坂など負荷の高い状況で筋肉への負担が分散される(太もも前面の筋肉が疲れづらい感じ)。
巡航中もペダルを「踏み込む」より「回す」感じになり、足の疲労感が違うと感じています。
あ、でも今まで使っていなかった筋肉を使うので、最初はモモの裏側や尻の筋肉が張ったり、筋肉痛になったりするかもしれません。

クリートをキャッチしてはめる感覚は慣れだと思います。自分も奥多摩のときよりちょっとだけ慣れてきた感じがします(毎回じたばたしていたのが5回に1回くらいになりました・・・笑)
最初は安全な場所(交通量の少ない道路や自転車可の公園など)で練習されると良いと思います。
まずは、走り始めではまらなくても慌てずに、流れに乗るまではそのまま漕ぎ続けるくらいの感覚で使うのが安全です。
あとは、信号待ちが近づいたり、並んでいる自動車の脇をすり抜けたりするときには、ちょっと早めだなと思うくらいのタイミングで左側のビンディングを外すようにしています。とっさのときに足つけないと怖いので。。。

ビンディング1ヶ月目の初心者的視点の感想です。ご参考になれば。。

ちなみに自分はSPDのマルチリリースを使っています。歩行時の使い勝手を考えての選択です。

オムアリさん

では、リンクを張らせていただきます。
なるほど、そういう仕組みになっているんですね。
と、いうことはやはり片面ですね。
後はどのペダルにするかですね。

何でも慣れですね。
今回もすごく参考になりました。
永久保存版です。

>大丈夫、あんずるより産むがやすしです。
さすが、母は強しですね(笑)。

SIGさん

ありがとうございます。
インナー封印で完踏してきました。

先日、奥多摩のときは苦労されていたようですが、
通らなくてはいけない道ですね。
感想としてたいへん参考になります。

尾根幹、近いうちに企画しますので
ご一緒しましょう。
プロフィール

高田米治郎

Author:高田米治郎
米治郎の道草日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。