スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨明けの夜練

2009年07月15日(水)

本日の走行距離 22.84km
本日の走行時間 1時間02分35秒 
本日の平均速度 21.9km/h
本日の最高速度 38.4km/h
総走行距離   4330.2km

本当は、今週、結構忙しくなる予定だった。
”ほにゃらら調査会”から来る資料によって、
わが社のアプリケーションのデータを作る仕事で粛々と
進む予定だった。しかし、その”ほにゃらら調査会”、
10日の予定の資料の提供が1週間遅れ、17日になるという。
文句を言って、やっと明日できるという。
それで、今週は少し暇になったが、なんかかんかで、理由をつけて、
日曜の疲れもあり、13日、14日と夜練しなかったので、
今日は、早く帰って、夜錬をした。

なんと、20時前に帰宅、今日は、アキラが休みだったので、
奥さんとアキラと3人で夕食、そして、20時20分にGIANT君と
階段を下りて、20時半にスタート。
よし、今日は3周できるか・・・、と、意気込みは良かった。
学習院下から明治通りを渡って、山手線をくぐり、
新目白通りへ入り”なんちゃって尾根幹”を3往復、
新目白から目白通りへ、目白通りを走っていくが、
もう、この付近でヘロヘロ状態。
そういうところへ、反対から右側を自転車が走ってくる。
2台目は、無灯火で、しかもちょうど明るいところから
一瞬暗くなったところで突然現れた。結構、ヒヤーッとした。
そして、3台目、こいつは前をあまり見ていない。
避けるほうへ避けてきた。若い兄ちゃんである。
温和な米治郎もさすがに頭に来た。
「危ないなー、右側走ってくるんじゃねぇよー」
などと下品な言葉遣いで怒鳴ってしまった。
すると、「ごめんなさい」と後ろで声がする。

不忍通りから護国寺へ、音羽通りを一気に走るが、今日は
スピードが乗らない、江戸川橋を右折して、新目白通りへ戻る。
早稲田で止まった赤信号、後ろに自転車の気配、
しかもビンディングをはずす音、「ロードだ」
なぜか火がついた。一気に漕ぎ出す、「絶対に抜かれない」
都電早稲田駅で道幅が狭くなるが、車に続いて、漕ぎまくる。
明治通りの交差点、車と同じ位置で止まると、そのロード、
横からスーッと前に出て、ギリギリの位置で止まった。
「オーッとずるいぜ」、
ロードでヘルメットも被っているが、何かイマイチ、
その前に、米治郎は、もっとイマイチ・・・。

青になったので、そいつの後についていく、
しかし、やはりイマイチなので、一気に抜いてやった。
これから必死で漕ぐ、抜いたからには抜き返されないように
米治郎、51歳の身体に鞭打ち、がんばる、そして、一気に
”なんちゃって尾根幹”を駆け上がる。山手通りで、赤信号。
後ろを振り返ると、「アララ、ロード君、いなくなった」

そのまま、”なんちゃって尾根幹”を下りずに今回は上るだけ。
新目白通りから、目白通り、不忍通りから護国寺、音羽通り、
江戸川橋を右折して新目白通りで、面影橋から”のぞき坂”へ
入っていく。
最初の意気込みはどこへやら・・・、3周できずに、2周で終了。
”のぞき坂”を終わって、階段へ、もうヘロヘロというか、
朦朧状態(大袈裟過ぎって・・・)。

やはり、夜練は毎日やるからこその練習である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

> そして、3台目、こいつは前をあまり見ていない。
> 避けるほうへ避けてきた。若い兄ちゃんである。
こういう輩が来たら(携帯などいじっている場合も多い)
前照灯の角度を上にして目に入るようにして、
更にギリギリまで左に寄って、あっちが車道にはみ出す様にしむけます。(絶対に左は譲らない)
後ろから直ぐ車がきていれば、車の正面に出られないそいつは止まります。
そのうち、すれ違いざまにラリアットなどしてやろうかとも考えています(笑)。

> 避けるほうへ避けてきた。若い兄ちゃんである。
> 温和な米治郎もさすがに頭に来た。
> 「危ないなー、右側走ってくるんじゃねぇよー」
> などと下品な言葉遣いで怒鳴ってしまった。

こういう事は必要かもしれません。
私も感情に任せて怒鳴る事にしました。

だって、本当に危ないもんね。
あいつら何も考えてないから、教えてやんないとまずいよ!
警察はもっと周知を徹底してくれよ!
ちょっとテレビでスポットうちゃぁ良いだけなのにね。
”右側通行、夜間不灯火、傘さしは違反行為です、捕まります!”ってね。
どこへ訴えればいいんだろう。

くるたまのパパさん

いつものコースの夜練で一番危ないのが、
逆走、さらに無灯火と相対するときです、
次に危ないのが、というより頭にくるのが、
講談社、光文社前、の客待ちタクシーです。
しかも講談社の隣は大塚警察。
タケシが襲撃してくるのが怖くて、
大塚警察は講談社を見て見ぬ振りです。
プロフィール

高田米治郎

Author:高田米治郎
米治郎の道草日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。