スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

達成感と敗北感

2009年06月09日(火)

今日は、京都へ日帰り出張、今はその帰路、新幹線の車中である。
また、いつの間にか、缶ビールと缶チューハイが空になっている。
しばらく、アルコールの世話にならずに、東京までたどり着けたのに、
今日は、また世話になった。

出張の目的の仕事はうまくいった。だから、うまくいかなかったので飲んだのではない。

人間、歳を取ってくると、段々と図々しくなってくる。これは、何も人間に限ったことではない。
我が家のまもなく18歳(人間でいうと90歳)になる次女を見ているとわかる。
少しのことでは、驚いて吠えたりしないし、ちょっとのことでは喜んで、尻尾を振ったりしない。

そう、営業がうまくいって大きな仕事が受注できても、
少しの”達成感”もわかなくなってしまった。
逆に、受注できなかったり、仕事をライバルに受注られても、
若い頃に味わった”敗北感”がそんなでもない。

だから、高揚した”達成感”と、どん底に落ちる”敗北感”なんて、
歳を重ねたことで図々しくなっていつの間にか、無くしていた。

ところがである。自転車を始めて、ノールさんと出会い、峠や激坂を上ることを教えてもらい、
その無くしていた”達成感”と”敗北感”を思い出したのである。

わからない人には何のことはない、坂を上っただけである、峠を上っただけである。
しかし、坂でも峠でも、頂上に、足をつかずにたどり着いた時の、
やった者にしかわからない”達成感”、
途中で足をついてしまった、何ともいえない”敗北感”。

それを自転車は思い出させてくれた。距離を走れるようになって、
その距離がどんどん伸びていく。これも”達成感”だ。

だから、飲んでいるのは、たぶん、自転車に乗れない残念な気持ちを紛らわせる為だろう(笑)。

単なる言い訳(爆)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

仕事…

毎回、楽しみに拝見してます。


なるほど。


今日はそう来られましたか?。(笑)


思うに、仕事はあくまで「社会のニーズ」の分業、趣味は自分で探り当てた「自分のニーズ」ですものね。


だから、「自分も楽しく頑張って走ります。」


じゃなくて、
今日は、「仕事したくねえ。」
って書いときます。
BY 見習い小僧

喜び、挫折、迷いを繰り返して自分を知るんだろうね!
齢50
まだ成長の過程だよな(笑)


サラリーマンやったことない片輪者の僕としては
多分同じ感覚の
達成感も挫折感も
経験したことないと思います。

いつも先が見えない崖っぷち
走ってます。

No title

こんばんわー!!

いってきました!!
和田峠!!
凄いキツイですね!!!
想像以上でした・・・orz

うちは近所なのでかろうじて登れましたが、
米さん宅からだと、かなりキツイですよ!!!!

kozoさん(Re: 仕事…)

返事が遅くなりました。
”社会のニーズ”は食べるために大事ですが、
”自分のニーズ”、少しずつ大事にしていきたいですね。
”仕事したくねえ”はほぼ毎日です(笑)。

ノールさん

返事が遅くなりました。
そうですね、ノールさんの後を追いかけて、
まだまだ、成長しますよ。
(差が縮まる気はしないけど・・・)

ライダーなおさん

サラリーマンやったことないということは、
両方経験している者から見れば、
ある意味、幸せで、ある意味、不幸ですね。

ただ、いつも崖っぷちというのはわかる気がします。
もう少し、内側を走りましょう(笑)。

もぎさん

和田峠、行ってらっしゃいましたか。
あの打ち寄せる波のような激坂を
制覇されたのですね、凄い。
うちからスタート地点まで、50kmありました。
でも、白石峠までは80kmだったので、
それも甘く見た原因でした。

仕事は

チャランボランなんで、負け逃げだらけですよ。気にもならんです。

ただ女性関係の挫折感は、大きいですね。
これは忘れないですよ。(笑)

無宿さん(Re: 仕事は)

仕事は負けても、開き直るしかないですね。
しかし、女性に”振られる”と、ショック大きいですね。
何度かな???・・・。
でも、もう、30年前の話です。

自分自身の力の無さに

何かを変えられる・与えられると情を交わしあっても、自分自身の奢りや非力さに打ちのめされる時があるのですね。
結果として、慰められているのは、自分自身であったり・・・
男は女性の母性の前では非力な存在でしかないのかもしれません。

無宿さん(Re: 自分自身の力の無さに)

ご結婚されて、お子様がお生まれになって、
実感されたと思いますが、”母は強し”です。
どんなにがんばっても、男は母にはなれません。
”父は強し”などと言葉もありません。

>自分自身の奢りや非力さに打ちのめされる
そのうち、慣れるというか、図々しきなってきます(笑)。

プロフィール

高田米治郎

Author:高田米治郎
米治郎の道草日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。