スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フロントブレーキ、やばっ!

2009年05月11日(月)

今日は、昨日、100kmなのに、2回の200kmより
何か、全くわからないが、疲れていて、
仕事で、めちゃ疲れて、会社で人間関係に疲れて、
全身に疲れが溜まっていて、”月曜からこれで大丈夫か”
と、思った月曜だった。


昨日、養老爺さんに、GIANT君のいろいろと洗浄をしていただき、
メンテナンスをしていただいた(感謝謝々)。

そこで、ご指摘を受けた。
養老爺さん「米治郎さん、フロントブレーキ、これはないでしょ」
米治郎「あっ、これね、ブレーキシューが緩んでいて、縦になっていて
    気がつかなくて、片減りしちゃって、そしたら、荒川CRの帰り
    池袋でブレーキ取れちゃって、でも、拾って直して、
    そんな状態」
ブレーキ1
ブレーキ2

実は、この時、諸先輩方から、叱られた。
だが、米治郎は、このまま、ちゃんと調整すれば、大丈夫だと思っていた。
怒られると思うが、恐れずに書く、
これで、
風張林道、
白石峠、
激坂の数々、
200kmを2回、
100kmをたくさん、
荒川CRをたくさん、
多摩サイを2回、
連光寺坂から尾根幹を2回、
のぞき坂をたくさん、
その他いろいろ、
階段もたくさん(ブレーキ使わないってか)、

下ってきてしまった、ははは(力無い笑)。

と、養老爺さん、調整して、直してくれたが、シューは要交換。

ということで、養老爺さん、買ってきましたよ、ブレーキシュー。
新ブレーキ

今週末、やってみます。

今日、乗らない、明日も乗らない、明後日から乗れない、
週末は雨か・・・。

乗らない記録、更新か・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ハの字です

早速ブレーキシュー買われたんですね。

取り付けの際に気をつけなくてはならないのが『シューのトーイン』です。
今のシューの付いている状態の反対側に傾く様につけるのが正しいです。
本来は両側にすり鉢状のワッシャー(カラー)と球状のワッシャーが各々有って、そのすり鉢状のワッシャーの範囲で角度が変更出来るのですが、現在はすり鉢状のワッシャーが片側しかないので角度の調整が出来ておりません。

 当然御理解されていると思いますが、交換する際は両側同時にお願いします。 シューの厚みが変わると思いますのでワイヤーの調整(レバーの所で出来ます)が必要になると思います。
 トーインの感じは、いま逆トーインになってる角度よりは少な目の角度ぐらいです。
 最後に増し締めすると多少角度が変わってしまうかもしれませんが、そうしたらもういちどやり直しです(笑)

養老爺さん(Re: ハの字です)

はいはい、買ってきました。
それにしても、お目覚めが早いですなぁ(お互い様ですか(笑))。

先日、教えていただいたハの字の角度ですね。了解です。
それと、これって、すり鉢状のワッシャーと球状のワッシャー付き
だと思いますが、画像ではわかりにくいですか?
最後に増し締めして、微妙な角度調整ですね。
今週末、やってみます。


ブレーキシュー

この箱の物は間違いなく両側にすり鉢状のカラーと球状のワッシャーがあるものです。
ワッシャーやカラーの入れる順番が変わると角度調整が出来なくなったりしますので、順番を間違えないように組んでくださいね。
原則箱から出した状態で正しい順番ですが、4枚のカラ/ワッシャーの真ん中にブレーキアームが来るはずです。

養老爺さん

はい、ありがとうございます。やっぱりワッシャー付きですね、よかった。慎重にやってみます。

ブレーキシューには進行方向の指定が有るものもあります。

取り付け時に逆にするとブレーキシューが抜ける事があるので確認して下さい。
進行方向があるものは矢印で記してあります。
何も無ければどっちでもOK

R1@八王子さん

ありがとうございます。シューの向きですね、よく見て、気をつけて、やってみます。

おまけ・・・

たぶん諸先輩方からおそわっていらっしゃるとは思いますが、

トーインをだすのに厚手の紙なんかをはさむとやりやすいみたいですよ~。




とか偉そうなこと行ってますが、苦手です自分・・・・・なので自転車屋でチェックしてもらいます。なにせ命にかかわる大事な部分ですから・・・・



オムアリさん

ありがとうございます。厚手の紙ですね、参考になります。今週末にやってみます。
プロフィール

高田米治郎

Author:高田米治郎
米治郎の道草日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。