スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京ポタリング

2009年06月13日(土)

本日の走行距離 133.18km
本日の走行時間 8時間40分10秒 
本日の平均速度 20.2km/h
本日の最高速度 44.9km/h
総走行距離   4006.5km

木曜日、峰男からメールが来た。

峰男「今週はどうするの?和田リベンジ?」
米治郎「無理、無理、もう少し鍛錬してから」
峰男「じゃ、箱根は?」
米治郎「もっと無理、往復で250kmくらいだから
    帰るの夜中になっちゃうよ、江ノ島あたりでいいんじゃない」
峰男「そうだね、その辺だね」
米治郎「日曜より土曜の方が天気が良さそうだから
    土曜に行ったほうが良いけど、休めるかわからないから
    金曜の夜に連絡する」

と、言って、金曜の夕方、
峰男「どう、決まった?」
米治郎「行けるよ、でも、江ノ島どうかね?」
峰男「じゃ、大井埠頭とかは」

と、少し激坂をやって、大井埠頭から葛西あたりを走ることにした。
朝7時に五反田集合。
まず、五反田と目黒の間のノールさんに教わって、
ノールさん、ナオコバと行った”名無し坂”、
峰男は、クランクを変えたので難なくクリア、
次は、”行人坂”、ここもクリア、そして、”ドレメ坂”を
クリアして、大井埠頭へ向かった。

大井埠頭の新幹線基地。ここは、車で湾岸へ向かう時に
通ることがあるが、車で通り過ぎていたら、見つけられないものを
車庫から少し出ていて発見した。
米治郎、何年も、年に何十回、新幹線に乗っているが、
今まで、一度も見たことがなかった車両だ。
”ドクターイエロー”、”鉄”の人たちは知らない人はいないほど、
有名な車両だが、実際に見た人はそんなにいないはずだ。
これは、”700系”と同じ外観だが、色がその名のとおり、黄色で
黄色い新幹線、点検用車両だ。白い普通の新幹線と同じスピードで
走り、架線の電気の具合や、いろいろな事を点検する世界に誇る
日本の新幹線の縁の下の力持ちだ。

それが、車庫の隙間からチラッと見えた。
ドクターイエロー車庫1

もう、ホームで新幹線を見て喜んでいる子供状態だ。
新幹線揃い踏み
こんなのも撮っちゃいました。
giantと新幹線


新幹線基地を後にして、大井埠頭のツアー・オブ・ジャパンの東京のコースを走る。
しかし、ダンプとコンテナを積んだトレーラーが凄まじい。
やがて、つばさ公園、ここは羽田空港の対岸にあり、
離陸していく飛行機がすぐ上、手が届きそうなところを通過していく。
それにしても、峰男はこの付近、詳しい。
彼は、”釣り”の趣味もあり、この付近にポイントが多く、
よく来るそうだ。
同じ兄弟で、峰男は多趣味だが、米治郎は、自転車が初めての趣味らしい
趣味である。
さて、つばさ公園を後にして、葛西方面へ向かうことにする。

そこで、また、新幹線基地の上を渡る。今度は、ドクターイエロー、
場所を変えて車庫から出てきていた。全景が見渡せた。
ドクターイエロー

ドクターイエローとN700系
N700とドクターイエロー

GIANT君とドクターイエロー
Giantとドクターイエロー
新幹線基地を満喫した。これは自転車で来ないとできないことだ。

海岸通りで品川の裏側を抜けて、新橋へ出て、中央通りへ出る。
新橋から日本橋まで中央通りを走る。もちろん、銀座4丁目も。
ここの交差点、信号で止まるのは恥ずかしいと思ったが、
止まってしまった。恥ずかしいついでに、和光の前で
記念撮影と思ったが、峰男から恥ずかしいから止めてくれと
懇願されて通り過ぎる。GIANT君の和光前の画像はなし。
日本橋の交差点で、中央通りから永代通りへ右折。
門前仲町、富岡八幡を抜けて、荒川へ出る。
荒川を渡って、葛西方面へサイクリングロードを走る。
kozoさんと走った場所だ。そのうち、戻ってきてほしい。

葛西で休憩する。ここで、峰男からSPDの靴を借りて、
ビンディングとロードバイクの試乗。
なかなか、カチッと入らないがコツをつかんだら
カチッと入った。米治郎、初のロードバイク、
初のビンディングである。
ドロップハンドルの自転車に乗るのも初めてである。
ロードバイクのポジションは、峰男に合っているので
いまひとつだったが、ビンディングの良さを実感した。
あー、これは良い、真剣に検討しようと思う。

葛西から荒川CRへ戻る途中で、米治郎が前にいた会社の
上司のSさんにすれ違った。彼は、米治郎より、5、6歳くらい
上のはずだが、10年位前、ロードレーサーでバリバリだった。
その頃は、「自転車なんて・・・」と思っていた。
その彼が、同じ”EscapeR3”に乗っていた。
思わず、声をかけた。
米治郎「Sさーん」
Sさん「ああ」
そして、少しに自転車談義。
当時、乗っていたロードレーサーは、駅の自転車置き場で
盗まれたそうだ。たぶん50万くらいじゃないか・・・。
また、どこかで会えることを期待して別れた。

養老爺さんから峰男にメールが入る。
養老爺さん、今日は、娘さんの音楽会で自転車は欠席。
しかし、終わったので、峰男のバイクの調整をして
いただけるとのことで、世田谷へ行くことにする。
世田谷へ行くついでに、最近、少しご無沙汰なので、
母のところへも寄ることにした。

葛西から荒川CRを上流方向へ上り、千住新橋で、日光街道へ出て、
日光街道を上の方面へ進む。途中、白人のローディーさんに
抜かれる。凄くでかい尻と凄く太い太もも、乗っている
コルナゴが小さく見える。
上野の京ラーメン、”店の名前忘れる(台東区上野6-6-6)”で昼食。
ここは、前は”ますたに”ラーメンだったが、店の名前が変わっていた。
前にある”麺屋武蔵”は混んでいたのでこちらにした。
店の名前は変わっていたが、なぜか同じ味だった。
少し辛めのとんこつ系のスープに細麺、これが意外と京都風なのか
なぜかあっさりしている。お向かいに”麺屋武蔵”はいつも行列だが、
こちらは行列ができているところを見たことがない。

ラーメンを食べてから、御徒町の自転車屋巡り、ODボックスは
エレベーターに乗るのでパス、場所だけ峰男に教える。
そして、Y'sの上野アサゾー店へ、ロードで、部品大好きの
峰男にぴったりのお店と思いきや、店の前で拒否反応。
峰男「いいよ、いいよ、また今度自分で来るよ」
やはりその格好と、”元なんちゃってロードバイク”が
急な恥ずかしさを呼び起こしたか・・・。

御徒町から秋葉原を抜けて、神田へ出て、祝田橋から
皇居へ出て、平川門の目を右折して、竹橋を渡って、
代官町から、千鳥が淵で左折して、英国大使館を右手に見て、
半蔵門を右折して、甲州街道へ入る。四谷、新宿を抜けていく。
新宿駅南口の信号でまた止まる。ここも人が多いので結構、恥ずかしい。
山手通りを渡って、環七を左折、井の頭通りを渡って、次を右折。
井の頭線の東松原、小田急線の梅が丘を抜けて、
世田谷区役所下を抜けて、母の家へ。
世田谷は、タクシーの運転手さん泣かせの道が多いが、
自動車のセールスをやっていた頃、世田谷営業所だったので、
昔取った何とかで、米治郎、世田谷の抜け道には詳しい方だ。

母は、世田谷に独りで住んでいる。
兄弟が二人ともこの歳になって、自転車を始めたことを知らない。
しかも、二人だけで、訪れるのも初めてだ。
実は、昨日、奥さんから言われていた。
奥さん「峰男さんと二人だけで行くなら、
    母の日も行かなかったんだから、どうせならお母さんのところ
    行ってきたら」
米治郎「おお、そうだね」
母は、突然の二人の息子の訪問に喜んでくれた。
しかし、その姿にはびっくりしたようだ。
特に、峰男は、レーパンにジャージのバリバリの格好だったので・・・。

母のところを後にして、養老爺さんの家を目指す。
途中、なかなか行けなかった”岡本3丁目坂”を当然通っていく。
この坂は、我が母校にも近いので、昔から知っていた。
車で下りるのもたいへんな坂だった(下る一方通行)。
もちろん、フロントはインナー封印で、”38”、
後ろは、3速、”24”で登坂成功。
峰男も難なくクリアー。
この坂、上りきったところが、すぐに交差点になっていて、
しかも、交通量が結構多いので、危険である。
上りきったところで、車が来た、後ろから上ってきた
峰男は、車とご対面、しかし、彼は上りきることを優先。
車に待ってもらった。

”岡本3丁目坂”クリア
岡本3丁目



峰男、養老爺さんに、電話する。
すると、10分で行くからとのこと。
彼のところからいくらなんでも10分は無理だった。
しかし、なんと、15分で到着、速い。
坂の上で待っていると、養老爺さん、シッティングで上ってくる。
難なくクリア。そして、次は、養老爺さんお勧めの
成城の明正小学校横の坂を目指す。成城と喜多見の間は、
谷になっているので、結構、激坂が多い。
不動坂やビール坂などがあるが、米治郎はすでにクリアしている。
しかし、この”明正小学校横坂”は知らなかった。
不動坂やビール坂は車も通り、途中で、曲がっていて、
勾配を稼いでいるが、この”明正小学校横坂”は、
車も通れず、真っ直ぐで距離もないので、斜度がある。
しかも、最後の5mくらいがさらに急になっている。
米治郎、インナー封印でクリア、峰男もクリア。
養老爺さんもシッティングでクリア、しかも、お替りで
再度、クリア。今日、ほとんど乗っていないので、
乗り足りないようだ。

そして、峰男と二人で、養老爺さんのガレージへお邪魔する。
養老爺さんのガレージは、レース用のミニバイクの
修理、メンテナンスもすべて自分でやってしまうので、
自転車、バイク用の工具が何でも揃っている。
もちろん、それを使いこなす腕も知識も相当なものだ。
すぐにでも、バイク、自転車のお店を開ける。
峰男の自転車のギアの調整をしてもらった。
おまけにチェーンの清掃も、ついでに米治郎のGIANT君も。
コンプレッサーまであるのにはびっくりした。
チェーンをチェーンクリーナーをはめて洗浄して、
水をかけて、洗浄液を落とし、コンプレッサーのエアーで、
水分を飛ばして、チェーンオイルを塗ってもらう。
チェーンもギアもきれいになった。
近くのコンビニへ行って、しばし、雑談。
その後、解散。

世田谷から甲州街道へ出て、環八を渡り、水道道路へ入って、
井の頭通りから方南通りで新宿を抜けて、小滝橋通り、
早稲田通りで高田馬場を抜けて、新目白通りを渡って、
”のぞき坂”へ、久しぶりののぞき坂。
インナー封印の後ろを”21”でチャレンジしたが、
やはりまだ無理、坂の途中で、”24”へチェンジ、
危うく足をつきそうになる。やはり、”21”じゃ無理なのか?
下って、マンションの階段へ、今日は結構来ていた。
帰ってきてからのこの階段、脚がどのくらい残っているかの
バロメーターだ。今日は、峠も行ってないし、坂も
そんなに上っていないのに、すごくきつくて3回休んだ。
何か、疲れがたまっているような感じだ。
しかし、この自転車に乗った後の疲労感。
たまらない・・・。

しかし、東京都心を良く走った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

東京再発見!

昨日はお疲れ様でした。都心も奥が深いですね。
いつも歩いている道、
いつも車で通っている道を自転車で走るのはなかなか
いいものでした。

ビンディングを装着したらより過激に坂を攻め込むでしょうね・・・・。

ポタもまたよし。

お疲れ様でした。
ご兄弟で、休日を過ごされているのは、ほのぼのとして、よい感じです。

しかし、今回は本当に都内の色々な所、出没で拝見していて、面白かったです。

自分、未練がましく「御徒町・OD-BOX」
仕事のついでにたまによりま~す。(笑)

ただ、
さすがに、
本家の「御徒町・アートスポーツ」に寄る回数の方が多くはなりましたが。

東篠原峰男さん(Re: 東京再発見!)

お疲れ様でした。
”ポタリング”と称しましたが、
結構なスピードで走り去って、
あまり、ポタリングではなかったですね。

ビンディング、”良さ”が良くわかりました。

kozoさん(Re: ポタもまたよし。)

ありがとうございます。
50歳を前後する兄弟で恥ずかしい限りです。

”OD-BOX”の殿村ルームの上に
あの”コルナゴ”さん本人が来店した写真が飾ってありますね。

”アートスポーツ”、走るためのものの品揃え、豊富ですよね。
また、”OD-BOX”へ行く回数を増やしてください。
プロフィール

高田米治郎

Author:高田米治郎
米治郎の道草日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。